禁煙するならコレ! 禁煙方法3選

禁煙ガジェット

2020年の4月から屋内がほぼ禁煙が施行。
受動喫煙を防止するために大きめの飲食店等を含む店舗などが屋内がほぼ禁煙になります。個人経営の物凄く小さいお店等は別としてたばこを吸える場所はほぼなくなると言えるでしょう。
その為にも今からしっかり禁煙に向けて準備しないといけません。

確かに今はまだ田舎では歩きタバコ禁止区間も少ないですし、禁煙よりも喫煙できるお店のほうが多いでしょう。
しかし、それが一気になくなってしまった場合に屋外の歩きたばこ等をされる方が増えてくる可能性があります。
そういった方が増えてくると喫煙者の肩身はどんどん狭くなります…。

更に禁煙すると経済的にお金も浮く部分が出来ますし、更にスモーカーズフェイス等のデメリットもあります。

私が禁煙した時に使ったツールをいくつか紹介したいと思います。

キシリトールタブレット

一つ目はキシリトールタブレットです。特にキシリトールである必要はないのですが、どうせなら他のケアも出来るもので…という事で!

禁煙するときに一番感じる事が多いのが口元が寂しいという事でしょう。
それを解決してくれるのがタブレットです。ミンティア等でも良いですし、乳酸菌タブレットなどでも良いと思います。

私はたばこを吸うタイミングがある程度決まっていたので、そのタイミングをタブレットに変える事でかなり吸いたい気持ちが収まりました。
例えば
・食後
・お風呂上り
・仕事がひと段落した時
等の気持ちの切り替えのタイミングに吸っていたのでそちらをタブレットに変える事にしました。
私が禁煙したのが4年ほど前になりますが、そこから一本も吸わずに生活しています。

VAPE

VAPEは禁煙するのに非常に向いているように私も感じています。
VAPEは電子タバコなのですがニコチンやタールも0なので役立ちます。

たばこの依存性は二つあります。その二つさえ取り除くことが出来たら禁煙というのは成功します。
一つ目はニコチンという物質です。ニコチンが体内から消えかけると摂取したくなる!というのがタバコの欠点でしょう。ここでニコチンを再摂取してしまうと一生やめられないでしょう。しかしニコチンというのは実は3日程度経つとほとんどなくなっています。
つまり3日間我慢すればニコチン中毒は何とかなります。
二つ目が一番大きいのがですが、タブレットの項目でも書いた習慣性です。
私はそこまで運転を頻繁にしなかったのですが、例えば渋滞に巻き込まれたり長い信号待ちになるとどうしても吸いたくなります。
そんな時にたばこではなくVAPEを吸うようにすれば上記の二つとも解決する事が出来ます。

電子タバコに変える事により紙たばこやニコチン入り電子タバコをやめられた方は多数いらっしゃいます。TwitterなどでもVAPEに変えてからたばこを吸わなくなった方もいらっしゃいますし、インスタ等でもVAPEはすごく流行っています。
逆にタバコが流行らなくなりました。

VAPEにはニオイ・お金なども含めて様々なメリットがあります。
禁煙する事には今ではメリットしかない世の中です。
今でも喫煙室で取るコミュニケーションなどがあり、仲間意識が芽生えていいという方もいらっしゃいますが、そのうち逆になります。
たばこを吸っている間に部署内の会話に付いていけないというようなケースもあります。

禁煙するなら是非VAPEを

更に最近では体・美容に良い電子タバコも出てきています。名前は違いますが電子タバコの一種です。

宣言する

私が一番効果があったのがこちらでした。

宣言するというのは非常に有効な方法です。

こちらの方法で 禁煙に成功された方は非常に多くいらっしゃいます。

なぜ宣言するというのが効果的かと言うとほとんどの人間は見栄を持っています。

つまりできるだけ自分の格好悪いところを見せたくないという心理です。

それを逆手にとって「禁煙する」「これから一本も吸わない」ということを宣言することが大事です。

特に自分が格好悪いところを見られたくない相手に宣言することが非常に大切です。

効果的な相手としては恋人であったり会社であれば部下であったり自分ができるだけいいところを見せたいと思う相手に宣言すれば効果的です。

私は会社で中間管理職として働いていたので多数の部下がいる前で私は禁煙するという事を皆に告げました。

それからタバコが吸いたくなった時でも部下にバレるとさすがにちょっと気まずいなぁという気持ちが非常に強くなり吸う事がなくなりました。

今までどんな道具を使っても止められなかった方はこういった心理的なアプローチも非常に有効です。

自分が見栄を張りたいと思う相手にこそ禁煙するということを宣言しましょう 。