激安ヨーグルト作って見た

朝食

朝食にヨーグルトを最近食べているのですが、ヨーグルトとはいえしっかり食べたいのであるとヨーグルトもそこそこコストがかさみます。そして自作ヨーグルトと市販のヨーグルトでどちらが安くつくのかを作って調べてみました。

ヨーグルトメーカー

大人気 i-WANO ヨーグルトメーカー タイマー 30分、1~99時間 & 温度設定20~70℃ のむヨーグルト も可能! 製菓衛生師監修 牛乳パックのままOK ヨーグルト メーカー 甘酒 麹 納豆 送料無料 専用容器&クリップ付 甘酒メーカー 飲むヨーグルト

価格:2,990円
(2019/1/24 16:32時点)
感想(865件)

ヨーグルトメーカーというのはこういったヨーグルトを作るための商品です。
牛乳パックのまま作れるということで、楽に作れそうと思ったのですがよくよく調べて見るとヨーグルトメーカーなしでも作れるとの事…。
悩みましたが、いらない出費は必要ないという事で私は使用せずに作ってみました。

日数

大体ヨーグルトメーカーで作れば9時間ぐらいという風に見たのですが、室温でやると1日放置してもあまり固まっておりませんでした。2日おいても固まらなかったので、これは温度が低すぎるんだろうなぁと思いました。
なので家で使っているファンヒーターの近くにヨーグルトを設置して更に1日。
合計3日間でヨーグルトを作成する事に成功しました。最初からファンヒーターの近くに設置しておけば12時間ぐらいでいけそうなのでそちらも試してみようと思いました。
何より日数をかけすぎると痛みそうなので…。

必要なものと経費

必要なものは2つだけです。元となるヨーグルトと成分無調整牛乳です。
ちなみに調べても成分無調整と書いてあるので、調整した牛乳で作れるかどうかまでは調べておりません。
元となるヨーグルトは有名なR-1を使ってみました。

明治 ヨーグルト ドリンク R-1 r1ヨーグルト アールワン 飲むヨーグルト 低糖・低カロリー 112ml 48本入り r-1 プレーン r-1ドリンク ヨーグルト飲料 乳酸菌飲料 R1 48本 のむヨーグルト

価格:6,450円
(2019/1/24 16:46時点)
感想(6件)

このタイプのヨーグルトを1本購入してきました。そして無調整牛乳なら何でも良いという事で近くのお店で無調整牛乳を購入します。
そして上部を全部開いたら R-1ヨーグルトを70mlぐらいどばどばと入れてしまいます。
そして軽くかき混ぜると、上部を閉じてラップ等で軽く包んでクリップ等で閉じて温かくなるような所に置いておきます。

価格

まず家の近くのドラッグストアで調べて見た所、400gのプレーンヨーグルトは140円程度が多かったです。つまり市販のプレーンヨーグルトの値段は10g当たり3.5円となりました。1食100g当たり食べるとしたら35円になりますね。

そして次に無調整牛乳ですが、私の家の近くのスギ薬局で購入したのですが、1ℓで170円ほどでした。これは単純に1000gのヨーグルトが170円で買えるのと同じですね。
自作のプレーンヨーグルトの値段は10g当たり1.5円になります。
ちょっとした作る手間はあると考えても倍以上の値段差が付くと思いませんでした。
慣れるとヨーグルトを作るのも15秒程度で準備が終わるので、自作するのが良さそうですね。
1食100g食べるとしても1食17円になります。
私はプレーンに追加してジャムを使っています。780gで400円程度のジャムですが、こちらを30回で使い切ったとしても1回当たりは13.3円です。
17円+13.3円で30.3円です。
1食30.3円はコスパ的にも非常に良いのではないでしょうか?

ただし、どちらも私の家の近くで作った場合ですので地域差等で少し価格が変わる事はご了承下さい。

コメント