ひげ剃りのコストを考えてみた その2 電気シェーバー比較

電気シェーバーの比較

コストは大体前回の記事で分かって頂けたと思います。今回はコストではなくどのメーカーのシェーバーが世界的におすすめなのかを調べてみたいと思います。
日本で有名なメーカーは3つでしょう。ちなみにどれがどういった特徴なのかは大雑把に調べたのでそちらはご容赦下さい。
ちなみにこちらで紹介しているメーカーさん以外でも良い物を作っているのも多数あると思いますが、私が知らないだけです!

ラムダッシュ(パナソニック)

【送料無料】パナソニック シェーバー ES-LV7D-A 青 ラムダッシュ PANASONIC 5枚刃 電動 髭剃り 深剃り 日本製 海外使用可 濃いヒゲ 水洗い 音波洗浄 全自動洗浄充電器 ポーチ・オイル洗浄剤付属 贈り物におすすめ ESLV7D

価格:27,200円
(2018/12/28 23:10時点)

ラムダッシュの今の主流はこちらでしょうか?5枚刃なので深剃り可能な上に音波洗浄機付きなのでお手入れも結構簡単です。
ラムダッシュは平均的な性能を持つ電気シェーバーでしたが、最新モデルでは肌への負担を軽減するようなスムースローラーが搭載されたり、剃り心地も肌への負担も高いレベルでまとまっているように思います。
そしてお風呂剃り可能モデルや、石鹸やハンドソープ等から顔剃りようの泡を泡立ててくれる泡メイキングモード等もあります。
特にお風呂剃り出来る防水レベルのため、水洗いもさくっと行えるので若い方々にも人気が高いようです。

ブラウンシリーズ

【送料無料】BRAUN(ブラウン) 9250cc-P シリーズ9 洗浄液6個セット [シェーバー (4枚刃・充電交流式)]

価格:38,980円
(2018/12/29 00:00時点)
感想(7件)

電気シェーバーの中では一番深剃りが可能なのがブラウンシリーズです。
特にこのシリーズ9という物は完全防水な上にアルコールでの自動洗浄機も付いているので、高性能ですね。小さい毛をキャッチする色々な機能が備え付けてあるので、深剃りしやすいのがブラウンシリーズの特徴です。その分肌への負担はラムダッシュシリーズより少し大きいかもしれません。
肌をきれいに見せたい方はブラウンシリーズが良いと思います。

フィリップス

【フィリップス】ウェット&ドライ電気シェーバー S9000プレステージ SP9861/13

価格:47,800円
(2018/12/29 00:18時点)
感想(0件)

 フィリップス系のシェーバーは世界的にも人気が出ています。特徴は肌に優しいシェーバーという事でしょうか?ただし、人によっては深剃りが出来ないと感じる方も多いようです。
ブラウンからフィリップスに乗り換えると少し剃り味に満足できない事もあるかも…。
しかしフィリップス製も昔と違ってどんどん深剃り出来るように改良されてきていますので、最新モデルであれば結構剃れるかもしれません。

それ以外の選択肢



 抑毛ローションという物があります。基本的にはシェービングの後に塗る事によって、毛の生えを抑えるらしいですね。あくまで抑毛なので脱毛ではない事に注意が必要です。
シェービング後に塗っていくとヒゲが抑えられたり細くなっていくようですね。
それによりヒゲが目立たなくなり、青髭なども抑えられるのがこちらのローションの効果のようです。



そして最後の選択肢としては永久脱毛があります。
永久脱毛する際の注意点としては、絶対に医療機関で行うようにしましょう。
メンズエステのレーザー脱毛等は効果が弱く、一年ほどしたら生えてきてしまう事も多いようです。
医療機関でやるにも通わないといけないのできちんとスケジュールを立てつつどこを目標にするかで担当医の方と話し合って決定しましょう。

コメント