E-sports(チームゲーム)

E-sportsとは?

エレクトリックスポーツの略で、主にオンラインゲームでのスポーツになります。
考え方が違う方はこれをスポーツと呼ぶのはどうなの?とおっしゃる方もいらっしゃいますが、私は完全にスポーツだと思います。
そもそもスポーツの意味は競技だったと思いますので、ゲーム競技もスポーツですね。
P-sports M-sports E-sportsとある中でやはり人の目を引くのはP-sportsですが、私は誰でも参加しやすいE-sportsが大好きですね。

ちなみに参加しやすいというのと、勝ちやすいのは別ですけどね!

その中でも代表的なジャンルをいくつか紹介したいと思います。

MOBA

有名タイトル:LoL Dota2

最近一番人気があると言っても過言ではないジャンルです。
代表作はLeague of legendsとDota 2が有名ですね。特にDota 2に関していえば、賞金額が半端ないので有名ですね…。2018年の『The International 2018』に関して言えば賞金総額28億円以上だったはずなので高額賞金が魅力のジャンルです。

それ以外にもMOBAは経験者だと見ていてすごく面白いという魅力があります。
チームワークが非常に重要で1vs5でひっくり返すのが非常に困難なので、試合運びがとても重要になってきます。

大会ルールでは運が絡むこともほとんどなく、実力勝負になるところが多いですね。
そして選手だけではなくコーチも重要なポジションです。相手の戦略を見てこういう動きをしていこう等の指示を出す方ですね。
MOBA系は1軍2軍にコーチング陣等も含めて1チームごとの規模が大きくなりがちです。
しかし人気のジャンルなのでスポンサーも付きやすいというのもあるでしょう。

そしてLoLに関して言えばファンの数が非常に多い上にコアなコミュニティも数多く存在するため、
非常に盛り上がっています。
世界で一番遊ばれているゲームと言われるだけあり、ユーザーの数はどんどん増えているようです。
問題があるとすれば、システムを理解するまでに時間がかかることと、システムを理解していないと見てもどれぐらいすごいプレイなのか、どれぐらいすごい判断力をしているのかなどを理解しづらいです。

そして私はDota2はあまり見ないのですが、LoLの場合は大会の後にあるお遊びモード等も見ていてとても面白いです。プロゲーマーによる1vs1は知らない人が見ても結構面白いように感じます。

最初のチームが使うキャラクター(チャンピオン)の時点で既に試合が始まっています。
その為にピック画面というキャラクターを選択する画面から既に盛り上がりが始まります。

FPS

有名タイトル:Fortnite PUBG Overwatch CoDシリーズ

ずっと昔からあるジャンルで、大会も多いのがFPSです。
日本から海外まで非常に幅広いFPSのゲームが遊ばれていて、大会もゲームごとに色々な所で開催されています。FPSゲームの中でもいくつかジャンルがあり、戦車を護衛するゲームであったり拠点を取り合う物から生き残る事が目的のものまで非常に幅が広くなっています。
大会では基本的に複数人で戦う事が多いですね。4vs4や5vs5等が多いです。

昔からあるジャンルなので、有名プレイヤーも多数います。有名プレイヤーに憧れてFPSゲームに入る人もいるぐらいです。
FPSゲームの特徴としてはシステムがあまり分からなくてもちらっと見えた敵をヘッドショットで撃ち抜くシーン等は見ていて凄いと思えるでしょう。
逆にシステムを理解している人間だと、チームがどういうオブジェクトのためにどういう行動をしていくのかという戦略の部分も面白く感じるでしょう。

CoDシリーズのようなリアル系の戦争をモチーフにしたようなゲームもあれば、Overwatchのようなファンタジー世界をモチーフにしたFPSもあります。
Overwatchは戦略がMOBAに近い部分もあり、最近でも盛り上がっているように見えます。

そして新しいジャンルとして出てきたのがサバイバル系ゲームですね。
有名なところではFortnite PUBG 荒野行動などがあります。それ以外にも似たようなゲームはたくさんありますが。
こちらはソロ大会から4人大会まで幅広く開かられていて、最近も盛り上がっています。
しかし残念ながらFortniteの台頭によりPUBGユーザーは少し減ってきているように感じます。

 

コメント