2019年版 LINEアカウントを増やす方法とLINE多重起動

ブログ関係でLINEを教えて下さいと言われ…

今までスマホのLINEにはリアルの友人や仕事の方しか登録していなかったのでごちゃごちゃになるのが面倒なのでLINEのアカウントを増やして見る事にしました。
その中で困ったこともあったので必ず手順を間違えないようにしてください。

必ず最初に行う事

 

少し見づらい画像になりますが、メインアカウントのアカウントを引き継ぐを必ずオンにして下さい。画像ではオフになっていますが、こちらをオンにしておかないと前のアカウントが消えてしまいます。必ずオンにしてから手順を進めて下さい。

手順1.Facebookアカウントを作る

電話番号なしでLINEアカウントを作成するならFacebookアカウントが必要になります。
Facebookアカウントは適当な情報でも良いので作っておきましょう。
こちらはLINEアカウントを作成する時ぐらいしか使用しないと思います。

手順2.LINEをインストールする

心配であれば、メインのスマホを使用せずに行いましょう。もしメインスマホを使用せずに行うのであれば、上記手順を忘れていたとしてもメインアカウントを消える事はありません。
ちなみにメインのスマホを使わない場合はエミュレーターを使用しましょう。

Nox Player

Blue stacks

エミュレーターで有名なのはこちらの二つです。エミュレーターとはパソコンの上でスマホを動かすためのソフトです。

そしてスマホ上にLINEをダウンロードしたらアカウント作成を行いましょう。
そしてFacebookでログインを選択しましょう。Facebookアカウントを入力するとメールアドレスに認証コードが来るので入力しましょう。
こちらでLINEのアカウントの作成は完了します。

もしメインスマホで行っているのであればログアウトするのはまだお待ちください。

手順3.LINE多重起動

まずLINEをいくつ起動するかによります。スマホで1つ、パソコンで1つで合計2つまでは簡単に起動する事が出来るでしょう。ただしパソコンで起動する際はスマホ側で認証番号を入れないといけないのでそちらはご注意ください。
メインスマホでやっているならばパソコンで起動し、メインスマホで認証コードを入れてからメインスマホをログアウトするようにしてください。

+αで3つ以上起動する場合は…

1つ目の方法はChromeのアプリを使用しChrome上でLINEを動かす方法です。
メリット
メリットは動作が軽く動かしやすいというのがメリットです。エミュレーター上で動かすとなるとどうしても重たくなりがちなので、こちらの軽快な動作で3つ目のラインを使用出来るのはありがたいです。
デメリット
デメリットはChrome上のLINEだと通話が出来ません。通話をメインで使うのであればパソコン版LINEかスマホ版LINEを使用するようにしましょう。

2つ目の方法は上記のエミュレーターでLINEを動かす方法です。
メリット
メリットは通話も出来るのである意味フルにLINEの機能を使用する事が出来ます。それにスマホ画面なので使い慣れた状態で使用する事が出来ます。
デメリット
エミュレーター丸々起動し続ける事になりますので、パソコンによっては少し重たくなります。
後はエミュレーターの種類によって動作が少し重たくなることもありますのでご注意ください。

まとめ

昔はマイクロソフトストアのアプリから起動する事で、簡単に多重起動する事が出来たようですが今では別のVerのLINEが起動していますと言われて使えないようです。
今は別Verを起動するならChromeかエミュレーター上での起動がメインになるようです。

コメント