騙されてはいけない買い物戦争…!?

騙されてはいけない買い物戦争…!?

ということで増税前の高級品商戦が始まりますね。
高級品は少し増税するだけで大きく響くのでその前に買ってしまおうという事でしょう。
しかし皆様は騙されてはいけませんよ。むしろ増税後に買ったほうがお得なケースもあります。
お得なケースとお得でないケースには単純な見分け方しかありませんが、増税後にしようと思っていて手遅れになる事もあるので完全に責任は持てません。

お得になる商品

これは増税後も値段が変わらない商品全般です。なぜなら政府は増税する代わりにキャッシュレスで買ったらそれ以上還元しますよ!といってキャッシュレスを促進させようとしています。お金に聡い方ならほとんど今やキャッシュレスでしょう。
現金一括なら値引きしますよ というようなもの以外はカード等で購入したほうが安くなるのも明白なので…。
それと同じ理由で100円のものを今購入すると108円、キャッシュバックを受けても106円~107円程度でしょう。しかし政府は増税後のキャッシュレス決済は2%or5%還元という風に言っています。もし5%還元になったら100円の物を購入したら消費税込みで110円ですが、5%還元なら105円以下になります。
値段が変わらない場合は増税後のキャッシュレス決済が一番お得に購入することが出来るでしょう。

お得にならない商品

これは増税に伴って一緒に値段を上げてしまえという風になる商品です。
物価が徐々に上がっていくのはどうしても仕方のない事ではありますが、増税がいい機会だからと一緒に上げる企業があります。つまり値上げ後に購入するとその前に購入する人よりは損することが多いですね。
しかし、増税と一緒にきっちり値上げ!とする商品はほぼないため、いつ買うべきかのタイミングはこちらでは読めません。結局値上げの情報が出ないかをアンテナを張り巡らせておくしかありませんね。

商品は単純な値上げだけではなく、ステルスで値上げされることもあるのでそちらには重々注意していきましょう。こっそり内容量が減っていたなんてよくありますからね。

お得に出来ない商品

出来ない商品とは何か?と言うとキャッシュレスで購入できないような商品ですね。
例えばカード枠を限度まで上げても一般人の限度額では家は購入する事が出来ないでしょう。車も届かない方も結構いらっしゃると思います。そういったキャッシュレスでの購入が難しいと考えられる商品に関しては増税後に購入すると損する可能性があります。

もう一つはキャッシュレスで支払う事が認められていないようなものですね。公共料金等は支払う方法はあるのですが手間がかかったり、難しかったりします。そういった意味でもお得に出来ない商品と言っても差支えないでしょう。

まとめ

お得になる商品のケースでもお得にならない可能性があります。
これがどういうケースかというと今1%の還元率のキャッシュレス決済を使っている方が1%+政府発表の2%で3%になるとお得になります。
しかし政府が2%以上にしなさいよという指導などで、1%→2%になるだけなら増税分を補う事が出来ないので損するケースに該当します。
2%~5%で検討されているようですので、5%になればおそらくほとんどのケースで増税後のほうが安くなるとは思いますが、これからどうなるのかまだまだ油断できませんね。

しかし増税前までにはどういう形になるかは決定すると思いますので、それまでは焦って購入するより待つほうがいいように感じます。

私たちが先にやっておくべきことはポイントが二重取り出来るシステムがあるならリサーチしておいたり、カードや電子マネーやQR決済に慣れておくことです。
便利ではありますが、使い方が分からないから…と使っていない方を多数見かけます。
しかし、政府がキャッシュレスの人間に得する法案を作ったのであれば恥を忍んででも使い方を学ぶべきです。

コメント