完全無料サービスを調べて見た

完全無料サービス

最近は企業が宣伝用に色々な無料サービスを用意して、それをきっかけに自社のサービスや商品を使って頂こうと思う企業が色々な無料サービスを用意しています。
デパート地下の試食品や、コスメの試供品などがこちらに当たります。
無料サービスを受けて良いと思ったものはどんどん購入するのがお互いにとってメリットになりますが、そういう中でどういったサービスがあるかを調べてみました。

見逃したテレビを見れるサービス

基本的にはドラマを見逃した方が見直すためのサービスになります。ドラマだけではなく他の番組も見られますので、TVをよく見る方でどうしても仕事で見られなかった等の番組があればこちらで探してみてはいかがでしょうか?

全ての放送局が同じサイトで見られるわけではなく、サイトによってみられるチャンネルが違う点に注意が必要です。

リクルートスーツレンタル

カリクル

物凄く珍しいと思ったのがこちらのサービスです。
リクルートスーツは一時期しか使わないのに、そこそこの費用がかかります。カリクル様ではリクルートスーツが完全無料でレンタル出来るという素晴らしいサービスです。
提携企業からの協力や広告費によってスーツを無料レンタル出来るサービスのようです。

プログラミング講座

最近はプログラミングも無料になってきています。ただし条件が色々あって年齢制限や関連企業への転職等があります。しかし対象者は無料でプログラムを学ぶ事が出来ます。

こちら以外にも色々なスクールがあります。しかし条件も多々ありますので自身が学びたい言語と自身がスクールの後に何をしたいのかを考えて入る学校を選ぶようにしましょう。

無料タクシー

最近話題になりましたが無料タクシーも最近出来ました。都内に50台しかないですが、スポンサー付きのタクシーが走っています。都内限定になりますが、0円で利用する事が出来るので近くに行った際は是非利用してみましょう。
ただし都内で限定50台しか走っていないせいで中々使う機会はないかもしれませんが、使ってみる機会があれば記念になるかもしれません。ぜひ利用してみて下さい。
こちらのビジネスモデルがずっと続くか分からないだけに記念に利用してみましょう

転職サービス

転職サービスもユーザーは無料で受けられるサービスとしては有名です。
企業側が優秀な人材確保のために転職サービス側に支払う事でユーザーは無料でサービスを受ける事が出来ます。
これから日本は人手不足が止まらない世の中になりますので、今から転職する方は仕事が見つかりやすい状況になるでしょう。しかし条件が良い仕事はすぐ埋まりますので転職しやすいのはあまり環境が良くない仕事ばかりになってしまうでしょう。
一つの会社で定年までというような意識はもはや古くなってしまっているのでしょう。無料で受けられるのであれば、早めに登録してみるのも良いでしょう。

それ以外にもまだまだあります

公衆の無料Wi-FI等も無料サービスです。
それ以外にもYoutube等の動画配信サイト・LINEやSkype等の連絡ツール。
Twitter・Instagram・Tiktok等全ての無料ツールは広告等で支えられています。

最近では本当に無料で利用できるサービスが増えてきました。その中でも生活の一部になっているようなサービスまであります。しかし、日本ではそういったユーザーの増長が見受けられるのが少し残念ではありますね。あんなサービスが無料なのに貴店のサービスは無料じゃないの!?とまで言うユーザーがいるのでそういった状態になるのは非常に残念ですね。

コメント