2020年のトレンド?CBDとは?

ストレスを抱える女性美容・健康

皆様はCBDという成分を聞いたことがありますか?今ヘルスケア業界で話題になっているCBDですが、日本ではそこまで良いイメージを持っている方がいません。さらに言うと知名度もほとんどありません。
原料が麻なので日本人には少し抵抗があるほうが多いからではないでしょうか?

日本人が悪いイメージを持っている大麻の成分ですが、なぜCBD製品が話題になっているのかを本日はご説明します。

CBDとは?

解放する女性

CBDとは大麻と同じ朝が原料の成分です。 正式名称はカンナビジオールという名前で自然療法によく使われる植物でもあります。 ストレスや不眠に効果があるため様々な国で医療用として扱われているCBDですが、日本ではまだまだ普及していません。
日本では大麻を栽培するのも免許が必要で、栽培量にも限界があるというのも大きな理由ではないでしょうか。

しかし、心を落ち着かせたり安定させる成分で満ち溢れており、正しい使い方をすれば非常に効果的な成分なのです。

日本でも麻の違法にならない部分から抽出されているCBD製品がいくつかありますので興味がある方はそういったものを使用するようにしましょう。
麻の成分にはCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分があります。
THCの成分が一般の方が想像するか今の成分なのでCBDには依存性も低く体に害を与えることもほとんどありません。

ではなぜCBDの効果とはどんなものかをご説明します。

CBDとは?どんな症状に効果があるのか?

悩む女性

発作性障害(てんかん)

てんかんは脳に異常な興奮状態が続いてしまうことが原因で起こる発作です。

CBDは異常な興奮を抑えることでてんかんの症状を抑えることができます。 いきなり発作を起こしてしまうと倒れてしまう可能性もあるてんかんの治療に非常に効果的と言われているCBDです。薬にも使用されることがありCBDの有効性は認められているのです。
発作の回数を抑えることができるため、てんかんの発作が多く悩まされている方には非常に有効な成分と言えるでしょう。

CBDは様々な症状に効果がありますが代表的な一つがてんかんです。

統合失調症

最新の研究で大麻が統合失調症に役に立つという風な記述を見かけますが、CBDが有効に働くおかげです。
依存性の高い大麻を使う必要はありません。

精神に起因するような病気には幅広く効果があると認められているので、海外では認可を出すところが増えてきています。統合失調症だけでなく、社交不安性障害などストレスを溜めやすい方にも非常にお勧めの成分の一つです。
代表として統合失調症を取り上げましたが、それ以外にもうつ病や精神病、アルツハイマーなど効果のある病気を挙げだしたらきりがないほど様々なものに役立つと考えられています。

そしてそれは病気の方だけでなく健康な方が他のストレス管理にも役立つと考えられヘルスケア業界でも注目されている成分です。

喫煙治療

精神を安定させる成分があるおかげで喫煙治療にも役立つのがCBDという成分です。

喫煙の習慣がある方が急に禁煙をしようとするとイライラしてしまうことも少なくありません。そのイライラを抑えるおかげで喫煙の習慣を抑える効果があります。
CBDを定期的に摂ることで喫煙の量が40%以上減ったという研究結果もあります。
受動喫煙防止法のおかげでどんどん喫煙者の肩身が狭くなっている昨今、禁煙したいと考える方も少なくはないでしょう。

禁煙したい方にも非常にお勧めの成分です。

CBDとは?どんな人におすすめ?

食事中の男女

CBDとは今まで説明してきたように精神に作用する成分です。

どうしてもストレスを溜めやすい方や、精神的な疲れが取れないような方に有効に働く成分です。現代ではソーシャルネットワークやコミュニケーションツールが発達しすぎたおかげで、対面のコミュニケーションが苦手な方も非常に多いです。
人間関係でイライラが募ってしまったりストレスが溜まってしまう方、CBD成分が入ったオイルなども市販されていますのでお試し感覚で使用するのも良いでしょう。

麻から取れる成分だからと敬遠している方も少なくはありませんが、もう一つの成分THCと違い依存症も高くありませんし、安全に使用できる成分と言えるでしょう。

医療現場でも様々な所に取り入れられ始めていますし、これからさらに注目される成分と言っても過言ではありません。

しかしCBDが注目され始めたのにはさらなる理由があります。

CBDとは?なぜ注目され始めたのか?

怒っている女性

CBDが注目され始めた理由は麻の品種改良のおかげでしょう。

麻の品種改良が進んだ結果CBDが多く含まれてTHCの含有率がかなり低い麻が育てられるようになりました。そのおかげでCBDが様々な分野に使用されるようになったと言っても過言ではありません。
医療用大麻、医療用大麻と言われていますが品種改良された麻であれば既存の医療用大麻よりもかなり安全に使用できるのも間違いありません。

麻の茎および種子それら由来の製品は除外されるという言うから日本でもCBD成分を利用したオイルなどを生成することは可能です。2020年に注目されるCBDはこれからどんどん製品が増えることでしょう。

最も注目される可能性の高い成分としてトレンドに乗り遅れないようにしましょう。

CBDとは?まとめ

悩む女性

現代社会でのストレスケアは必須です。

ソーシャルネットの発展でストレスが溜まりやすい人間が増えています。ソーシャルネット上にはキラキラと輝くような生活を送っている方々が露出しています。
そういったかと自分を比べてしまい落ち込んでしまう人間も少なくはありません。
様々なところに視点を向けてみると自分より楽しそうな生活をしている人ばかりが目に入ってしまう現代社会だからこそ、ストレスのケアをできる商品が非常に重要なのです。

2020年はCBDが注目される事は間違いないでしょう。ストレスに晒されていると感じる方は是非CBDオイルなどをお試しください。