パチスロで勝ち続けるたった1つの方法と2つの手段

そもそもパチスロは勝てるのか?

よくこういった議論をされているのを見ますが、普通に勝てます。ただし勝ち続けるには一つのルールを守らないといけません。それは機械割が105%を超える台を打ち続けるという事です。
これは厳密に105%でなくとも良いのですが、105%にしたのには理由があります。パチスロは等価交換ではないので100%を打ち続けると負ける事になります。102%ではほぼ収益としてやっていけないぐらい低いので、私が目安としているのが105%ぐらいです。

105%の台を打ち続けられれば勝てますが、打ち続けるにはどうしたらいいかというのが一番難しいです。打ち続けるには二つの手段がありますがそれを見ていきましょう。

設定狙いをする

一つ目の手段は設定狙いです。パチスロには最大6段階の設定があります。それを使い分けているのですが、上の設定であればどの機種でも大体勝てるようになっています。

お店ごとに力を入れている機種というものが必ずあります(よほどの過疎店以外は)。
まずそれを探すのが一番大切です。そしてもう一つがそろそろ廃止されそうな気もしていますが、雑誌系のイベントを行っているかどうかも大切です。雑誌系の公約についてはこちらの下部をご覧ください。

そしてまず一番最初に貴方がやるべきことは店選びです。雑誌系のイベントをやるお店ならそのお店の朝の抽選人数を見にいきましょう。それだけでそのお店がいつもイベント時に出しているかわかります。20~30人しかいないならそのお店は雑誌の名前だけを利用して集客して利益に繋げようとしています。100人を超えるようなら対象機種だけは赤字になる覚悟で出しているお店のことが多いです。ただこれは私の住んでいる田舎になりますので、基準としては通常の日の5倍以上人数がいるかどうかを確認するのが良いと思います。
そしてもう一つ大切なのが一つのお店に固執しないという事です。数店舗行くお店を持っていてその中から選ぶようにしないといけませんし、その数店舗が全て雑誌のイベント系を行っているほうが望ましいです。

1.雑誌系イベントをやっている
2.稼働率がある
3.イベント時には出玉がある
4.抽選の人数がしっかり居る

次にやるべきことは台選びです。台を選ぶ時に重要なのはその機種はイベントの対象内なのか?という事と、そのイベントにお店が入れやすい機種というものがあります。
まず対象の機種というのはジャグラー系のイベントをやっているのにAT ARTの機械に座っても意味がないですし、逆もまた同じです。大切なのは好きな機種ではなく、出る機種を打つという事です。若い人間や、子役カウンターを使っている方が多い機種を狙うのが定石ですが、通っているお店ならいつも出ている台を狙うのも大事です。

基本的に本気のイベントをやっている所は5台以上の機種に入れる事が多いですが、対象機種が決まっているイベントの場合はその限りではありません。そしてもう一つ大切な事が貴方が台を取って打っていたととしても必ず周りを1時間に1回ぐらいは見に行くようにしてください。

対象機種が2機種の場合は、大体2機種が明らかになるとそれ以外の機種で高設定を掴むのは非常に難しくなります。つまり2機種が対象のイベントであれば、2機種が見えたら撤退しても良いぐらいです。その為にも周りはしっかり見るようにしましょう。

そしてもう一つが必ず設定看破は行いましょう。いつも強かったイベントが徐々に弱くなっていくのはパチンコ業界ではありがちです。6が数台入ってたイベントが2ベースで4を数台にするというのはパチスロ業界では全然あるので気を付けましょう。

1.お店がいつも入れている機種を見る
2.イベント対象機種を調べておく
3.イベント対象機種が見えて自分がそれ以外の台を打っていたら撤退する
4.設定看破は必ず行う

天井狙いをする

もう一つの手段が天井狙いをするという事です。天井狙いのラインはこちらをご覧ください。そしてこれは大分高めに設定してますので、貴方の状況次第で少しラインを下げても大丈夫ですが、下げすぎには注意して下さい。天井狙いで大切なのはお店の状況を知る事が大切です。

天井狙いをするのに大切なのは稼働がありすぎず、過疎過ぎないお店を選ぶことが大切です。
稼働がありすぎるお店だと、天井が狙えるような台が空いた瞬間に埋まってしまうので取れない事が多いです。なので適度に人はいるけど多すぎないお店を選びましょう。

もう一つ大切なのはそのお店のリセット状況を知りましょう。リセットするお店かどうかが分かれば狙える幅が増えます。ただ失敗した時は痛い目を見る事も少なくないので、慣れるまでは当日でゲーム数が回っているものだけを狙いましょう。

1.人が多すぎないけどある程度居るお店を狙う
2.店舗一つに拘らず何店舗かを巡回する
3.どうしても何もないときは帰るか、待機する
4.リスクのある行動を減らす

まとめ

どちらの手段にもそれぞれのメリット・デメリットがあります。大切なのは貴方の周りの状況に合わせて合っている方の手段を取るという事です。

設定狙いは
1.取れれば安心して打てる・その反面取れなければ打つものがない
2.最高設定を取れた時のリターンが大きい・赤字になる台を打つリスクがある
3.設定確定演出が出れば判別しなくていい・設定が確定しないと判別する必要がある
天井狙いは
1.取れれば期待値はあるので考えず打てる・見つからない時も多い
2.生活が出来るぐらいには稼げる・情報過多の時代でライバルが多い
3.投資が少なくて済む・リターンが全然取れない時もある
というメリットとデメリットがあります。
それ以外にも目立ちすぎると出入り禁止になるリスクもあります。
スロットで稼ぐなら他の客と同じようにふるまってはいけません。
貴方はお店の利益にならないのですから、お店側が邪魔だなーと思ったらいつでも出入り禁止にされます。特にルールを破る行為をしてはいけません。
かけもち遊技・会員カードの使い回し・出メダルの必要以上の共有
全て出入り禁止のきっかけにされてしまいますので気を付けましょう。

コメント