リボ払いだけは絶対に使い続けるべきでない理由

リボ払いって何なの?

これは定額しか借金を返さなくていいというシステムになります。毎月決められた金額を返してくれればいいですよという感じです。
5000円と決められている時なら毎月5000円払っているだけで借金の枠の分買い物したりすることができますね。つまり10万円使おうが20万円使おうが月5000円で済む魔法のカードの出来上がりです。そしてこれはどちらにとっても魔法のカードなのです。
クレジット会社にしてみれば効率よくお金を生み出す魔法のカードで、
貴方にしてみればお金がなくても購入できる魔法のカードですね。

ただしあくまで将来の自分からお金を借りているだけという意識が大切です。

リボと普通でどれぐらい違うのか?

30万円を借りたとして返済までにいくらになるかをざっくり計算してみました。
今はどのカード会社もおそらくこれぐらいだと思います。

単純に完済するまでを比較してみました。全てのパターンは網羅出来ませんが参考までに…。

回数 期間 総額 金利
3回払い 3か月 306,120円 6,120円
6回払い 6か月 312,480円 12,240円
12回払い 12か月 324,480円 24,480円
24回払い 24か月 348,960円 48,960円
リボ払い(5000円/月) 112か月 557,868円 257,868円

どうでしょうか?予想通りの方もいれば多かった方や少なかった方いらっしゃると思いますが、30万円借りるだけでリボ5000円のみで返済しようと頑張ったら返済しきる頃には10年近くの年月と26万円近く取られているわけですね。

それでも使わないと生活が成り立たなかったり、どうしても欲しいものがあるならば他に借りられる所がないか試してみて、それでもだめだったら最終手段としてリボ払いにしましょう。
大切なのはあくまで足りない時ようの保険として使うという事です。


賢くカード利用をするならばリボ5000円で還元率の高いカードで毎月5000円だけ使う等という風にすれば高還元でリボ手数料も取られずに高還元の恩恵を受ける事が出来ますね。
リボ払い専用カードの恩恵を受けるためには面倒ですが、様々な工夫が必要です。

そしてもう一つ賢いカードの使い方としてボーナス払いがあります!
ボーナス払いをうまく使えば1月ごろに買った物を無利息で8月ぐらいに支払えますので、賢く使うとお得に利用できます。しかし8月に支払うお金がないとなってしまうと意味がないのでご利用は計画的に使いましょう!

カードのもう一つの上手い使い方は半年に1枚ほど新しいカードを作る事です。
カード会社は入会キャンペーンを絶やさず行っております。うまく使う事で1万円程度なら簡単に得する事が出来ます。カードが増えすぎても管理が難しいのでメインカードを決めてそれ以外はあまり使わずしまっておいたりするほうがいいでしょう。

ポイントだけを狙って契約から即解約をし続けるとブラックリストに乗る可能性があります。

それでもリボ払いがオススメされる理由は?

それでもリボ払いだったら1日200円程度のお金で50万円の物が買えますよ!等の勧誘をされるのはなぜかというと、その分カード会社が儲かるからに他なりません。
リボ払いはハマってしまう人は本当に一緒抜け出せない事が多いです
カード会社の収益のほとんどが今はリボ払いと言っても過言ではありません。

最近ではリボ払いしか出来ないカードというのも増えてきています。そしてキャッシュバックが高いというのも特徴です。儲かるので多少キャッシュバックを多めにしても問題ないという事です。

なぜリボ払いから抜け出せないのか?

なぜ抜け出せないのかというとそれも簡単で、リボ払いをメインで使う方はカードの枠がなくなってしまったら、返済しないと!と思うのではなく、新しいカードを作ろうと思う方が多いようです。
つまりカード枠がなくなるたびに新しいカードを発行してまたリボ払いをしていると結局自由に使えるお金がなくなり、いつの間にか支払えないぐらいの残高になってしまうわけですね。

つまり、リボ払いをしてしまう人は残高をあまり気にしない事が多いのです。単純に次の支払日がいつでその日にいくら払うという目先の事しか見えない方が多いのです。
リボ払いが出来てからカード破産者も増えてきているので対策も考えないといけない状況に来ているのではと思います。


まとめ

もし、貴方の身内にお金を借りられるなら借りてでもリボ払いを脱出するべきです。
金利というのは重なれば重なるほどどうにもならなくなっていきます。
30万円を5000円/月ずつ返していけば普通なら60か月で返しきれるはずなのに、金利があるせいで2倍近くかかる事になります。
早めに対策すれば簡単に返せる借金も、対策が遅れて重なってしまうと手が付けられなくなります。
人生においてこれはお金だけではなく、他の問題も同じです。
初期対応が大切という事ですね。

コメント