便利と思いきや落とし穴が「虫よけブレスレット」

ガジェット

自粛期間も終了したため、外出をする方も増えてきました。
そのために虫よけスプレーを毎回持ち歩いている方も少なくはありません。
しかし昨年ごろから便利だと話題になっているのが「虫よけブレスレット」です。

「虫よけブレスレット」とビタミンBが虫よけに効果があると話題になっていたのが去年の話ですが、そのため類似品などが増えてきました。

今日は「虫よけブレスレット」を紹介します。

「虫よけブレスレット」とは

「虫よけブレスレット」とは言葉の通り腕につけておくだけで蚊などをメインに虫除けとして働くと言う効果のあるブレスレットです。お子様などを連れているため虫除けスプレーを頻繁に使うのが少し怖いという方や、スプレーを持ち歩くのを忘れてしまう方がよく使われるようです。
しかし、「虫よけブレスレット」も充電が必要なので充電を忘れてしまうと使えないという欠点はあるでしょう。
USB充電のものがほとんどですので、モバイルバッテリーを持ち歩く方であれば充電を忘れていても、モバイルバッテリーを使用することで充電は可能でしょう。
お子様のベビーカーにつけておくのも良いでしょうし、いざという時のために車の中に置いておくなどもいいでしょう。

しかし私が一番気になっているのは「虫よけブレスレット」の効果そのものです。

「虫よけブレスレット」の効果

蚊の生体などを調べてから作られている製品のため、科学的根拠もあるため、効果があるとはいえますが欠点がいくつかあります。
上記で挙げた充電が必要というものもその一つですが、一番大きな理由の一つは一部の蚊にしか効果がないということです。
そして、蚊以外にも効果がないという欠点を抱えています。
つまり簡単に言うと一部の蚊にしか効果がないということです。
自分の家の近くに多い蚊の種類を知っている方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。

私はほとんど知らないので「虫よけブレスレット」を使うことはないだろうと考えました。

「虫よけブレスレット」の原理

「虫よけブレスレット」が虫除けを行う原理として、蚊のオスが出す羽音と同じ超音波を出すという原理です。
人間の血を吸う蚊はメスしかいません。そしてオスの羽音を出すことでメスの蚊を近づけないようにするという原理です。
しかし、超音波で出せるオスの蚊の羽音というのは、一部になってしまいますし、原理的に蚊以外には効果がありません。
曖昧な表現にはなってしまいますが、効果はありますがあなたの家の周りや外出先の蚊に効果があるかわからないという状態になってしまいます。

似たようなものでビタミンBが蚊よけになるという話題が上がっていましたが、そちらも信憑性はほとんどないということでした。

おそらくではありますが、仮定としてAの蚊に効果がある装置はBの蚊に効果がないといった形で、自分が寄せ付けたくない蚊の種類を調べて、専用の機械を作ることができれば効果はあるでしょうが、一部の蚊だけ対策したいという方はほとんどいらっしゃらないでしょう

まとめ

「虫よけブレスレット」を購入する前に少し考えていただきたいと思います。
「虫よけブレスレット」の効果を感じたいのであれば、スマホを持っていれば「蚊よけアプリ」と調べることで同じ効果のアプリがたくさん出てきます。
そちらで試してから、蚊がよってこなくなったのであれば使用してみるのも良いでしょう。

確かにを全く効果がないというわけではありませんがよってくる蚊を少し減らすことができる程度の効果しかありません。
ブレスレットをつけるだけで蚊に食われなくなるという宣伝文句や、蚊に食われない生活のためにプレゼントにも最適ですというように宣伝している方も多いでしょう。
しかし確実に対策したいのであれば、ピレスロイドを使用するべきです。

確実に殺虫効果があり、人間には害がないと認められている成分です。