シャンプーの最終型とは?

シャンプーの泡美容・健康

シャンプーにはこだわっているという方が非常に多いのではないでしょうか?

シャンプーは香りだけではなく、頭皮の健康を維持するという意味でも非常に大切な役割を持っています。

完全に誰にでも合う完璧なシャンプーというものはありませんが、比較的誰にでも使えるというのがシャンプーの最終形だと考えています。

本日はシャンプーの最終型とも言える牛乳石鹸をご紹介しましょう。

シャンプーの最終型「牛乳石鹸」

近頃のシャンプーには様々なフレーズがつけられ販売されています。有名なフレーズだとボタニカルやオーガニックなのが有名でしょう。

ではボタニカルやオーガニックなら全ての人の肌に合うのでしょうか?と言うとそうでもありません。ボタニカル製品やオーガニック製品は上質な植物油などが使われています。

しかし、一部の製品には上質な油を使用していたとしても、添加物などで台無しになっているようなシャンプーも存在しています。

髪の毛をしっとりさせる成分や、肌のフケを防ぐ成分など様々な物が添加されているシャンプーも多いです。

添加物があなたの肌に合うようなシャンプーならいいですが、万が一合わずに肌荒れなどを起こしてしまっては元も子もありません。

肌に優しいので誰にでも使えるというのが牛乳石鹸です。

シャンプーの最終型「牛乳石鹸」のメリット

シャンプーの泡

洗浄力

牛乳石鹸の洗浄力は汚れを落とすには十分な洗浄力を持っています。しっかりと泡立てて包むように髪の毛を洗えば、シャンプーと変わらないぐらい汚れを落とすことができます。

石鹸ではあまり洗った気がしないという方も多いですが、しっかりと汚れは落ちているので心配はしないようにしましょう。

そしてシャンプーよりも少し落ちづらいという部分はありますので、すすぎはしっかりするようにしましょう。

肌に優しいのですすぎ残しがあっても大きな問題にはなりませんが、髪が少しゴワゴワしたりすることがあります。

保湿力

牛乳石鹸、特にカウブランドの赤箱はほとんどの石鹸よりも保湿力が非常に高いという企画が行われていました。そして、石鹸だけではなく50種類以上の洗顔料と比較されていましたが、赤箱の方が保湿力が高いという結果が出ました。

近頃の研究では肌を保湿するというのが美容に1番いいと言われています。

もちろん頭皮にも良いはずですので、赤箱を使う時は頭皮を飲むようにしっかりと洗いましょう。

使いやすさ

牛乳石鹸の使いやすさはそのまま別の部位にも使えるということです。

牛乳石鹸シャンプーというものも発売されていますが、こちらも成分はほとんど変わらずシャンプーとして使いやすい形状になっているだけと考えて良いでしょう。

つまり牛乳石鹸シャンプーでも、赤箱でもシャンプーした後にそのまま首や耳などを洗うことができますし、もっと言えば全身洗うことも可能です。

お子様のいる家庭は特にそうですが、優しい石鹸を求める方が多いでしょう。

ぜひこの機会に牛乳石鹸を導入してみてください。

シャンプーの最終型まとめ

牛乳石鹸がシャンプーの最終型と言いましたが、無駄な添加物が存在していないからです。

個人個人を見ればもっとその人の肌に合ったシャンプーなどはあるかもしれません。しかし温泉やホテルの公共の場所に置くのであれば、誰の肌にでも使えるようなものが求められるでしょう。

友人をよく招く方や、家族に肌が弱い方がいる場合も牛乳石鹸を導入してみてください。

必ず高評価が得られるはずです。