広がるPayPay

広がるPayPay

PayPayが予想通りYahooショッピングでオンライン決済に使えるようになりました。Amazonで購入する人が多い中Yahooが盛り返せるかは分かりませんが、PayPayが広がってくれるのは嬉しいことですね。(私はアマゾン信者なのでアマゾンで買ってしまいますが…)
しかしYahooを普段から利用している方にとっては非常に嬉しいですね。もともとPayPayはYahooとSoftbankで始めた物になります。そしてどんどん広がりを見せていますが、LINEpayに今一歩届いていないという感じでしょうか。

いえ、この記事を書いている時点では追い抜いている可能性も非常に高いですね。

しかし追いついてきているのは間違いないので、そのまま追い抜く可能性も大いにあります。といってもどちらの会社が覇権を取るのかが大事なのではなく、ユーザーからするととっとと一色に染まってくれたほうが使いやすいですけれども…。

PayPayとは

同サービスは2018年10月に提供を開始。12月と2月に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」が起爆剤となり、短期間で登録者と加盟店が増えた。5月に調査会社のナイルが実施したスマホ決済サービスに関するアンケートでは、利用したことのあるQRコード決済サービスで1位になるなど、勢いが増している。

6月1日から、加盟しているドラッグストアでの買い物で最大20%相当(上限は最大1000円相当)のPayPay残高が付与される「ワクワクペイペイ」の実施を予定しているなど、キャンペーン攻勢は今後も継続していく。また6月3日から、ECサイト「Yahoo!ショッピング」のオンライン決済でも利用できるようになる。

PayPayは5月31日、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」の累計登録者数が700万人、加盟店数が60万店舗を突破したと発表した。

PayPayユーザーが700万人を突破、加盟店数は60万店舗に - BCN+R
PayPayは5月31日、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」の累計登録者数が700万人、加盟店数が60万店舗を突破したと発表した。

一色のデメリット

一色に染まるデメリットももちろんあります。それは還元が落ちるという事です。今LINEpayやPayPayで頻繁にキャッシュバックやキャンペーンが行われているのはユーザーを増やしたいからです。一色に染まるとユーザーを獲得しなくとも使ってもらえるので大還元をして呼び込む必要が薄れてきます。
そういった意味ではキャッシュバックを受け取りたいから色んな決済を使っている!という方にはデメリットになるでしょう。

メリット

メリットしては断然インバウンドが整備されるという事でしょう。日本に行くならアリペイがあればPayPayマークがある所で使えるから、日本に行くならアリペイさえあれば全部支払えるね!となると観光客は非常に使いやすくなると思います。
私達もPayPayだけ持っていればいいので楽になりますね。ポイントも何かの割引に使えるようなものならいいですが、最低500ポイントからしか交換出来ません!みたいなポイントもあります。

疑問

私が一番疑問なのは、おそらく関係者か知識が深い人間に聞いてみないとわかりませんが銀行関係と決済会社ってどっちが立場が上なのでしょうか?例えばUFJ銀行がPayPayで使えなかったりするのは、銀行側が断っているのかPayPay側が断っているのか という事です。
おそらく前者でしょうが、そのうち立場は逆転するのかなぁと思いますね。

しかし自分のメインバンクが対応していないと非常に使いづらいのでメインバンクを変えようかとも思いますが、株式をやっているとSBI銀行が非常に便利なのですよね。
しかし長らく対応されなさそうであればJapan Net Bankに戻そうかなぁとも考えています。

他国ではなぜ普及したのか?

よくこの議論をするときに偽札があるからキャッシュレスのほうが安心だ!という風な話題が出ますが、それももちろんあるでしょう。高額紙幣を受け取りたがらないようなお店までありますから。しかし何より便利だからだと思います。
少額の買い物すらキャッシュレスで行う人間が増えたのは現金を持ち歩かなくて済むという利便性に他なりません。
ではなぜ日本はこんなにも出遅れたかというと乱立させすぎた感があります。電子マネーの種類が多すぎて混乱し結局現金と電子マネーを両方持ち歩かないといけないなら現金でいいやとなってしまう人がまだまだ多いのが残念ですね。

まとめ

インバウンドにおいても決済の統一化というのは非常に重要です。特にキャッシュレス人間からしてみると戦国時代は通貨が違うようなものです。

このお店では円で買い物ですが別のお店ではドルです。ここはウォンしか使えません。

のような状態に陥ってしまいます。日本は綺麗で過ごしやすく進んでいるというイメージがどんどん崩れてきています。特にIT関係ではすでに発展途上国と同じですね。
しかしライフラインやインフラ整備などは先進国でもかなり整っているように感じます。
一長一短なだけに早くキャッシュレス戦国時代が終わってほしいものです。

コメント