クレカ不正利用が激増

QR支払いのセキュリティのせいで激増

少し前にあったPayPay祭りですが、それに伴ってクレカの不正利用が大量に出ているみたいですね。
皆様も今から数か月は必ずクレジットカードの利用明細を確認するようにしましょう。
不正利用の場合はほとんどのクレジットカード会社が保障してくれますので必ずお問い合わせするようにしましょう。



なぜ不正利用が増えたのか?

これはアプリへのカード登録の際に本人確認が甘すぎるというのが主な原因のようです。
更にセキュリティコードの入力に何度失敗しても関係なく、何度でも挑戦できるので最悪1000回やれば通ってしまうわけですね。
そして、ダークウェブでクレジットカード情報というのは結構販売されているみたいですね。
どうやって収集しているのかはわかりませんが、裏のセキュリティコードはネットでカードを使用する際にはほぼ必須なのですが、それが総当たりで解読出来てしまいます。
そしてカード名義人の入力欄もなかったとの事なので必要なのはカード番号/有効期限だけになるのでしょうか?

不正利用された場合にまずすることは

クレジットカード会社に連絡してカードを停止しましょう。
不正利用に関しては、補償期間というものが定められています。
去年の夏ごろに不正利用されたと言っても取り扱って貰えません。
大体60日程度が限度になりますので、気付いたら早めにお問い合わせするようにしましょう。
支払いを保証して貰ってもカード番号がそのままなら意味がないですからね。
そしてそこから明細等を見て、どういった保障が受けられるのかなどを話し合いましょう。
お金の事なので激昂するのも分かりますが落ち着いてお話してください。
今回の件に関して言えば、クレジットカード会社も被害者ですのでそこを責めても意味がないので事務的に手続きを行いましょう。
そして不正利用に関しての補償は会社によっても違います。上限があるような会社もあれば、全額補償されるところもあります。
まずはクレジットカード会社に相談してみましょう。

それ以外への届け出

これはクレジットカード会社との相談にもよりますが、届け出て下さいと言われれば行かなければなりません。
そしてそれ以外としては、クレジットカード会社が不正利用と認めてくれない場合は消費者センターにも相談にいくようにしましょう。貴方に過失がある場合以外は取り合ってくれる事でしょう。

他に確認すべきことは?

不正利用で一番多いのは身内の方が勝手に決済しているケースです。
そういった心当たりがないかは調べてみる必要があります。
ただし心当たりがないならカード会社に早急に連絡するようにしてください。

後は不正利用の明細を保管するようにしましょう。
警察への情報提供の際にも いつ どこで 何を いくらで?等の項目を提供する必要性が出てくるので、捨てないようにしましょう。

過失がある場合は会社の匙加減

過失とは何か?ですが、例えば財布を落としたのは貴方なのですからこれは盗難ではなく、貴方の過失ですね?と言われればユーザーは補償して貰えない可能性もあります。
そして大手の会社でも車上荒らしでETCカードを盗まれた場合、車に置きっぱなしにするのが悪いのだから補償は行いませんよと明記されています。
つまり、貴方の責任で不正利用された場合は会社は知りませんよと明記している所が多いのです。

そして過失をどこからどこまでにするかはクレジット会社との話し合いになります。
なので出来るだけ早く話し合いましょう。
今回のような騒動の場合は補償してくれる可能性は非常に高いとは思いますが100%ではありません…。

まとめ

クレジットカードはポイントの還元率で選ぶ方が多いですが、こういった補償も大切ですね。
補償の差をあまり見る方はいませんが、海外補償なのか国内補償なのかも大切になってきます。
あまり海外に行かない方は国内で全然良いでしょう!

海外に行かれる方はゴールドカードなどの保証が扱ったり、ラウンジ使用も出来るようなのに乗り換えるのもアリだと思います。しかし無料カードでも最近は補償は厚いのでそこまで心配しなくてもいいかもしれませんね。

そして肝心のPayPayも対策を行ったみたいなので、これ以上の被害は収まると予想されますね。

とりあえず普段クレジットカードをあまり使わない方も今から3か月程度はしっかり明細を確認致ましょう。



コメント