コロナウイルスにマスクは効果なし?効果のあるマスクは?

マスク美容・健康

世間はもうコロナウイルスで持ちきりと言っても過言ではないぐらい広がってきてしまっています。今対策をしないと手遅れになるかもという国も多く様々な国で様々な対策が行われています。

しかしこういった感染症の対策は個人の心がけが一番大切です。

本日は自分の体を守るためにどういった対策を行えばいいかをご説明します。

ほとんどのマスクは逆効果

マスク

最近在庫がない在庫がないや転売している人の気持ちがわからないとよく言われている医療用のマスクですが、コロナウイルス対策としては効果がありません。

なぜコロナウイルスにマスクが効果がないと言われているかを説明しますと、ほとんどのマスクを着用している時にできる隙間というのはウイルスが素通りできる大きさなのです。つまりマスクをつけることでウイルスを防ぐことが不可能ということです。

子供の頃アスレチックで遊んだ時にロープが網状になっているようなものを見たことはありませんか?あれで池の中にいるメダカやドジョウを捕まえるイメージをしてみてください。偶然引っかかることがあったとしても通り抜けられないようにはできないでしょう。

むしろマスクをつけるというのは逆効果にもなりえます。マスク不足だからといって何度も同じマスクを使い回してしまったり、ウイルスがついたマスクを家の中に持ち込むことでさらにウイルスが増えてしまいます。つけない方がまだマシとも言えるでしょう。

一部にはコロナウイルスに効果があるマスクもありますが、一般人は区別することなく買い漁っているのが現状です。

普通のマスクをつけてもコロナウイルスは素通りで体の中に入ってきます。 ではマスクで効果がないのならどういったアイテムで予防すればいいのでしょうか?

効果のあるアイテムは?

N95マスク

N95マスクというのは微粒子用の感染予防マスクです。

コンビニやドラッグストアなどで普通に売られているマスクのほとんどは飛沫経由で感染を予防するためのマスクです。
つまり誰かが咳をした時に出るツバなどを防ぐために使用するマスクなので、前述の通りコロナウイルスには効果がありません。

しかしN95マスクというのは非常に網目が小さい上に静電気の効果で空気中のウイルスなどをキャッチする効果がありますのでコロナウイルス対策にも使用することができます。
どうしてもコロナウイルスに感染するわけにはいかないという方はN95マスクを使用するようにしましょう。

除菌スプレー

家に置いておきたいのは除菌スプレーです。やはりウイルス対策には除菌スプレーが有効で特に外出の後や人混みに近づいた後などはスプレー除菌をするように心がけましょう。

外出して人混みを通ったり、外でなくてもたくさんの人が集まる部屋などに訪れた後は自分の部屋に戻ってきてから除菌スプレーを体にかけるのと同時に、部屋の中にも2~3度シュッシュと行いましょう。

やはり除菌を行うというだけで感染の可能性はかなり下がります。マスクをつけているから私は感染しないはずと勘違いしている方よりもマスクなどつけずにアルコール除菌を一日数度行う形の方が明らかに感染リスクが低いです。

イソジン

手洗いうがいが基本的になりますがうがいの時にイソジンを使用するのは非常に素晴らしい効果をもたらします。

水やお湯でうがいするだけでも、うがいをしない方に比べれば感染を防止する効果は非常に高いです。そこに殺菌効果のあるイソジンを使用してうがいをすることで効果はさらに高まります。
もし喉にウイルスが付着していてもうがいをすればある程度は流せます。しかし微量のウイルスが残っていてそこから感染する可能性もゼロではありません。

少しでも感染リスクを抑えるためにイソジンでうがいを行うという習慣をつけましょう。インフルエンザにも素晴らしい効果をもたらします。

鼻うがい薬

花粉症でよく使われる鼻うがいですがコロナウイルス対策として使用するのもおすすめです。

人間がウイルスに感染する時に一番可能性の高い経路が呼吸経路です。空気を吸い込むときと同時にウイルスも吸い込んでしまうというのが非常に多いです。だからこそうがいが大切と言われますが、うがいをしても鼻腔などにウイルスが残ってしまう可能性はあります。

うがいと併用して鼻うがいをすることで感染リスクをさらに下げることができるでしょう。鼻うがいは慣れるまではものすごく痛いイメージがありますが、やり方を覚えて慣れてくると全く痛みがありません。

コロナウイルス対策にも是非鼻うがいデビューをしましょう。

大切な予防策とは

マスク

コロナウイルスの対策はほとんどインフルエンザと変わりませんが、インフルエンザよりも猛威を振るう可能性があるので予防はしっかりと行いましょう。

予防策はインフルエンザと同じで大きく二つです。

人ゴミを避ける

通勤などの場合はどうしても仕方ないかもしれませんが人混みを避けるようにしましょう。有給休暇のがたまっている方はこの時期にまとめて申請して通勤での感染リスクを減らすことも大切でしょう。
しかし収束の見込みが立っていないため有給を使い切ったとしても世間が治っているとは言い切れないのが今の現状です。

だからこそプライベートのではできるだけ人混みを避けるようにしましょう。

手洗いとうがいの徹底

手洗いとうがいの徹底は非常に大切です。

手洗いとうがいは必ず外出から帰ったらすぐに行うようにしましょう。後でいいやと思って少し後にすることで部屋の中にウイルスを撒き散らしてしまう可能性もあります。
一人暮らしなら自分だけしか影響が出ませんが家族を持つ方は自分自身以外にも影響が出てしまいます。外から帰ってきたらまず手洗いうがいをしましょう。

ウイルスは乾燥すると蔓延しやすくなるので手洗いうがいで少しの湿度お肌や喉に与えるというのも感染リスクを避けるために効果があると言えます。

コロナウイルスまとめ

ミニ加湿器

コロナウイルス対策には間違った対策方法が非常に広まっていると言っても過言ではありません。

マスクをつけましょうと言っている企業もありますが効果はほとんどありません。効果があるマスクというのは今ではほとんど手に入らない状態です。 企業がマスクを推奨しているのにN95マスクを配らないというのでは本末転倒でしょう。

普通のマスクで感染予防を行うのであればコロナウイルスにかかっている人がつけることぐらいしかありません。感染している方がつけることで唾などが飛ぶのを防ぐのには有効です。

しかしまだ感染していない方が予防するのであれば手洗いうがいが最も大切と言えるでしょう。