家賃節約術

家賃は一生ついて回る?

賃貸物件に住む中で家賃は一生ついて回ると考えている貴方。半分正解で半分間違いです。
家賃が必要ないという特殊な物件もあるのですが、そういった物件を探すのは大変です。
せめて少しでも安い物件にという事であれば田舎に引っ越すのが一番良いです。特にネット事業で稼いでいる方等は田舎に引っ越せばいいのです。(法人化しない場合は)

田舎と都会の家賃比較

都会の1LDKは10万円~15万円程度になります。田舎はおよそ半分~半分以下の3万~5万円程度になります。年間費用で考えると100万円近くの差が出てきますが、こちらの費用の差を埋められる価値を貴方が都会を利用する事で得られるかどうかというのが全てになりますが、そちらはまた次回の記事で書こうと思います。

一番人気の千代田区になると1LDK平均で22万円程度です。
私の住んでいる兵庫県で神戸市でも6万円程度です。

東京を少し離れるだけで家賃はぐっと抑える事が出来ます。

それ以外での抑え方1.シェアハウス

シェアハウスを行うなら家賃は大分抑える事が出来ます。家賃8万円でも2人で済めば4万円ずつになりますので家賃だけでなくそれ以外での光熱費等も抑える事が出来ます。
なぜなら光熱費等のからくりは基本料金等が結構高いのでそちらを抑える事で更に効率的な生活に近づきます。それ以外でも自治会費や町会費等を取られる地域であればそちらも折半する事が可能です。
これからの時代的にも大きな家が余りがちになってきますので費用が抑えられる家はどんどん出てきます。その中であらかじめシェア仲間を増やしておくことによって設備の良い家に安く済む事が出来るでしょう。



それ以外での抑え方2.居候

こちらは昔は結構いましたが、今の時代も公になっていませんが結構いるのです。
家事やおつかい等にいく代わりに家の部屋を一つ借りる事でほぼ無料で済むことができます。
対価として些細な労働力の提供は必要になりますが、そちらを納得した上で住まわせて貰えるのであれば住むのも良いと思います。
しかし、あくまで居候という立場を弁えて行動しないとトラブルの元になりかねませんのでそちらはご注意下さい。

それ以外での抑え方3.寮付きの仕事

寮があるなら家賃は少なくて済むのも最もな話ですが、最近ではそこまで福利厚生が整った会社も減ってきています。しかし探せばまだまだあるのでそういった会社に入るのも一つの手です。
会社によっては寮費1万円等もありますが、自分で家賃を払う事に比べればめちゃくちゃ安く済みますね。それが都会なら都会なだけお得になっている計算になるので是非探してみてはいかがでしょうか?

それ以外での抑え方3.事故物件を探す

事故物件というのは過去に死者を出しているような物件が多いです。事故や病死や自殺等があった事により事故物件と呼ばれている事が多いです。
不動産会社に聞いてみればそういったリストもあるようなので一度訪ねてみるのもいいかもしれません。心霊や呪い等を全く気にしないのであれば相場の2割ぐらい低い状態で借りられるようなので不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか?

それ以外での抑え方4.占有屋

注意としてこちらは絶対にオススメはしません!昔はこんな方法がありました。の紹介だけだと思って下さい。
こちらは借金の担保等に取られた物件を善意の第三者を装って占有し、立退料を得るために手配される方々です。つまりそこに住む事自体が仕事になるので利益を得ながら住む場所を得られるという一石二鳥でしたが、最近ではあまりそういった話を聞かないのでないのかもしれません。
もし見つけたとしてもトラブルに巻き込まれる可能性もあるのでオススメはしません。
こういった事を生業としている方々もいらっしゃいますよという事で、知り合いに無料で無期限で住める家があるよ?と言われたらちょっと疑ってかかったほうがいいかもしれません。

コメント