絶対意識すべき!歯周病ケア!【ツールから歯磨き粉まで】

歯並びのいい画像美容・健康

あなたは自分が歯周病かどうかご存知でしょうか?

実は日本人の中年以上の方は8割の方が歯周病にかかっていると言う事実があります。

この中には自覚症状がない方も非常に多く、歯周病は痛みなどもなく進行していきますので気づかないことも非常に多いです。

歯周病をケアすることは生きていく上で必須なのです。。

私も昔はかなりひどい歯周病でした。りんごを噛むだけで歯が出てしまうほどの歯周病を持っていましたが、自宅でのブラッシングを徹底しながら歯科医に通って歯石などを取ることでかなりましになりました。

  • 絶対意識すべき!歯周病ケア!【必須の4つのアイテム】
  • 絶対意識すべき!歯周病ケア!【歯磨き粉を選ぶポイントは2つ】
  • 絶対意識すべき!歯周病ケア!【ブラッシングはいつすればいいの?】
  • 絶対意識すべき!歯周病ケア!【便利なアイテム】

私が使ったアイテムや歯科医に教えられた物を上記の順番で紹介します。

絶対意識すべき!歯周病ケア!【必須の4つのアイテム】

歯ブラシの画像

歯周病ケア必須のアイテム【歯ブラシ】

歯ブラシはおそらく誰しもが毎日使うものですが選び方にはちょっとしたコツがあります。

二つのポイントさえ押さえて歯ブラシを購入することでほぼ間違いなく選ぶことができるでしょう。

では歯ブラシを選ぶ二つのポイントとは何なのかをご紹介します。

ヘッドが小さいものがオススメ

ヘッドと呼ばれる歯ブラシの先端が小さいものが特にオススメです。

歯ブラシのヘッドが大きいと細かいところが磨きづらくなってしまったり奥歯までしっかりと歯ブラシが入らなかったりすることがあります。

磨き残しを減らしきれいに磨くためにはできるだけヘッドが小さいものを選ぶことが重要です。

ヘッドが小さいだけでものすごく歯を磨きやすいので、今まで大きいものを使っていた方は歯ブラシを変えるだけでかなり綺麗に磨くようになることがあります。

色々なツールを使って磨く方は多少大きめでも大丈夫ですが、歯ブラシだけでキレイにしたい方はできるだけ小さいものを選びましょう。

ギザギザになっていないものがオススメ

歯ブラシのブラシがギザギザになっているものはお勧めしません。平らなものを選ぶようにしましょう。

ギザギザになっているものは尖っている部分が歯に当たって凹んでいる部分がうまく歯の隙間に入らなかったりと磨き残しが出やすい作りになっています。

逆に歯にうまく当たると尖っている部分が歯茎を傷つけてしまうこともあります。

平らなものであれば磨き残しが少なくさらに歯茎を傷つけることも少ないので非常に使いやすいと言えるでしょう。

歯周病ケア【歯間ブラシ】

歯間ブラシは歯の間と間を磨くためのブラシです。

歯並びがいいから一応ないという方もいらっしゃるかもしれませんが細めの歯間ブラシを買って試してみるとわかりますが、歯並びが良い方でも根元にはブラシが入ります。

ブラシが入るということは歯垢もそこに溜まっているということです。

自分の歯並びが良いと感じている方は少し小さめの歯間ブラシを購入しましょう。逆に歯と歯の間に隙間があると感じる方は少し大きめのものを買うほうがいいでしょう。

一番いいのは小さめのを一本と普通ぐらいの一本と2本ぐらい居る方が便利でいいでしょう。

なぜなら隙間が広い部分と狭い部分があるのでどちらも同じブラシを使ってしまうと磨き残しが出てしまうことがあります。

何本か購入できるのであればサイズが違うものを購入しましょう。

歯周病ケア【ワンタフトブラシ】

日本ではあまりメジャーではありませんがワンタフトブラシというブラシがあり、歯が綺麗な方はほとんどのかたが使われています。

歯ブラシとは全然違う小さいブラシなのですが、歯が重なり合っている部分や歯の根元など細かい部分を磨くことができます。

特に歯並びが悪い方で普通の歯ブラシでは隙間が磨けていないという風に感じる方などはワンタフトブラシを買うべきです。

ヘッドがかなり小さいですので非常に細かい部分を磨きやすいのが特徴です。

私も下の歯がガタガタなので下の歯を歯ブラシで磨いた後には必ずワンタフトブラシを使って仕上げるようにしています。

歯周病ケア【デンタルフロス】

そしてデンタルフロスも必ず家には置いておくべきです。

どうしてもブラシが入らない歯間にはデンタルフロスが必要です。誰しもブラシが絶対に入らない部分が出てきますので一日一回はデンタルフロスを通すようにしましょう。

特に歯が重なってしまっているのである方はブラシが入っていないことが非常に多いです。

デンタルフロスを通さずに長い間放置してしまうとそこに歯石ができてしまうことがあります。

必ずこまめにデンタルフロスを通すようにして歯石が固まらないように取り除くようにしましょう。

歯周病ケア【ブラッシングのコツ】

ブラッシングのコツはブラシを細かく動かすことです。

一番いい方法は一本ずつ磨く気持ちで細かく動かしながら徐々に横にずらしていくという方法です。
さらに歯ブラシの角度も少しずつ変えながら磨くことで歯の表面から歯茎まで綺麗になっていきます。

お子様などにもありがちなのが面倒くさいからといって左から右まで一回で磨こうと大きくブラシを動かすことがあります。
しかし大きく動かしてしまうと歯と歯の間にブラシが入らないので磨き残しだらけになってしまいます。

必ず細かく動かしながらずらしていくというふうな意識を持ってブラッシングをしましょう。

これは歯ブラシだけでなく他の歯間ブラシやワンタフトブラシを使っている時も同じです。

絶対意識すべき!歯周病ケア!【歯磨き粉を選ぶポイントは2つ】

歯磨き粉の画像

歯磨き粉を選ぶポイントは研磨剤

歯磨き粉を選ぶ際にまず大切なのは研磨剤です。

そして研磨剤と言っても研磨剤が入っているものを選ぶということではなく、できるだけ入っていないものを選ぶように心がけましょう。

長い間研磨剤入りの歯磨き粉で磨き続けてしまうと歯のエナメル質まで削ってしまうことがあります。

これが知覚過敏につながることもありますし、長い間使っていると歯が汚れやすくなってしまうこともあります。

ではなぜ研磨剤が入っているのか?ということですが歯の着色などを落とすのには研磨剤は非常に効果的です。

歯が黄色くなってしまったりしないように研磨剤で磨き上げるということです。

しかし使いすぎてしまうと逆効果なので週に1~2回程度研磨剤入りの歯磨き粉を使うようにしましょう。

普段使いは研磨剤が入っていないものを選んでください。

歯磨き粉を選ぶポイントはフッ素

次に大切なのがフッ素です。しかしインプラントを行っている方は例外になりますのでご注意ください。

フッ素は虫歯・歯周病予防に非常に効果的です。
ブラッシングと共に虫歯・歯周病予防をしっかりと行いたい方はフッ素が配合されているものを選ぶようにしましょう。

フッ素が危険というような記事もいくつか出ていたりはしますが、心配する必要はありません。フッ素の歯磨き粉をまるまる飲んだりしなければほとんど人体には影響がありません。

そもそもフッ素反対派の方々が様々な写真を持ってきたりしますが、そういうのは歯磨き粉ではなくもっと濃度の高いフッ素を使った写真になります。

市販の歯磨き粉のフッ素であればあいった問題が起こることはありません。

逆に虫歯予防に役に立ってくれるので積極的に使うようにしましょう。

絶対意識すべき!歯周病ケア!【ブラッシングはいつすればいいの?】

夜の画像

理想は食後に必ず行う事、しかし一番大切な時間は夜

実はあまりご存じない方が多いのですがブラッシングを一番丁寧にするべきは夜です。

人間は寝ている間口の中が乾燥しやすい生き物です。

そして乾燥していると病原菌が増えやすい状態になってしまいます。

つまり一番虫歯が増えやすいのが夜寝ている時間ということなのです。

だからこそ夜寝る前はしっかりとブラッシングをしなければなりません。

たった数分の作業があなたの将来の方をしっかりと守ります。 

夜には絶対全てのツールを使おう

夜はできるだけ全てのツールを使いましょう。

歯ブラシを丁寧にするのは当たり前なのですが、夜は虫歯が増えやすい時間帯になりますので歯間ブラシを通しデンタルフロスを使うようにしましょう。

口内環境にもよりますが少しだけ磨き残しがあるだけでも虫歯になってしまう方もいらっしゃいます。

朝昼の2倍ぐらいの時間をかけて丁寧に磨き上げ、食べかすや歯垢が残らないようにしましょう。

それ以外でも様々なツールを使うのは虫歯・歯周病予防どちらにも効果的です。

歯間ブラシやデンタルフロス以外にもさまざまなツールがあるので使えるのであれば購入を考えてみるのも良いでしょう。

絶対意識すべき!歯周病ケア!【便利なアイテム】

音波ブラシ

歯周病ケアに便利なアイテム【洗口液】

フッ素入りの洗口液なども虫歯・歯周病予防には非常に効果的です。

しかし気をつけて欲しいのがあくまでブラッシングの後に洗口液を使うことで効果が出るということで、洗口液だけで虫歯を予防することはできません。

あくまでブラッシングを丁寧に行いその効果を助けるというのが洗口液の効果です。

ブラシがどうしても入らないようなところにもしっかりと洗口液が入り込むので、歯をフッ素でコーティングしたい方は洗口液がおすすめです。

洗口液にも様々なものがありますが、あまり刺激の強すぎないものを選ぶ方がいいです。

歯周病ケアに便利なアイテム【音波ブラシ】

実は音波ブラシもブラッシングを行う上で非常に強力なアイテムです。

なぜなら毛先の振動で音波を発しブラシが届かない所の汚れも落としてくれるのが、音波ブラシの大きな特徴です。

つまりブラッシングが苦手な方でも普通の歯ブラシに比べると比較的綺麗に磨くことができるのが音波ブラシの特徴です。

しかしこちらもあくまで補助的な機能であり適当に磨いても歯が綺麗になるということはありません。あくまで自分たちで歯ブラシを細かく動かして磨いていく必要があります。

普通の歯ブラシでうまく磨けない方は音波ブラシを是非お試し下さいませ。

音波ブラシでもいいものを使うと磨いた後の歯がツルツルになるのですごくわかりやすいです。 

歯周病ケアに便利なアイテム【U型ブラシ】

U字歯ブラシはブラッシングが苦手な方がブラッシング前に使うことを非常におススメしたい商品です。

商品名は色々ありますがU字歯ブラシやマウスピース型歯ブラシなどと呼ばれます。

どういった商品かと言うと加えるだけで電動で自動的に歯を磨いてくれるという商品です。

歯を全体的に綺麗にしてくれるのでブラッシングが苦手な方がブラッシングする前に使用することである程度キレイにしてくれます。

しかし歯並びなどにもよりますが細かいところまではブラッシングできませんので、仕上げの時に細かい部分を自分で磨く必要があります。

ブラッシングが本当に苦手で磨いているつもりになっているような方よりは綺麗に磨けるのでブラッシング前に一度使うのをおすすめです。

歯周病ケアに便利なアイテム【キシリトール】

キシリトールも虫歯・歯周病予防に非常にお勧めのアイテムです。

キシリトールは唾液の量を増やしますので口の中をきれいに保つ効果があります。

しかしブラッシングのような口の中をきれいにする効果はありませんので、あくまでブラッシングを効果をあげるもんだと考えてください。

しかし寝る前の口が渇きやすい時などにキシリトールのタブレットなどで唾液の量を調整してから睡眠をとるのは非常におススメです。

それ以外でも普段ガムを噛む方はキシリトール入りに変えてみたり、キシリトールタブレットに変えてみるのも良いでしょう。

キシリトールで唾液の量を増やすだけで虫歯・歯周病予防につながります。

絶対意識すべき!歯周病ケア!【まとめ】

中年以上の成人が8割以上かかっている歯周病ですがあなたは自分の歯に自信がありますか?

放置していると歯がぐらついて抜けてしまうだけではなく、口臭などにも影響が出てきます。

最近では歯が抜けてもインプラントがあるからいいという方もいらっしゃいますが、ブラッシングに慣れていないとインプラントを行ったところで金属が溶けてしまい台無しになってしまいます。

ブラッシングの技術を身につけるというのは一生もののことなので、歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシも使う曲をしっかりとつけていきましょう。

歯が綺麗なだけであなたの印象もガラッと変わります。

綺麗な歯を維持するためにも色々なものを試してみましょう。