明日開業7:レンタルショップ

レンタルショップ

明日開業なのにレンタルショップ?と思った貴方。明日からでも出来るレンタルがあります。
それは貴方をレンタルする事です。レンタル親父等まで出てきている昨今、どちらかになら需要があるはずです。
つまり拘らずに貴方自身をレンタルするなら明日からでも出来るはずです。という意味でレンタルショップを取り上げました。

登録or個人?

どちらもメリット・デメリットがあります。
都会であればSNS等でレンタルしますという告知を掲げると顧客が集まるでしょうが、田舎ではそうもいきません。田舎ではネームバリューが大切になります。という意味でも田舎の方は名前の売れているレンタルサイトに登録するのもいいかもしれません。

登録制のメリット・デメリット
登録する場合のメリットはGoogle等で検索したサイトからでも貴方へのプロフィールを確認して依頼してくれるような方がいるというのが強みでしょう。レンタルするならこのサイトでやろうという特定の顧客の目に貴方が出した商品が目に入るというのがメリットでしょう。
つまりレンタルで人気のある商品等を置く場合は登録制のサイトを使用するほうが良いと思います。
逆に人気のないようなアイテムなら気長に待たないといけないので、費用がかかるような登録制の所では赤字になる可能性もあるかもしれません。

個人でやるメリット・デメリット
個人でやるメリットはSNS経由で行うのであれば資本金が0で始められるという事でしょう。
資本金が0であるがゆえに自身で宣伝しない限りはお客様が集まらないのが難しい所です。
しかしSNSは話題になると顧客が一気に増加するので、それまで地道に宣伝し続けるしかないでしょう。手間はかかりますが、費用がかからない分しっかりと宣伝を行っていくしかありません。

どんなものがあるか?

  • 自分自身
    上でも書きましたが自分自身をレンタルする事が出来ます。1時間1000円~の事が多いです。
    もちろん自分自身に色々なスキルや魅力があればもっと高い価格でもレンタルする事が可能でしょう。
  • ブランド品
    ブランド品はレンタルでも人気商品です。デートの際や大事な友人と会う際に多少見えを張りたいのも人の心というものです。そういった中でブランドものをレンタルして持っていくといきたいという人もいるのです。
  • 家電製品
    実は家電もレンタルがあるのです。要らなくなったテレビや冷蔵庫等をレンタルする事が可能です。どういったタイミングで使うかというと出張で家を空ける際に1年ほどレンタルに出すというのが良いかもしれません。
  • Wi-FI
    これはどうなんだろうと思いますが、田舎だと公的Wi-Fi等も少なくコンビニぐらいしかないので近くに住んでいる方がレンタルさせてあげるっていえば借りる方もいるかもしれません。あくまでかもしれません。
  • カメラ
    こちらは借りる方が結構いらっしゃる気がします。旅行に行く際や遊びに行く際に前日レンタルして現像・もしくはデータ保存を行ってから返却という流れになると思います。

トラブルもある

レンタルといえば商品を汚してしまったり破損させてしまったりのトラブルは付き物です。
壊したらどうするか?等の契約の際の取り決めも大切ですが、それ以上に壊れたりなくなってしまったら困るようなものをレンタルに出さないようにしましょう。

もう一つはレンタルの際に必ず金額等で揉めないようにあくまで分かりやすくしましょう。
例えば月額2000円で月の途中で解約したら日割りで返金になるのか、もしくは月途中の場合は月額が丸々かかるのか等の分かりづらい所こそしっかりわかりやすく書いておくなり、説明するなりしましょう。
個人商売を行うのは本当に信用が大切です。

コメント