アフィ6.SNSはこれを使うべき!

SNSはどれを使うべき??

SNSも種類がものすごく増えてきました。把握出来ないぐらい多くなったSNSでどちらを使うのがいいのかを一度考えてみようというのが今回の企画です。

SNSは使うべきなのかどうか?とたまに言われますが、絶対に使うべきですね。SEOが最適化出来なかったとしてもSNSを上手く使う事により固定のユーザーを付ける事が出来ます。固定ユーザーを付けるのがなぜそんなに大切なのかというと、まとめサイトを運用している方はRSSというものを使っています。これは他者のサイト(主にアンテナサイト)に自分の記事を表示するものですが…。大手からRSSを外されたら収入が0になりました。という方も多数いらっしゃいます。

つまり自身のブログのリピーターは自身で作らないといけない中で自分がどんな人間か知ってもらう為にもしっかりSNSで自分の情報を発信していくべきです。

Youtuber等にも言える事ですが、人間は管理している方の顔などが見えるだけで安心する方も多いです。私も人並みの顔であればSNSに乗っけていますが、残念ながら映せないレベルです。

という事でいざ本題へ。

Twitter
https://twitter.com/
国内月間アクティブユーザー数がおよそ4500万人。世界になると3億3600万人ほどらしいです。
拡散(情報の広がり)が早く、日本で最も多くのユーザー数を誇るのがツイッターです。しかしアクティブユーザーではなく個人で見るとなるとInstagramと同じぐらいなのではないかと考えています。
今では変更されましたが変更があるまでは一人で5アカウント等を使用している方もいらっしゃいました。そういう意味では実際のユーザー数が分かりづらくなっています。

Twitterは若年層向けのアピールに向いている気がしますし、ブームの火付け役になると一気に燃え上がるイメージです。トレンドに載るとトレンドで誰かと友達になろうという方が増えて、更にトレンドが燃えるという感じでしょうか。

国内では一番人数が多いと言われているツイッターです。日本人は皆やっていますという文言に弱いので、ツイッターはまだまだ安定の強さを持っていると思います。

宣伝をするなら1アカウントは必須ですね。

Facebook
https://www.facebook.com/
国内月間アクティブユーザー数がおよそ2800万人と言われています。しかし最近不祥事があったので少し減っているかもしれませんね。世界でいうと22億人を超えています。
世界では強いと思われるフェイスブックも日本だとそこまで強くないと思いますし、ここから流行が生まれる事は少ないです。そしてグループという機能のおかげでクローズドコミュニティが発展する事が多く見られます。
フェイスブックをうまく利用するなら自身のブログやサイトの宣伝を行う前にグループの立ち上げから着手するといいかもしれません。例えばグルメグループを作成し、それに付随するように自身のサイトに誘導するといった形ですね。いきなりドーンと立てたサイトをフェイスブックで告知しても中々上手くいかないイメージが強いですね。
あとは若い方よりも少し落ち着いた年齢の方々が多いように感じますね。その分良識のある方が多いです。
Instagram
https://www.instagram.com/
国内月間アクティブユーザー数がおよそ2900万人、どちらかといえば後発組なのに既にフェイスブックを超えているのが非常に素晴らしいですね。世界で見ると10億人なのでFacebookの半分ぐらいでしょうか?TwitterやFacebookと違うのは写真がメインという事です。TwitterやFacebookも写真を載せられますが、それでも文字がメインになります。
インスタはまず写真があってそれを補足するように文字があったりという形がメインになります。
ただしFacebookもInstagramも運営会社が同じせいか似たような機能も増えてきていますね。
インスタグラマーと言われる人間が出てくるぐらい流行っていますが、今は少し下火になった気がしてます。それでもまだまだ人気ですが…。大体Facebook Instagram Twitterの3つは大きい企業ならすべて使っている気がしますね。
Youtube
https://www.youtube.com/
これからメインになっていくであろうYoutubeですね。月間視聴数が19億人と言われていますので、フェイスブックよりは少し少ないですが、それでも世界の4-5人に一人は見ている計算でしょうか?
そしてYoutubeは自社をアピールするには非常に良い場所にもなりますし、良いYoutuberにはスポンサーも付いたりしています。俗にいう企業案件というものですね。
最近だと17liveという配信アプリに大物youtuberが100万円使うというような企業案件をやっていましたが、同じような配信がまとめて出ると企業案件なんだなぁと分かりやすいですね。ただ分かって見ていても面白いのが動画の良い所ですね。
最近あったものだとポケモンカードが一気に品薄になったのは色々なYoutuberが一気に企業案件を行って皆が買い求めているからでしょう。それぐらいYoutubeの影響は大きくなっているという事です。
使い方を失敗するとジ〇ーブログさんのように一瞬で名前が地に落ちてしまいますけどね…。
その他
その他で今一番勢いがあるのがTik Tokです。世界的なユーザーでは既にツイッターを追い越して5億人超えまで来ていますね。これを企業がどう利用するかが難しいですが、もし企業のダンスが定着したりすると素晴らしい経済効果が見込める気がしますね。
そしてwhats appやLineも書こうかと思ったのですが、アフィリエイト的にはそこまで大きな意味のあるアプリではないので今はいいかなと思いました。ただLINE@をメルマガのように使い始めてる方も多いのでそちらでの利用はアリだと思います。
ここで紹介した以外にも世界的に見ればWishやSnapchat等まだまだSNSがあります。

まとめ

基本的にはFacebook、Twitter、Instagramがあれば今のところは困らないでしょう。

PRを強めたければYoutubeに手を出すのもよいと思います。ただYoutubeに本格的に参入するとなるとおそらくブログを更新したりする暇がないレベルになってくると思います。慣れるまで動画編集とは時間がかかるものです。特に面白くしようと思うと…。

ブログやサイトの更新などを伝えるだけなら上の3つで十分です。まずは作って慣れる所から初めてみましょう。

コメント