温活!冬本番!冷え性の原因と対策グッズ最新

凍える女性美容・健康

もう冬本番が近づいてきました。この時期になると困るのが冷え性ではありませんか?

特に手足の指先などが冷えてしまうと動きたくなくなってしまいます。なぜ冷え性になるのかそしてどうすれば改善できるのかというのを順番に紹介していきます。

その中で実際に使ってみた冷え性対策グッズでよかったものも紹介しようと思います。

今年から痛いぐらいの冷たさにさよならしましょう。

温活!冷え性の原因とは?

凍える女性

血管の収縮

血管の収縮は冷え性にかなりの影響を与えます。 

血管が収縮し血流が手足まで上手く循環しないことで体が冷えてしまい冷え性へと繋がります。

元々血管が細い方もいれば、性活週間で細くなってしまう方もいらっしゃいます。

血流は普段からの生活習慣でないとコントロールできないので非常に大変に感じます。

しかし生活習慣を改善して冷え性を改善しなければ根本的な治療には繋がりませんので、頑張って生活習慣を見直しましょう。

筋肉の減少

筋肉の減少も冷え性の原因となる大切な要素のひとつです。

筋肉は動かすと熱を発してくれますし、動いていない時でも人間の体に熱を発生させる働きをしています。

つまり筋肉が衰えることで体温の調整がうまくいかなくなり冷え性に繋がってしまうということが多々あります。

筋肉は増やそうと思ってすぐ増えるものではありませんので生活習慣が大切です。

特に筋肉を減らしてしまうような行為は注意が必要です。

筋肉の減少に大きな影響を与えるのがダイエットや食事制限などです。

ダイエットや食事制限をしていると筋肉が衰えていくのでそのまま冷え性に繋がってしまわないように食事制限やダイエットをしていても適度な運動は必要です。

体を冷やす

体を冷やす行為も冷え性の悪化につながります。

人間は意識しないうちに体を冷やしてしまうことが多々あります。

例えば冬でもアイスコーヒーが好きだからといってずっと冷たいまま飲んでいる方は知らず知らずのうちに体を冷やしています。

それ以外でもスイーツが好きだからと冷たいシュークリームやアイスクリームを食べてしまうと体を冷やす事になります。

絶対に食べてはいけないというわけではありませんが食べる頻度や量には気をつけて食べるようにしましょう。

レタス、ナス、きゅうり、キャベツなどの野菜も体を冷やす効果を持っていますので、冷え性の方は摂り過ぎに注意しましょう。

温活!冷え性になりやすい習慣とは?

姿勢の悪い女性

喫煙

喫煙は非常に冷え性の原因になります。

そもそもは喫煙というのは血管を細くするというのが昔からの研究で分かっています。

血管が細くなることで血行が悪くなり冷え性につながってしまいます。

体が冷えやすいなぁと感じる方でタバコを吸っている方はぜひ禁煙することをお勧めします。

最近はヘビースモーカーの方も禁煙外来で保険適用で禁煙治療を行うことができますので、タバコをたくさん吸う方は一度相談してみましょう。

将来の美容や健康を考える上で喫煙というのはデメリットが非常に大きいです。

禁煙できるのであれば是非チャレンジしてみましょう。

運動不足

上で書いたように筋肉の衰えというのも冷え性につながりますので、できるのであれば毎日軽くでもいいので運動を行いましょう。

運動を行うことで衰えた筋肉が回復すると同時に血行も良くなります。筋肉が鍛えられるのと血行が良くなるのはどちらも冷え性の改善には欠かせない事です。

少しの時間でも良いので毎日運動を欠かさずに行うようにしましょう。
ストレッチなどの軽い運動やヨガ等もオススメです。

自分の体と相談しつつ無理のない程度の運動を行うように心がけましょう。

ストレス

ストレスも冷え性を悪化させる原因となりますストレスにより神経が乱れ血行が悪くなり冷え性が進行するという原理です。

ストレス解消のためには瞑想や運動が良いですが運動をすることが冷え性の改善に役立ちますので一石二鳥です。

ストレスが溜まってしまうと自律神経が乱れ、自律神経が乱れることで血行が悪くなり冷え性へとつながってしまうのです。

しかしストレス管理というのは慣れるまでは非常に難しいと言えます。

仕事なのでものすごくストレスが溜まるのであれば転職などを考えるのもおすすめです。

生きていく上で自分の体というのが一番大切なものですので、我慢しすぎる必要はありません。 

温活!冷え性を改善するために!

入浴中の女性

体を温める食べ物・飲み物を取る

体を温める食べ物を食べたり飲み物を飲むことは非常に冷え性の対策には効果的です。

根菜などが体を温めるのに非常に適していて、ごぼうや玉ねぎ山芋などの野菜を取るのは非常に良いことでしょう。 

さらにショウガやハチミツなども体を温める代表的な食べ物であり、ハチミツには風邪を防止する効果などもありますので寒い時期に取るには非常に向いていると言えるでしょう。

飲み物で言えばしょうが湯などもそうですがココアなども体を温める効果があります。

逆に氷を入れたコーヒーやジュースなど冷たい飲み物は避けるようにしましょう。

運動を行う

上でも聞きましたが運動をするというのが冷え性の対策には効果的です。

軽い運動からハードな運動と色々ありますが、一日数回の全身運動を行うだけでかなりマシになります。

わざわざジムに通わなくても自宅でできる全身運動がいくつかありますのでそちらの記事でご確認ください。

自宅以外でもウォーキング・ランニング・サイクリングなど外をぶらぶらするような運動も非常にオススメです。

特にデスクワークの方などは血流がたまりやすく冷え性になりやすいので外をぶらぶらすることでビタミンDの補給を運動を兼ねて行うことができます。

入浴する

入浴することも体を温めるのと同時に血流を良くする効果がありますので非常にオススメです。

お風呂の中でマッサージなどを行うことで効果はさらに上がります。いつでも入る必要はありませんが、寒い時期に体を温めるためにはお風呂に入ることが大切です。

入浴はそれ以外にもいぼ痔などの治療にも効果的ですので、余裕があれば入浴するようにしましょう。 

その時に体を温めるような入浴剤などを使用することができればさらに効果は倍増でしょう!

シャワーばかりの方もたまに入浴する習慣をつけるのは大切です。

温活!冷え性対策グッズ色々

手袋の画像

マスク+ネックウォーマー

最近ではネックウォーマーと共にマスクとして使えるアイテムが出ています。

かなり寒い中で歩くときや、喉の乾燥を防ぐためにマスクをして寝ている方にはかなり使いやすいアイテムです。

首までしっかり覆ってくれるので暖かい上にしっかりとマスクとして喉の乾燥なども防いでくれます。寝ている間にマスクが外れてしまう方や、本当に冷え込む地域の方は一度お試しください。

特に首から頭にかけての体上部が冷えやすい方にはオススメのアイテムと言えるでしょう。

首元から肩まで温める「マスクにもなるシルクネックウォーマー」

ショウガ系サプリ

冬場には生姜サプリは非常にお勧めです。

風邪の予防にも効果がありますし、冷え性の改善にも繋がります。

それ以外にも生姜には美容効果が非常に多く含まれていますのでまさに冬のためのサプリと言っても過言ではないでしょう。

生姜サプリは飲むと体がぽかぽかしてきますのでお風呂上りなどに飲むことで湯冷めも防ぐことができます。

お風呂上がりはいいけれど、少し時間が経つと指先が冷えてきてしまうというような方には生姜サプリが非常におススメです。

冬の救世主「ショウガオール」サプリ

冷え取り靴下

足の指先が冷えてしまう方に非常にお勧めと言えるのがシルクでできている冷え取り靴下です。

シルクでできている上に足首の締め付けが緩いので眠る時に履く靴下として非常にお勧めの商品です。

野蚕シルクと呼ばれる丈夫で軽くて柔らかく、保温性及び放湿性、防臭性に優れた特性シルクを使っているので履いたまま眠る事が出来ます。

私も足の先が冷えやすい体質ですので冬場は冷え取り靴下が手放せません。

指先が痛いぐらい冷える方は是非ご使用下さい。

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

温活!冷え性対策まとめ

ミネストローネ

冷え性の方は冬場の寒さにはどうしても悩まされてしまいます。

 

しっかり対策を行うことでかなり眠りやすくなります。

毎年毎年冷え性で悩まされている方はこの機会にしっかりと改善していきましょう。

 

冬本番に入る前に準備していくことでもっと寒くなった時にだいぶ過ごしやすくなります。

最近ではさまざまなグッズもありますので自分にあった冷え性対策を見つけましょう。