アフィ3.アフィリエイトの手法とは?

皆が見たことがあるアフィリエイト手法

さて、皆様が見たことのある手法は細かくわけるとどんなものがあるのでしょうか?

■カクテルパーティー効果

この広告は皆様見たことがあるのですが、多分効果名で言われてもピンとこないでしょう。簡単にいうとターゲット層を絞った広告です。例えばどういったものがそれに当たるのかというと…。

30歳になったら始めよう!とか 50歳だから出来る事!みたいなキャッチフレーズです。あ、私の事かな?と思わせることで購買意欲がそそられるわけです。

■テンション・リダクション効果

これもアフィリエイターなら結構使われてる方が多いのですが、これはどういう効果かというと、ついで買いです。人は何かを買おうと決めた後は警戒心が薄れる事が多いらしいです。その影響かわかりませんが、何かを買うと思った後はついで買いしやすいという効果を利用して広告を配置したり、セット購入を勧めたりするわけです。

■ハンドワゴン効果

ハンドワゴン効果とは行列を見たり、たくさんの人が利用しているのを見ると安心したり、評価が高まることを言います。アフィリエイトで一番利用されているのが 今売れています! という文言ですね。今売れている=たくさんの人が購入している=安心できる商品という風に考えるわけですね。

■ハロー効果

これはブランディングに近いものですね。大手ブランドが出しているんだからきっとこの商品は大丈夫だろう。
という人間の心理に働きかけるものです。
アフィリエイトで使うならばあの芸能人も使っています!等がそれに当たりますね。
仮装通貨でもよく使われていた手法ではないでしょうか?特に仮装通貨Rはどこどこと提携しました!のニュースを流すたびに値段が跳ねてましたからね。

まだまだありますが…。

まだまだ手法は色々あります。例えば限定メルマガを流す事であったり、無料で試供品を渡すのもそうです。
Aという商品は素晴らしいけど値段が張る、Bという商品はAに負けないけど値段が安い!という手法であったり、そしてこういった手法は人間の心理に巧妙に働きかけるように出来ています。

どういう手法で売ればこの商品は売れるのか?といった考え方も大切になってきます。
手法を全く知らない方より手法を学んでいる方のほうが品物を売りやすいのは当然だと思います。

まとめ

アフィリエイターも日々スキルを上げてきています。
そしてアフィリエイター同士で顧客のシェア率を競い合うのも当然の流れですね。
みんなが参入しやすいからこそ周りと差を付けないと自身が紹介する商品を選んで頂けないようになっていきます
。色んなスキルをみんなで身に付けていきましょう。

コメント