Amazon Prime(アマゾンプライム)は本当に必要なのか?

スマホを操作金融系

Amazon Prime(アマゾンプライム)は似たようなサービスに比べ、非常に安価であると言えます。しかし、継続課金なので使用になれるとずっと使い続ける事になるとも言えます。

Amazon Prime(アマゾンプライム)というのは本当に加入する価値があるのか?という事とともに実はよく知られていないサービスも一緒にご紹介します。

加入しようかどうかで迷っている方は是非参考にしてみて下さい。

Amazon Prime(アマゾンプライム)とは?

スマホで買い物

皆様もご存知のAmazonが提供する月額/年額のサブスクリプションサービスがAmazon Prime(アマゾンプライム)です。2020年現在ですと月額が500円で年額だと4900円です。年額で支払うと2か月分お得ということですね。

特にこだわりがないのであれば年額で支払うようにしましょう。そちらのほうがお得ですし、月額で支払う必要がない理由として他のサービスに比べて比較的安いという点とサービスを利用していなければ返金して貰えるという二点があります。

つまりよほどの理由がなければ月額制でAmazon Prime(アマゾンプライム)に入る必要はないと言えるでしょう。

アマゾンプライムの無料体験はこちら

世界一の企業Amazon

スマートフォンとお金のマーク

今では株価で世界1位となっているAmazonですが、その中でも素晴らしいのがお客様のことを世界一大切にする企業ということです。つまりお客様が欲しがっているサービスならどんどん取り入れていくのは間違いありませんし、これからも使いやすいサービスがどんどん増えていくでしょう。

それも踏まえた上でAmazon Prime(アマゾンプライム)というのは加入価値があるのかと問われれば間違いなくあります。むしろこれだけのサービスを兼ね備えた上で年額4900円のサービスは他に類を見ないサービスといってもいいレベルです。

例えば大手の動画配信サービスであれば月に2000円程度かかるようなところもあります。もちろんAmazon Prime(アマゾンプライム)に比べると見られる動画は非常に多いですが、これからその差はどんどん縮まっていくことでしょう。

Amazon Prime(アマゾンプライム)は大きく分けると誰でも知っている既存のサービスと、既存ではあるがあまり知られていないサービスなどの二つに別れるでしょう。
どういうサービスがあるのかというのも順番に説明していきます。

既存のサービス

宅急便

お急ぎ便、日時指定便無料

おそらく一般の方がAmazon Prime(アマゾンプライム)に入って一番使うのがこちらの配送オプション無料というサービスではないでしょうか?お急ぎ便や日時指定便が無料ですので家をよく開ける方や、急いで荷物を注文する方には非常にありがたいサービスの一つです。

Amazonで何かを注文する時には無料でお急ぎ便を試しませんかと表示されるのが加入のきっかけになることも多いでしょう。

Prime Video(プライムビデオ)

Prime Video(プライムビデオ)もまだ本数は少ないですが無料で様々な映像作品が鑑賞できるサービスの一つです。動画配信専門のサービスに比べると少し映像の本数は少ないと思いますが、休日の暇つぶし程度であれば十分なぐらいの本数が揃っています。

Prime Video(プライムビデオ)のためにAmazon Prime(アマゾンプライム)に登録するという方は少ないかもしれませんが、配送オプションの使用などをメインに登録している方がPrime Video(プライムビデオ)もついでに使うという使い方であれば十分楽しめるでしょう。

Prime Music(プライムミュージック)

Prime Music(プライムミュージック)はプライム会員限定で使用可能な音楽ストリーミングサービスです。ダウンロードしてのオフライン使用も可能です。200万曲を超える楽曲が配信されており、追加料金なども一切無しで使用することができますのでプライム会員の方は是非使うべきサービスと言えるでしょう。

Prime Music(プライムミュージック)だけの使用でも音楽が聴き放題で月額500円と考えれば非常にリーズナブルと言えるサービスです。

Prime Reading(プライムリーディング)

Prime Reading(プライムリーディング)というのは本が読み放題のサービスです。Kindleなどの専門サービスに比べてしまうと少し本の量が少ないと言えますが、それは後にご紹介する意外と知られていないサービスの中に解決する方法があります。

Prime Reading(プライムリーディング)にも様々な本があり暇つぶしには最適と言えるでしょう。さらに今まで電子機器で本を読んだことが無い方が他の有料サービスを利用する前に試しに使ってみるという使い方でも非常に有用だと言えます。

Prime now(プライムナウ) / Amazon Fresh(アマゾンフレッシュ)

Prime now(プライムナウ) / Amazon Fresh(アマゾンフレッシュ)の対応エリアはまだまだ狭いですが、非常に便利なサービスですので対応エリアにお住まいの方はプライムに登録するべきともいえるでしょう。
Prime now(プライムナウ) / Amazon Fresh(アマゾンフレッシュ)対応エリアであれば対応商品を注文してから最短で2時間で自分の家に配達をしてくれるというサービスです。

欲しいアイテムがあるけれど買いに行く時間がない場合や家を開けられない場合でもすぐに届けてくれますので東京の対応エリアに住んでいる方は一度お試しください。非常に便利です。

先行タイムセール

Amazonは度々タイムセールを行いますが、Amazon Prime(アマゾンプライム)会員専用の先行タイムセールサービスがあります。数量限定の商品などもAmazon Prime(アマゾンプライム)会員であれば普通のユーザーよりも購入しやすいためどうしても購入したい商品がセールに乗っていたら会員登録を行いたくもなるでしょう。

タイムセールで得する金額だけでもAmazon Prime(アマゾンプライム)会員の月額代金を上回るぐらいお得な商品もあります。プライム会員に登録する登録しないに関わらずAmazonのタイムセールはチェックしておいた方がいいでしょう。思わぬ掘り出し物が手に入ることがあります。

意外と知られていないサービス

VRで遊ぶ少女

Twitch Prime

実は意外と知られていないサービスにTwitch Primeというものがあります。これはtwitch.tvと言うゲームのプレイ動画などを配信するためのサイトのプレミアムアカウントと考えていただけるとわかりやすいです。

ゲーム配信サイトではあるものの、Twitch Prime経由で無料でゲームを手に入れることができたり人気ゲームのゲーム内アイテムを入手したりという恩恵があります。代表的なゲームであればフォートナイトのアイテムなどを手に入れることができます。

それ以外にも自分の好きな配信者を無料でサポートをすることができる権利がもらえますのでゲーム好きな方にもAmazon Prime(アマゾンプライム)はおすすめと言えるでしょう。

プライムワードローブ

こちらも新しく始まったサービスであまり知らない方が多いのではないでしょうか?ワードローブというのは衣装などの試着サービスで、注文した商品を一週間程度試着してから購入するかどうかを決定することができます。

久しぶりに会う友人と会うときや、デートの前にワードローブで服を注文し着用してみるのもおすすめです。そこで衣装を褒められたり自分で似合っていると感じたのであれば購入すればいいですし、評判が良くなかったりに合わないと感じた場合は返品すれば無料で利用することができます。

あまり知られていないだけに利用している人はまだ少ないですが非常に便利なサービスなので一度試してみて下さい。

無料でいろんな服を試着してほしい服を購入することができるという非常に便利なサービスです。返送用の伝票やパックもついてきますので一切の費用負担なしで試着することができます。

Kindle本が月一冊無料

Prime Reading(プライムリーディング)だけでは少し物足りないと感じた方はあまり知られてませんが、 Kindle本の無料サービスを使用するのが良いでしょう。Amazon Prime(アマゾンプライム)に加入するとPrime Reading(プライムリーディング)で本が読み放題というのはご存知な方が多いですが、 Kindle本が月に一冊無料というのはあまり知られていません。

Prime Reading(プライムリーディング)で本を読んでいて他にも気になる本があったけれどPrime Reading(プライムリーディング)にはないという時に月一冊までKindle本が無料で読めるので非常に多くの候補から本を選ぶことができると言えるでしょう。私もそこまで頻繁に本を読む方ではありませんが月に数冊は読むことが多いです。

Kindleで月1冊読むだけであればAmazon Primeだけで読むことができますし、もっと色々な本を読みたいという場合は次の月までプライムリーディングで本を探せば追加料金なしで読み続けることができます。

まとめ

お金を持つ男性

様々な特典があることがわかったAmazon Prime(アマゾンプライム)ですが、家族会員サービスなどここでは書ききれないほどの魅力があります。サブスクリプションのサービスを何か考えているのであれば真っ先に登録すべきサービスの一つと言えるでしょう。

Amazon Prime(アマゾンプライム)はまさに生活を支えるためのシステムが揃っていると言っても過言ではなく登録し使いこなすだけであなたの生活の利便性を大きく引き上げてくれること間違いありません。

すべてのサービスを使用するのであれば完全にお得といえるサービスですが、どれか一つのサービスを頻繁に利用するだけでも月額分の価値はあります。

上に書いたサービスの中でよく使うものや使ってみたいというものがあるのであればAmazon Prime(アマゾンプライム)に登録してみましょう。

アマゾンプライムの無料体験はこちら