PayPay終了とLINE pay開始

Paypayキャンペーン?

Paypayのキャンペーンがもっと持つと思ったら一瞬で終わってしまいました。

内容はご存知の方も多いと思いますが、少し簡略化して書きますと、購入した金額の20%をキャッシュバックと確率で全額キャッシュバックという物でした。
上限はありますが、こちらの影響でpaypayの名前が一気に売れたと同時にQR支払いを今まで使用した事がなかった方が一気に参入しました。
上限は月に5万円キャッシュバック(25万円購入分)までが上限。
抽選で当たる全額キャッシュバックは1回10万円が上限でした。
太っ腹すぎるキャッシュバックに普段スマホで買い物を行わないような方々が家電量販店に押しかけてプチパニックになっていたり、すごく並んでいたりという光景が取り上げられましたね。
ある意味日本のQR支払いの普及に一番貢献したのがPayPayではないでしょうか。
それ以外の転売屋の方々も一気に利用したこともあり、当初の予定の100億円キャッシュバックしたら終了しますよというものが10日間で終了してしまいました。終了した途端にキャッシュバックが入るまでPayPayはもう必要ないなという声が凄かったのですが、ユーザーを離さないためにまだまだキャンペーンを打って来るとは思います。

代わりに始まったLINE pay

そして代わりに始まったのがLINE payの20%還元キャンペーンです。
こちらは全額キャッシュバックなどがないのと上限が5000円までとなりますが、QR支払いに少し慣れたユーザーを誘導しようとLINEが仕掛けてきましたね。
しかもLINE payはカードも発行しているため対応店舗が非常に多いのでPayPayより使いやすくなっていますね。
とりあえずLINE payを使用しながら次のPayPayのキャンペーンを待つというのが一番良いのではないでしょうか?
LINE payはおそらく日本では一番使われているQR支払いだと思いますので、使い慣れていて損はありません。LINEでお金のやり取りも出来ますからね…。

LINE payを一番お得に使う方法

必要になるものはファミマTカードです。

普通のクレジットカードと何が違うかというと収納代行に使えます。(ファミマ専用)
収納代行というのは商品ではなく別の会社のサービスの支払いを代わりに受けるというものです。公共料金等もこちらですね。
それが基本的にはクレジットカードは使えませんが、上記のものだけ使えます。
そして買い物用のポイントは付きませんが、支払い用の1%ポイントだけは付くとの事ですので、今であれば20%(LINE pay還元)+1%(ファミマTカード還元)で21%にすることが出来ますね。

まだ初めてない方は

QR支払いもどんどん簡単になってきています。
スマホとアプリをインストールしたら後は結構簡単に出来るようになっていますので、ぜひ始めて見ましょう。税金対策等をしたい方は電子マネーで自身の決済が丸見えになるのは嫌な方も多いかもしれませんが、私達庶民には関係ありません。
現金よりお得なのであれば使うべきです。
QR支払いは非接触型の他の決済に比べると少し時間はかかってしまいます。
ただ、それでもメインになっていくのはコストが低いからでしょう。
つまり今のうちから慣れておくことに損はないという事です。

まとめ

ある意味数社がキャッシュバック争いをしてくれる事はユーザーにとっては有り難い状況です。問題はQR支払いを行わないとその恩恵に預かれないという事でしょうね。
PayPayに関していえば、家族のスマホも総動員して数十万円買い物する方も全然珍しくありませんでした。それぐらいお得なキャンペーンという事ですね。
10万円のものがキャンペーン利用者だけ8万円で買えるようなものですからね。
しかも大した手間もかかりません。QRコード支払いの設定なんて5分もあれば出来ますからね。
そして私が気に入ってるのはクレカ等を持てない方でもチャージ出来るというのが素晴らしく平等で気に入っています。
ETCカードだけは許せない時期がありましたね…ええ…。
クレヒスないと作れないのにクレカなしで作りたいなら数万円の保証金が要りますと言われますからね。

このお得なキャンペーンは是非是非利用していくべきですが、キャンペーンで売り上げ増加を見越して物品の値段を上げているお店もあるようなのでご注意ください。

コメント