せどりはどこで仕入れていたか?

せどり?

せどりとは詳しく知りたいなら調べるとすぐ色んな記事が出てきますが、誰でも出来る物です。
スニーカー投資家もこれにあたるのですかね?単純に安く仕入れて高く売るという事です。
長く仕事としてやられている方もいれば、副業として軽く行われている方もいます。
そしてせどりを軽く行っていた時はどういう所で仕入れていたのかを書いていきます。

本題に入る前に

具体的にどんなお店で仕入れていたかの前にどういったお店が狙い目になるかですが…。

  1. 本気でセールを行っているお店
  2. 一部の目玉商品で客寄せをしているお店の目玉商品
  3. めちゃくちゃアナログなお店
  4. 一般人には価値が分かりづらいお店
  5. 中古品
  6. 海外サイト

ぐらいがメインとなるでしょうか?

1の場合は単純に値引き率がすごい商品を購入してアマゾンやメルカリ等に出品を行う事になります。
ちなみに流行り廃りがないものならメルカリで適当に高めに出品して売れ残ったらアマゾンに出品するでいいと思います。

2の場合は目玉商品だけを狙いにいきます。例えば何名様限定で~~が5円!等の商品ですね。目玉商品だけをさくっと購入するのは良く思われない事が多いので、本当にお金が欲しい方以外にはおすすめしません。しかし目玉商品だけだと悪いなと他の商品まで買ってしまっては元も子もありません。

3の場合はお店の主人が価格差を分かっていない事が多いです。そういった商品の中で売れそうな商品を持っていく事になります。
この場合はお店の売り上げが上がり、こちらも商品が手に入るのでWin-Winの関係かもしれませんね。

4の場合はフリマなどが多いでしょうか?よく分からない商品を買って出品したらなぜか高く売れた等もたまに聞く話です。
コツは自分の知らない商品にはあまり手を出さない事でしょうか…?

5が一番取り扱いが多く、これからの時代も生きて行けるのではないでしょうか?どんどん色々なサイトが発展して、価格が均一化されていっている時代です。
価格.com等の存在も出てきて、新品に関していえば本当に価格差が少な上に一番安い商品しか売れなくなってきています。ただ中古品は物の程度等もあるので、信用のあるお店から買いたいと思う人も多いので、こちらの取り扱いが上達すれば食いっぱぐれはなさそうです。

6の海外サイトはアリババやebay等になるんでしょうね。仕入れたものは基本的にアマゾン出品になりますが、ほとんど価格差がなくなってしまっています。
それでもアマゾンが取り扱ってない商品等もあるので仕入れられるなら全然ありです。
ちなみにアマゾンで取り扱ってない商品は私が定期的に購入しているプロテイン等もそうです。アマゾンではこちらの大きさが販売していないのです。悲しいことに。ちなみに今まで飲んだプロテインで一番美味しいです。

具体的なお店

アナログ
私の地元にもあります。お値段異常の家具屋さん1円セールを行ってますのでそちらを購入してメルカリに出すだけでも利益になるでしょう。

お値段異常 兵庫の激安家具店 | 2018/11/24(土)
Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/pickup/6304442 @YahooNewsTopics

それ以外にもよくあるのが大阪辺りの商店街に掘り出し物が眠っている事が結構あります。尼崎の三和商店街等も行くことが結構ありましたね。
新品で300円の靴があったり、100円以下の服があったり…そういったものを適当に売るだけでも利益になる事がありましたね。
それ以外にも店頭限定でセールをしているお店が結構あります。ただ大手はそこまで安くない事の方が多いので、50%セール!等の言葉だけに釣られないようにしっかりと商品と価格を調査しましょう。

こういったお店がメインでしょう。

デジタル

私がやってた頃にはebayで買ってメルカリやヤフオクで売るだけでも利益になっていた商品も結構ありました。
商品としては、日本では販売されていないおもちゃ等がメインになるでしょう。特に海外発で日本に人気がある版権のおもちゃ等は売れる事が多いです。
今でしたらミニオンズ等の商品を仕入れておいて、映画公開などに合わせて出品すれば買い手が付くかもしれません。

ただし電脳せどりと呼ばれる事が多いデジタルはライバルが多い分仕入れが難しいです。仕入れたら仕入れたで次は販売が難しい商品等もあります…。
その他

その他と書きましたがどちらかというとアナログになりますかね?不用品一括買取!などをやってみるのも一つの手だと思います。
特に今は中小企業の人手不足倒産が止まりづらい状況になってきています。
もうお店を閉めようという方からならいい商品を安く譲っていただける場合もあります。


色々な方法がありますが、一つ言えるのはルールは守りましょう。どれだけ商品が欲しくても、一人一点の商品に何回も並んでみたりお店に迷惑をかける行為はやめましょう。

コメント