乳製品を取るならプロセスチーズがおすすめな理由

美容・健康

乳製品を定期的に取ってる方はまだまだ多い事でしょう。しかし牛乳を飲むとどうじてもお腹を下してしまったり、お腹の調子が乱れてしまう方がいます。

それが乳糖不耐性という乳糖に耐性がなく、乳糖を取るとお腹の調子が悪くなる方々です。

では乳製品を全て避けるべきか?というと、健康のために乳製品は取るべきです。

おすすめなのはプロセスチーズです。

プロセスチーズとは

チーズ

プロセスチーズというのは、ナチュラルチーズを原料に、加熱・溶解させてから乳化剤を加え、冷やして固めたものです。

加熱してあるため、乳酸菌はほとんど入っていませんが、非加熱であってもチーズにはそこまで多くの乳酸菌が入っていないので気にすることはありません。

ナチュラルチーズはかなり柔らかいチーズのため、単体では食べづらいという欠点もありますが、プロセスチーズは固まっているので非常に食べやすいです。

ベビーチーズやアーモンド入りチーズのように、固まっているチーズがほとんどプロセスチーズです。

ではなぜプロセスチーズがおすすめなのでしょうか。

プロセスチーズがおすすめな理由

チーズ

元々プロセスチーズが開発された理由としては、戦地に赴く兵士たちが効率的に栄養が取れる上に、保存をしやすい食料として開発されました。

良質なたんぱく質や、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンEといった豊富な栄養素が含まれています。

保存が効く上に、栄養素が豊富なのでおやつ代わりや食後に軽く食べるデザート代わりにするなど積極的に摂取したい食品です。

パンに乗せて食べるようなスライスチーズなどもプロセスチーズの一種なので、パンに乗せたり挟んで食べるのも良いでしょう。

保存がしやすいだけではなく持ち運びがしやすいのも大きな特徴です。

牛乳やヨーグルトを会社で食べるのは少し難しいという方でも、ブロック型のプロセスチーズなら簡単に食べることができるでしょう。

お昼に乳製品を摂る習慣をつけたい方は、会社でチーズを食べるようにしましょう。

一つだけ注意が必要なのはカロリーがそこまで低くないので、食べ過ぎには注意するようにしましょう。

こんな方はプロセスチーズを食べよう

普段から発酵食品や乳製品を食べない方はプロセスチーズを朝ごはんにプラスしてみましょう。

乳製品を取り過ぎると頭痛が起こるという方もいますが、ビタミンB12が不足すると体の抵抗が落ちる方もいます。

大切なのは1週間程度食べて見て、体に変調を感じるのであればやめるべきでしょう。

そして、チーズを一番食べて欲しいと思うのは成長期の子供達です。

成長期の子供達にタンパク質を豊富に与えることで、筋肉がたくましく成長し、しっかりした体が出来上がります。

最近の日本人はダイエットなどが流行っているのもあり、低タンパクな食事が多くなりがちです。

同じような食事を子どもに食べさせてしまうことで、タンパク質不足で筋肉量の少ない子どもになってしまいます。

強く大きく育てるためにはしっかりとタンパク質を与えましょう。 

まとめ

近頃の研究では動物性たんぱく質は長寿効果もあるということで、適度にとることを推奨されています。

脂っこいお肉などを食べたら胃がもたれるというような形でも、軽くチーズを食べるぐらいならそこまで影響がないでしょう。

体を強く成長させるだけでなく、長寿効果があると言われてしまえば食べるしかないでしょう。

最近ではスーパーでもコンビニでもプロセスチーズが販売されています。

自分のお気に入りのチーズを見つけましょう。