NHKが映らないテレビが認められました

ガジェット

最近話題になっていてニュースを読んだ方も多いかもしれませんが、NHKの受診料について裁判が行われました。
内容としてはNHKを受診できないように加工しているテレビを利用している方が映らないのであれば支払う必要はないとして裁判を起こしたものです。

結果として裁判で支払わなくていいという結果が出ました。

NHKが映らないテレビとは?

テレビ番組を受信するためにはアンテナからTV局が出している電波を受信することでテレビ番組がテレビに映し出されます。そして電波を受信しているとNHKの受信料を支払う必要があります。
テレビを見ないという人やNHKを見ていないという人も関係なく払う必要があります。
あくまで受信したら支払う必要があるため、見ている見ていないは関係がありません。受信できる機器を設置していたり、持っていたら支払う必要があります。
主な受信機としては以下のようなものがあります。

・テレビ
・ワンセグ搭載の携帯やスマホ
・チューナー付きのパソコン
・カーナビ

こういったものを所持していると受信料を支払う必要があります。

私がNHKの受診料を払いたくない理由

コストカット

NHKの受信料を払いたくない理由の大きなものは番組の作り方、クオリティと言い換えてもいいかもしれません。

NHKで話題になったのが給料の高さが話題になりました。しかも国会で話し合っている風景は流されましたが理解出来ない方も多かったのではないでしょうか?
誰もが分かりやすく簡単にいいますとNHKの一部の役員は総理大臣よりもお金を貰っているという事実があります。
ニュースになっただけで私が払わない理由とは全く関係ないです。

払わない理由は昔ながらの愛された番組などが多いのが理由です。番組作りにフォーマットがあったり、ルールが多いのかもしれませんが、昔からあまり大きく変わってない番組が多いというのがその理由です。

もう一つはクオリティの高い動画作品が世に溢れかえってしまっているということです。NHKの受信料よりも安価に自分が好む番組が見られるなら、そちらにお金を払った方がお得という考え方です。

NHK受信料年額13,990(クレカ払い)月額
Hulu13,990円1,260円
Amazon Prime4,900円500円
NetFlix9,600円800円
Hulu12.312円1,026円

価格を見てもわかるように、子どもがいてNHK教育を見せてあげたいといった家庭以外では既に契約する必要はないように感じます。

NHKが映らないテレビは購入できる?それ以外の回避方法は?

NHKが映らないテレビ は販売されるのかというのが一番皆様気になる点ではないでしょうか?可能性としてはほぼありません。放送法の規制のため受信制限をしたアンテナを販売することもできないでしょうし、誰かに頼んで作って売ってもらうということもできないでしょう。
身近に詳しい方がいて設定や受信拒否をしてくれる方ならいいでしょうがそうでない方は、テレビを置くにはどうしても受信料を払う必要が出てきます。

しかし最近はお子様もいない家庭も増えてきたため、NHK教育なども見ないし、自分も好きな番組以外はあまり見ないという方も多いでしょう。もったいないないとは思いませんか?

私が提案したいのはテレビではなくモニターをおくことです。一般的なモニターにFireTVstickを刺し込めば完成です。YouTubeやプライムビデオが見られますし、プライムなら年会費も4900円です。価格も安くモニターやFireTVStickの値段を考えたとしても3年も使えば元が取れるのではないでしょうか?
テレビを今から購入しようと考えているならモニターに変えるだけなので、FireTVStickとモニターだけなので、1年で元が取れるでしょう。

NHKが映らないテレビまとめ

節約はまず固定費を減らすのがかなり効果的です。固定費を減らすためには毎月払っている収支を見直しましょう。一人暮らしの方などは受信料を払ってる意味があまりないのではないでしょうか?
特に自分が使えるパソコンなどを持っていれば、そちらを使うのであれば必要ありません。
リビングにもテレビが欲しい等と考えた際にモニター+FireTVstickなどで考えてみてはいかがでしょうか?

Netflixも観られますし、不便に感じる事はほとんどありません。