禁煙の方法

最近広がる禁煙の輪に対抗するために禁煙方法を取り上げてみました。ちなみに私は一度挑戦したらすんなりやめれたので、幸いでした。

ニコチンをやめる

ニコチンよりも習慣への依存のほうが実は大きいのです。つまり習慣さえ変えれば直せるのがタバコです。

爪を噛んでたけど噛まなくなった人等は分かると思いますが1度しっかり辞める事が出来ればなくなります。

周りに宣言する

私はこれでやめました。単純にやめると宣言したのにまた吸い始めるのはさすがにダサいという理由だけで何とかやめられました。

特に部下や子供のように自分が威厳を保ちたいと思える相手に宣言するのが一番効果があるように思えます。

子供に約束を破ってはいけないと教育しながら自分が破っては元も子もないですからね。

ガムを噛む、タブレットを食べる

これはかなり有効です。実はタバコを吸うというはニコチンよりも習慣における部分が大きいです。例えばお風呂上がりにタバコを吸う!食後にはタバコを吸う!仕事の合間に吸う!という習慣が一番の的です。

それをタブレットやガムなどに置き換えてみましょう。

そしてタバコを吸う習慣を減らせれば効果大ですね。

勝負する

負けず嫌いの私には有効ですが、同じようにタバコを吸う人と勝負し先に吸ったら何かをするという勝負をする事で禁煙に繋げます。

私は自分に負けるのが一番嫌なので一番目の方法で成功しましたが、自分より他者に負けるのが嫌な方はこちらの方法がいいでしょう。

お金をなくす

単純明解で一番効果がある方法でしょう。タバコを吸えるお金がなければ吸えません。タバコに割り当てる分のお金で何かを買ってしまい、タバコを買うお金がないからやめるという方法です。欠点としては自分が家計を握っている方はなんだかんだで捻出してしまうので小遣い制の方しか使えない方法でもありますね。

ニコチンを取りながら

あまりオススメしませんし、成功している人を見たことがないのがこちらの方法です。

なぜ成功しづらいかと言うと上記の通りニコチンよりタバコを吸うという行為に依存してしまっているからです。

ニコチンを取りながら禁煙はほぼほぼ不可能ですが、本数を減らすことには役に立ちます。本数を減らしたい方にはオススメと言えますが、禁煙には役に立たないと考える方がいいでしょう。

なぜなら、本数を減らす、いつまでにやめる、という先送りのメンタルでは禁煙は成功しないからです。

ニコチンパッチ

貼るだけでニコチンが取れてタバコを吸わなくて良くなります!というこちらですが、試してみると分かりますが、タバコを吸いたい気持ちは治りません。しかし試してわかる事もあります。それは自分がタバコを吸うという行為に依存しているのであってニコチンではないという事が分かるという事です。

電子タバコ

こちらはニコチンありなしのパターンがあるのですが、こちらの項目ではありで考えます。しかしニコチンありの電子タバコは周りへの害は少し減りますがどっちみち臭いですし、有害物質を体に取り込むという事に違いはないのであまり意味がないのでは?と思ってしまいますね。

タバコより少しだけマシという事でしょうか。経済的にも全然変わりません。

スヌース

スヌースは海外ではメジャーな嗅ぎタバコです。歯茎と唇の間に挟んでニコチンを吸収するようなタバコになりますね。

煙も匂いも出づらいのでニコチンを取りたいだけならオススメです。

ガムのように噛む必要もなく口の中に入れておくだけです。

最終手段

禁煙外来を使いましょう。禁煙外来で精神的な治療と薬でやめられる方は結構多いです。

どうしても自分の力だけではどうにもならないなら利用しましょう。

しかし、大切なのはあくまでやめたいという気持ちです。タバコやめる気はないけど禁煙外来に行ってみようという気持ちでは意味がありません。

行くなら何としてもやめたいという気持ちだけは持っておきましょう。

コメント