タトゥーのメリット・デメリット

タトゥー

日本ではあまり良いイメージのないタトゥーですが、海外では結構入れている方も多く日本人でも最近入れる方は増えてきています。私はあまり好きではないですが…。
肌に触れた時のあのでこぼこが個人的に苦手なのです。アートとしては良いかもしれませんが…笑

メリット

オシャレ
こちらは個人差がありますが、裸体でも絵になるというのはある意味アリではないでしょうか?
デザインの好みは人それぞれありますが、和・洋・中と料理のように色々ジャンルもあるのでどれを掘ろうかなんて楽しみもありますね。

最近は安い
最近は昔と比べてタトゥーが安価で入れられる所も増えてきています。
ワンポイントからたばこの箱サイズで5000円~20000円程度の金額になる事が多いようです。
背中に大きいタトゥーを入れる場合はこの限りではありませんが…。

タトゥー友達が増える
同じようなタトゥー友達が増やしやすいです。特に世間では非難されやすいようなタトゥーや喫煙者はなぜか仲間意識が芽生えやすいです。そういった意味でも有人は増やしやすいのではないでしょうか?

傷跡を隠せる
これは一番のメリットではないでしょうか?特に大きな傷跡などがある方はそちらの上にタトゥーを彫れば傷跡を目だないように出来ます。手術等をされた方がその上にタトゥーを掘ったりする事もあるのでこういったメリットもあります。

目標を彫る
大きな目標があればそれを彫る事によって目標を忘れずに覚えておける、もしくはタトゥーを見るたびに初心に戻る事が出来ます。そういう意味では体の一部に目標を彫るのは良いのかもしれません。

一目置かれる事がある
年齢が行くとあまり関係ないですが、10代20代の方はやはりある意味憧れを持っている人もいます。
そういった方からはタトゥーが入っているというだけで一目置かれる事があるでしょう。

デメリット

プール・銭湯に入れない事がある
特に温泉旅行などが好きな方は老舗の旅館ではお断りされる事が多いです。予約する際にはタトゥーOKなのかを聞いて、個室の露天風呂等があるような所であればそちらを利用するようにしましょう。

ジムに入会を断られる事がある
スポーツジムもタトゥーが入っているとお断りされる場合があります。というか大手はトラブルが嫌いなので基本的に断られるでしょう。ジムに入会する際にも必ずタトゥーがある事を伝えて入会しましょう。

子供に影響が出る事がある
育児の現場は特にそうなのですが、ちょっと目立つだけで子供に悪影響が出る事があります。
タトゥーを入れてる両親というだけで偏見を持たれる事もあります。
また子供が両親がやっているからと憧れてタトゥーを入れたがるかもしれません。
大人になってから彫る分にはいいですが、若いうちに真似して彫ってしまうと後々子供を後悔させる可能性もあります。

仕事に影響が出る事がある
大手の企業では禁止している所が多いです。もしかしたら入社させて貰えるかもしれませんが、タトゥーが入っているという事をプラスに扱う会社はあまりないでしょう。
自由な社風であっても対外業者対応がある限りタトゥーはやはり良いイメージを持たれないでしょう。

まとめ

タトゥーを入れた方は9割が後悔しているそうです。

それでも入れないほうが良いとは言いません。全身タトゥーにするのを夢見て仕事を頑張れたり、ワンポイントのタトゥーを増やすごとに自分が頑張れるならそういうのもありだと思います。

つまり何事も自己責任という事ですが、人間は一人では生きられません。恋人や家族がいるなら彫ってもいいか相談してみるのもありですし、タトゥーが好きならそういった業界にいけば抵抗のない方が多いです。
もしくはタトゥー自由の会社を自分で興してみるのもありかもしれません。

コメント