おもしろビジネス1.え…本当に?すごいものを売っている方

本日は珍しい物を売る仕事です

すごいですね。最近は何でも売れる時代ですし、何でも売る時代になってきているなぁと思います。
といっても昔から売られているような物が表に出てきたという事でしょうか?
ネットで販売する人が増えて改めて表に出てきているというのもあるのでしょうね。
全然知らなかった商品がこんな値段で売れるんだ?とびっくりしたことが何度もありますが…。
今回はそういった物を売りながら生きている方を紹介してみようと思います。

こんなものを売りながら生活してます

投資家Roxyさん
彼女はロンドンに住んでいる投資家の33歳の女性です。
InstagramのフォロワーやFacebookなどでも事業を展開しているようですが、彼女が販売しているのは自身の靴下です。
自身の足をインスタに投稿し、フォロワーが付いたのをきっかけに彼女は使用済みの靴や靴下の販売を始めました。
足の指を動かしている動画や使用済みの靴下・使用済みの靴の販売などを行っていて、収益は年で1500万を超えるみたいです。
凄いですよね。そこらのサラリーマンでは太刀打ちできません。
ちなみに日本人は若さ侵攻があるので、もっと若い方がやれば同じぐらい稼げるかもしれませんね。

ここで言いたいのは靴下を売れ!という事ではなく、InstagramやFacebookで人気がある方は意外なものが販売できるという事です。
芸能人の写真を購入する方が居るのと同じように、人気がある方の関連アイテムを欲しがる方は少なくともいます。
人気商売という意味でFacebookやInstagramのフォロワーを増やすところから初めてみてはいかがでしょうか?
貴方の財産になるかも。
スニーカー投資家
最近株等よりお金になるというので流行してきているスニーカー投資家。
私が若い頃もエアジョーダン等は流行りましたが、最近でもスニーカーを転売するだけで儲かるので本業にする方が出始めてきました。
アメリカではスニーカー投資で億万長者まで出始める始末。
アディダス社製の定価3万円の靴が36万円になったというのも最近では有名な話です。
知識は必要ですが、参入出来ればまだまだ長く続けられる仕事だと思います。
小売り業は淘汰されていく運命にあるようにも感じますが、中古品の売買やレアアイテムのコレクター向けの販売は長らく廃れないであろうと思います。
そしてもう一つの利点はスニーカーはそこまで大きな保管場所が必要ないというのも大きな利点ですね。

例えばこういった商品を日本に持ってきて、韓流スターに人気がありますよ!!というブランド付けをしたりするのも良いと思います。
つまり、靴に関していえば品質も大切ですがそれ以上に希少性・他にどういう人間が履いているのか?等の付加価値のほうが大切だと思います。

そこらに落ちている自然の物
これは本当に発想が凄いなぁと思いました。自然なもの以外にも色々売れているのがびっくりしますね。

こんなのが売れるんだ?という物もあったり、売れそうだけど考えた事なかった…という商品が多数あります。

甲子園の土 2000円
流木 800円
空のお菓子の缶 1000円
空の酒瓶 1000円
松ぼっくり10個程度から 1000円

どうですか?私がブログを書くより松ぼっくりを拾ったほうが稼げるわけです。
しかしよく売る事を考えたなぁと思いましたが。

流木はどこそこの川で~と書いたら記念に購入される方が多いみたいですね。
しかし本当に考え付いた方がすごいと思います。問題は同じアイテムを売る人が増えれば増えるほど値下がりしていってしまうわけですね。
つまりまだ売られてないようなアイテムを探して販売するのが良いと思います。
しかし最近は何でも売ってみようという方が増えてきているので物を探すのも一苦労ですけどね…。

まとめ

私が考えているより色々なものが売れるみたいです。という事で私も色々売れそうなものを考えてみました。

どこかの施設利用した物 アリバイ作りに!3日前?ここにいたよー。レシートあったはず…みたいな。
名刺 これも集めている人がいそうなので売れそう?
大量の灰皿 全館禁煙になりました!の灰皿はどこか持っていけば買い取ってくれそう
マイナーな本 ネットで探しても情報すら出てこない本なら買ってしまうかも?
パチンコ・パチスロ画像 ブログ更新用に誰かが使いそう。ただし流用を疑われない為にも一人にのみ販売
加工用風景画像 明日にでも書こうと思いますが、加工職人用

個人的に売れそうだなぁと思った思いついた物です。ただし既に売っているものも多いかもしれません…!
情報や物は本当に扱う人次第だなぁと思い知らされます。
例えば迷惑メールですらお金に変えられる可能性を秘めています。
迷惑メールに違反行為があるならそれを元に訴訟を行う人もいるかもしれませんし、迷惑メールから広告宣伝の手法を学ぶ機会もあるのでコレクションしてる方もいるかもしれません。

世の中には捨てられているけど売れる物がまだまだありますね。

コメント