ドローン入門!選び方から仕事まで

ドローンと夕日ガジェット

ドローン入門【ドローンとは?】

ドローンと夕日

ドローンとは皆様がイメージするのは空を飛ぶおもちゃのようなものをイメージする方が多いでしょう。

しかしドローンは日々進化していて様々なドローンが今日では発売されています。

そしてドローンを飛ばすのに免許は必要ないので購入すればその日から誰でも飛ばす事が出来ます。
飛ばす際にいくつか守らなければならない 法律はあるので注意しましょう。

空中に止まらず水中を潜れるドローンまで発売されていますので色々なことに使用できます。

こんなドローンがあってどういう風に使われているのか?どういうドローンを選べばいいのか?というのが分かりやすいようにまとめてみました。

さらにドローンはこれからどうなっていくのかという部分も取り上げてみたいと思います。 

ドローン入門【ドローンの種類や選び方】

ドローンを持つ人

撮影用ドローン【空】

最近主流のドローンはこちらのカメラ搭載型の空中ドローンです。

空から記念写真を撮ったり、建物の写真を撮ったりと今まではヘリコプターなどを利用しないと取れなかったアングルからの撮影が可能になりました。

個人でヘリコプターをレンタルするのは多額のお金が必要ですが、ドローンであればヘリコプターレンタルよりも安い価格で購入することが可能です。

ドローンの操作に慣れているだけで今までと一風変わった記念写真などが撮影できますので、非常に新鮮な気持ちで写真撮影ができるでしょう。

カメラが趣味な方には特におすすめで自分がよく飛ぶ風景が、空から撮るとどういう風景なのかと見比べたりするのも面白いです。

撮影用ドローン【水中】

最近たまに見かけるようになったのが水中用のドローンです。

水中用ドローンとは海辺の近くに住んでいる人には特にオススメで、海の中を撮影することができるので様々な魚を見ることもできます。

それだけでなくよく通る道の近くにある海の中やサンゴが綺麗な場所ではサンゴの撮影などにも使えます。

泳げない方でも水中が見られるというので最近では使う方も増えてきています。

そしてもっとおすすめなのがダイバーの方です。

自分たちがダイビングをする地点の周りを先にドローンで下見をすることでどういうものが見られるかであったり、予測できない危険がないかなど様々なものを調査することができます。

まだ水中用ドローンは持っていない方も多いですが、そこまで高価なものでもないので海によく行く方は是非購入を考えてみてはいかがでしょうか。

レーシングドローン

一般人が今まであまり使用することがなかったのがレーシングドローンです。

なぜ一般人が今まであまり使わなかったかと言うとレーシングドローンを使えるような競技場が非常に少なかったからです。

しかし最近ではドローンを早く飛ばすための競技場や正確に操作するためのアスレチックなど様々な競技場があります。 

ドローンの操縦技術を上げるために様々な施設もできてきました。

そういった背景もあり一般人でもレーシングドローンなど早く溶かすようなものを購入しやすくなった背景があり最近よく売れるようになりました。

一度ドローンを早く飛ばしてみたいと思う方はぜひお試しください。

物資輸送用ドローン

仕事の現場でも使うことができるドローンは輸送用のドローンです。

市販のドローンではまだ3kgから6kg程度の重量の物しか運ぶことができませんが、高所作業の方にツールを届けたり小さい材料を届けたりする際にはドローンは非常に効果的に働いてくれます。

それ以外でも道具を運びづらいところやビルからビルへの移動など様々なところで輸送用を取ろうというのは役に立ちます。

想像してみてください。

あなたが仕事中にこの道具をこっちまで持ってきてと言われた時にそれが非常に時間がかかったり、階段の上り下りが必要であったりという風なシーンであればすべてドローで代用できます。

輸送用のローンは仕事にも使えるので持っておいて損はありません。

ドローン入門【ドローンを使用する注意点】

ドローンとリモコン

周辺に注意しましょう

ドローンを飛ばす時は必ず周辺に注意することを忘れないようにしましょう。 

ドローンにはまだ危険なイメージを持たれている方が非常に多いです。周りに注意してお子様が多いところでは飛ばさないようにしたり物が多いところでも慣れるまでは飛ばさないようにしましょう。

事故起こしても車ほど大惨事にならないとは言え怪我をしたりトラブルの元になったりすることもありますので周辺確認は怠らずに行いましょう。

ドローンという様々な物事を便利にする道具で他の方に迷惑をかけてしまっては意味がありませんので注意しましょう。 

慣れていない地形に注意しましょう

ドローンの操作に慣れてきたとしても、飛ばすのに慣れていない地形には注意しましょう。

人間の目で見るのとドローンを操作してみるのでは少し差がありますので一見簡単に飛ばせる地形に見えても難しいことがあります。

初めて飛ばすような地形では細心の注意を払って操作し始めましょう。

ドローンの事故は車の事故よりは起こりづらいとはいえ注意をするに越したことはありません。

法律にも注意しましょう

ドローンを飛ばす時の注意

http://www.mlit.go.jp/

ドローンを飛ばす西条法律は国土交通省が出しているポスターを一度確認しましょう。

上のポスターになりますが非常にわかりやすく書かれています。

それ以外でも自治体で細かく規定しているところもありますので飛ばして大丈夫か心配であれば一度調べる必要があります。 

今日的には当たり前のことですが危ないところで飛ばしてはいけませんということですので、しっかりと守るようにしましょう。

そして法律では規制できないモラルの部分でも危ないと思う場所では自粛するようにユーザーが気をつけるようにしましょう。

保険も考えましょう

ドローンにも車と同じような様々な保険があります。

ドローンの操作ミスで何かを破損させてしまったりした場合の賠償責任を補うための保険や、機械が壊れてしまったり盗難にあってしまった際の本体保険などもあります。

ドローンは操作に慣れるまで少しの時間を要しますので操作が不案内では保険を使用するのがおすすめです。

それ以外にもドローンを使った仕事やアルバイトなどを行うのであれば必ず保険は使用するようにしましょう。

人や物がほとんど存在しない空間で遊ぶ程度にドローンを飛ばす方はそこまで必要性を感じないかもしれませんが、様々なところで飛ばす方は是非保険の利用も考えてみましょう。

ドローン入門【ドローンを使う仕事】

ドローンを使う仕事は?

今現在でもドローンを使う仕事は様々なところで出てきています。

操作に慣れている方であればどなたでもできるような仕事が多いですが、初心者には少し難しいものもあります。

ゆくゆくは人の手でやっていたものがドローンに置き換わる部分もありますので操作に慣れていることは無駄にはなりません。

今でもドローンを使える方の求人は色々と出ています。

その中でも代表的なものを挙げるとしたらよく募集されているのは二つでしょう。

撮影の仕事

ドローンでよく募集されている動画撮影の仕事です。

記念写真の撮影であったり、建物の撮影であったりと被写体は様々ですが基本的にはドローンを操作して空から撮影するという手順を踏みます。

しかし大手企業ではドローン操縦士を募集するのではなく、測量士などが兼任しドローンを操作し撮影をすることが多いです。

自分がフリーで仕事をしたいのであれば記念撮影やデザインの写真であったり、映像作成等の仕事であればフリーで請け負うことも可能でしょう。

ドローンでの撮影はそこまで技術を必要としないので取り組みやすい反面、仕事も取り合いになることも少なくありません。

農薬散布の仕事

農薬散布の仕事も一般求人として最近増えてきています。

ドローンでの農薬散布は非常に効果的で、広い範囲にまんべんなく撒くことができるので様々なところで活用され始めています。

特に広い畑や高低差が多いだんだん畑などではドローンでの散布が非常に効果的です。

しかし地方に行けば行くほどドローンで農薬を散布するような方々が少ないのも事実です。

なので農家が多い地域に入ってドローン散布一件いくらでというのをまとめて請け負うことで収入源を確保することもできるでしょう。

1件ずつやるのではなく近くの農家の方にも声をかけて今なら一緒にやるので安くしますよという風にサービスを定着させることで収入をどんどん伸ばしていくことも不可能ではありません。

そして地方の農家の方などは一度信頼してくださると何度も依頼してくださるので早めに営業をして信頼を獲得するのが非常に大切です。 

ドローン入門【ドローンのこれから】

ドローンをよく使う方で気になるのはこれからドローンを使用できることでどういうことができるようになるのかということではないでしょうか?

今からドローンの操縦技術を学ぶことでどういった仕事を獲得できるのか?どういった分野で活躍することができるのか?ということはみんなが気になっていることでもあります。

動画や映像としての発展

動画や映像としての発展はこれから一番伸びる分野でしょう。

例えばスポーツの分野で言うと、サッカー観戦や野球観戦などの映像を真上から全体が写るように撮影し画面の隅に表示するなど、全体を見ながらメイン画面で細かい部分を楽しむという方法が使えます。

YouTuberなどが行う対決動画などでも空撮で、空からの動画を見せることで全体をわかりやすくすることや、他の方が取っている動画と差をつけるというようなことも行えます。

例えば釣りの動画も陸から撮影していると魚影が映るのが非常に遅いですが、釣り糸を追うようにドローンを操作することで迫力ある映像に変わるでしょう。

操作技術を磨けば磨くほど今までとは違う動画が作れるというのも大きな特徴でしょう。

競技としての発展

ドローンはこれから新たな競技としても発展していくでしょう。

自由自在に空を飛び回るという機械が今まで身近になかった人間としてはドローンが自由自在に飛び回る様を見ると興奮するのは当たり前でしょう。

ドローンレースもこれからルールが制定されてどんどんと発展していくでしょうし、アスレチックレースなどになればさらに操縦技術が必要になりますので一般人にもわかりやすく見ていて楽しいでしょう。

それ以外にも様々なドローンが出るたびに新しいレースや競技などが出てくるでしょう。

ドローンがサッカーを行う未来もそう遠くはないかもしれません。

仕事としての発展

今は撮影や農薬散布などが主になっているドローンでの仕事ですがこれからはもっと幅広くなっていくことでしょう。

ドローンが発展することでドローンができることが増えてきますのでその分操縦士も必要になってきます。

そしてドローンの操作が非常に上手い方であればドローン操縦の講師なども務まるでしょう。

これから需要が伸びていく産業で活躍してみたいという方はドローンの勉強をしてみるのは非常におススメです。

しかし初心者がいきなりドローンて生計を立てるのは難しいので勉強をしながら少しずつ仕事や営業を行うほうがオススメです。 

ドローン入門【まとめ】

今回はドローンについて紹介しましたが、ドローンは誕生してまだ年数が浅いように感じますが実に数十年の時間を要して開発されています。

個人が使えるようになったのがつい最近ということですが、これからドローンが増えることで様々な規制も増えていくことが考えられます。

なぜならば世界に存在する様々な企業がドローンを飛ばし始めた時、国は個人が企業のドローンを邪魔することで利益を損なうということを恐れ始めるからです。

そうなった時にどういった形がドローンを使えるかと言うと昔から使っていてドローンの操縦が上手いことを前提とした資格や免許が出てくることも想像できるでしょう。

そうなった時には今のように誰でもドローンを飛ばすということが難しくなってしまいます。
だからこそ、免許や資格がない今の間に少しでもドローンを使う事に慣れておきましょう。

しかしドローンも安価な物ばかりではありませんし、月に1回程度しか飛ばせないという方はレンタルで済ませるのもありです。

最近では様々なガジェットをレンタル出来るショップもありますのでそちらも見て見ましょう。