リモートワークの必需品とは

ガジェット

私は昔からリモートワークをしていましたが、この時期にになるとどうしてもデスク周りから離せないものがあります。
今年からリモートワークされた方にも同じ経験をされた方もいるかもしれませんが、必需品とは「蓋つきのタンブラー」です。

リモートワークの必需品「蓋つきのタンブラー」

タンブラー

「蓋つきのタンブラー」は非常に便利です。冬場も暖かい飲み物を入れておくのに使用していましたが、夏場は更に冷たい飲み物を飲みたいと感じる場合も多いでしょう。
その時に大切なのが蓋つきのタンブラーなのです。冷たい飲み物を冷たいまま手元に置いておけるので、仕事をしながら飲み物を飲む方に最適です。
しかも暑い部屋で仕事をしていたら熱中症の危険性もあるため、水分補給は小まめに行うべきでしょう。
しかもリモートワークになって家の電気代などが気になって節電をしようという方も非常に多くいらっしゃいます。
しかし節電を心がけることで体調が悪化してしまうと病院代などがかかってしまい本末転倒です。
働く環境はしっかり整えるようにしましょう。そして夏場は水分補給をしっかりしましょう。

「蓋つきのタンブラー」が必需品な理由

タンブラー

ではなぜ「蓋つきのタンブラー」が必需品と言えるのでしょうか、それには大きな理由があります。

一番大きな理由はこぼれる事がなくなるということです。
おそらくパソコンをよく使う方は私と同じようにキーボードに飲み物をこぼしてしまったりといった経験があると思います。
私がドジなだけかもしれませんが、普通にコップで飲んでいると仕事に夢中になっているとどうしても倒してしまう時があります。
私の場合は年に1、2回ですし、その時はプライベートなパソコンだったのでキーボードを買い換えるだけで済みました。
しかし会社支給のパソコンであれば、キーボードなどの接続機器を自分で買い替えていいかというのも迷いますし、会社で備品を交換してくれるような会社もあります。

交換してもらう際に飲み物をこぼしてしまったと言ったら怒られる可能性もあるでしょう。
また会社によっては蓋つきではない飲み物を禁止している会社もあります。

「蓋つきのタンブラー」があれば仕事の能率UPに

「蓋つきのタンブラー」のタンブラーがあり美味しい飲み物が飲めるということは、仕事の能率アップにもつながるでしょう。
仕事に夢中になっていたせいで、飲み物がぬるくなってしまったり、氷が溶けて飲み物が薄くなってしまったということもあるでしょう。
しかし「蓋つきのタンブラー」を使えばそういった残念な現象ともおさらばです。

そして上でも書きましたが会社の備品は壊れなかったとしても、飲み物をこぼしてしまった際には、仕事の能率にのは大幅に下がります。
なぜならまず気持ち的に凹むことが多いでしょう。仕事よりも後片付けが面倒くさいと思ってしまい、一気に仕事へのやる気がなくなってしまいます。

そして単純に片付ける間の時間仕事ができなくなってしまいます。こぼしたのが大切な会議中だったりすると自分だけ離席して片付けるはめにまでなってしまいます。

まとめ

タンブラー

今日は「蓋つきのタンブラー」のご紹介でした。

私も昔はタンブラーではなくペットボトルなどで飲み物を用意していましたが、夏場になるとすぐ緩くなってしまう上に、仕事で頭をよく使う方などはクールダウンのために少し冷たい飲み物を飲みたいという方も多いでしょう。
確かに仕事の時間などが細かく決められていない方は、冷たい飲み物を飲むために冷蔵庫を行き来するのもいいでしょう。
しかしリモートワークでも決められた時間はパソコンの前にいないといけないという会社もあります。

パソコンを守るためにも「蓋つきのタンブラー」を使うようにしましょう。