正しい耳掃除の頻度とは?掃除のしすぎは逆効果

耳かきの道具美容・健康

皆様はどれくらいの頻度で耳掃除をされますか?耳かきを使用したり綿棒を使用したりと様々な方法がありますが、どういった器具を使用して耳掃除をするのがいいのかということを解説していきます。

耳掃除は気持ちいいと感じる方が多いようですが実際に耳掃除を行うことでどういったメリットやデメリットがあるのかを考えていきましょう。

耳掃除の道具とは?

耳かき用道具

耳掃除の道具で一番おすすめは細めの耳かきでです。

耳掃除を行う道具として一番メジャーなのは綿棒でしょうが綿棒はあまり使用しない方がいいと言われています。綿棒自体がかなり太い形状をしているので耳の穴に入れた際に、ゴミや耳垢を耳の中に押し込んでしまうデメリットがあります。

耳掃除を行う際に使用するのであれば先の細い綿棒や小さめの耳かきを使用する方が比較的安全に耳かきすることができます。
そしてゴミを押し込んでしまうないためにも細めの綿棒を使うのであればさらに粘着性を持っている綿棒を使用する方がいいでしょう。

そしてもう一つ気をつけないといけないのが他人に耳掃除をしてもらうという行為です。
寝転がって耳を上に向けて掃除してもらうことがほとんどでしょうが耳かきなどで削り取った垢やゴミが耳の中に落ちてしまうということがほとんどです。
確かに大きな耳垢やゴミは耳かきで取り除くことができますが、周りの小さなゴミや見えないような垢は全て耳の中に落ちてしまいます。

他人に耳掃除をしてもらうのもメリットがありませんのでしないようにしましょう。

耳掃除を行うのであれば昔ながらの細めの耳かきを使用するようにしましょう。

耳掃除をする頻度はどれくらい?

耳かきの道具

耳掃除をする頻度は人によってそれぞれでしょうが実はする必要がありません。

耳垢やゴミは実は勝手に出てきますので耳掃除でわざわざ取り除く必要がありません。逆に耳掃除をすることで耳の中や粘膜を傷つけてしまう可能性を考えると耳掃除は行わない方がいいのです。
気持ちいいから耳掃除をしたいという方は2~3ヶ月に1回程度に抑えるほうがいいでしょう。耳掃除をしすぎることで耳を傷つけてしまう可能性を考えると頻度は少なければ少ないほうがいいです。

お風呂上りに毎日するというような形や、寝る前に必ず行うというような方は今すぐやめるようにしましょう。特にお風呂上がりの肌が柔らかくなっている状態で行うとさらに傷つけやすくなりますし、ベトベトしているせいでゴミが付着しやすくなります。
お風呂上がりなどの湿気がある際は絶対に行わないようにしましょう。また頻度としてもそこまで頻繁に行わないほうがいいですので、耳かきをする習慣がついてしまっている方は減らしていくようにしましょう。

健康にも美容にも悪影響のほうが大きいのです。

耳掃除はしないほうが良い

耳掃除する女性

結論としては耳かきはしない方がいいという事です。

耳かきを行うことで傷つく可能性はあっても綺麗になることはほとんどありません。耳かきで取れるような耳垢はどんどん生み出されてきますし、勝手に排出されるものでもあります。わざわざ自分の手で取るのをやめましょう。

そしてもう一つ間違った通説があり、耳が聞こえづらいなら耳掃除をしろという通説です。

耳垢が溜まりすぎて耳が聞こえなくなるということはありません。耳が聞こえづらくなったのであれば別の原因を調査するために耳鼻科に行く必要があります。
耳かきなどで炎症を起こして膿がたまって聞こえ辛くなったりという可能性はありますので、耳かきをよくする人の方がそういった危険性が高いのです。

耳かきが気持ちいいと思う方はさらに危険です。気持ちいいと感じる方は頻度も上がりますし、力を入れやすくなる上に1回の時間が長くなりがちです。

もしあなたが耳かきが好きなタイプであれば今すぐ頻度を落とせるように努力しましょう。

まとめ

綿棒

耳かきを行う事で綺麗になるよりも健康リスクが高いことが分かっています。

それでも綿棒や耳かきが売れているのは気持ちいいから行うという方が多いからではないでしょうか。絶対にやるなとは言いませんが頻度は下げるようにしましょう。
そして間違った知識で耳かきをすることで耳の状態が良くなり聞こえやすくなると考えていた方は、逆効果にしかなりませんので今すぐやめましょう。

お子様がいる家庭では耳かきをするのは厳禁です。逆に子供に耳かきは良くないと教えてあげるようにしましょう。