ステイホーム中におすすめの長く遊べるゲーム「ARK: Survival Evolved」

恐竜ガジェット

最近では様々な媒体でステイホームが呼びかけられています。自分の周りの人間を守るためにも不要な外出を控えた上で、家で楽しめる趣味などを見つけましょう。

私が今までやってきた中でマイペースに長い間遊べるゲームの一つARK: Survival Evolvedを本日は紹介します。

ARK: Survival Evolvedとは

恐竜の骨

ARK: Survival EvolvedとはMinecraftのようなサバイバルやサンドボックス的なものづくりを楽しめる要素に恐竜という要素を加えたロマンが溢れる非常に楽しいゲームとなっています。
Minecraftをプレイする目的は何かを作りたいということに偏ることが多いですが、ARK: Survival Evolvedの場合はMinecraftよりもどちらかと言うと冒険のような要素が強めになっています。

私がMinecraftをプレイしていた際は今日はあれを作ろう、こういうのを作って見たいというのでプレイすることがほとんどでした。しかしARK: Survival Evolvedは今日はここにいこうという目的やあの恐竜を探そうといった感じが多いです。
つまり他のサンドボックス系のゲームよりも探検要素が物凄く強いのが特徴の一つでしょう。

ARK: Survival Evolvedの魅力

恐竜

サンドボックス系のゲームは毎日プレイするとマイホームに帰るような感覚になることが多いのですが、ARK: Survival Evolvedの場合は毎日冒険に出かけるような感覚です。
恐竜を育てたりレベルアップさせることもできますし、育て続けていた恐竜が死んでしまった時などはMinecraftなどで死んでアイテムを落としたなどに比べても大きな喪失感があります。
こういったゲームは死んでロストすると、もうやめてしまおうと思う事が多いですが、このゲームにもそれがあります。
全てを失って一気にやる気がなくなります。しかしまたやりたくなってしまうのです。

繰り返し繰り返し何百時間も遊べてしまうゲームなので購入を検討するのもいいかもしれません。

ARK: Survival Evolvedを遊ぶ際の注意点

注意点がいくつかありますが、大きな注意点は2つです。

恐竜

パソコンの容量

グラフィックが綺麗でMODも物凄く多いせいで、ちょっとしたMODを入れるだけで一気に容量が跳ねあがります。1TBのHDDに入れてゲームをしていましたが、気付いたら600GBのゲームになっていました。しかしこれほど容量が膨れ上がるようなゲームを今までプレイしたことがありません。
少しMODを入れるだけで今まで見た事がないような恐竜を見る事ができたり、伝説にしか生きていないようなドラゴンなどと出会ったり戦うことができます。

容量を食うのは仕方ありませんが、それ以上に面白いゲームです。

公式サーバーがマゾい

公式サーバーのバランスは非常に時間がかかるシステムとなっているため、シングルプレイヤーにはほとんど向いていないといっても過言ではありません。
大きめの恐竜を捕まえるのに数時間とかかることも珍しくありません。シングルプレイヤーは出来るだけ公式サーバーではなくオフラインで自分でバランスを考えて調整しながら遊ぶ方がいいでしょう。
重量関係も少し緩和するほうがシングルプレイをするならオススメでしょう。長く遊びたいなら少しマゾめにして、さくっと楽しむなら難易度を下げて色々な所を回ってみましょう。

様々なMAPがある上に、MODでもMAP追加できるため何度も遊ぶことができます。

ステイホーム中におすすめの長く遊べるゲーム「ARK: Survival Evolved」

恐竜4

自分の世界を作り上げる方が得意な人なら一生遊べるゲームと言っても過言ではありません。

一生遊べるゲームといえばほとんどがスルメゲーと呼ばれるジャンルがほとんどですが、ARK: Survival Evolvedは最初から最後まで面白いゲームです。
シヴィライゼーションシリーズなども一生遊べると言われますが、最初のとっつきにくさが難易度を上げている気がします。
ARK: Survival Evolvedはそこまで難しいシステムがないため、やっていればどんどん出来る事が増えていきます。

恐竜と一緒に暮らしたい方も、大きな恐竜と戦ってみたい方にもおすすめのゲームです。