ペット1.一人の生活を脱出する!?

ペット!?

独身生活においてペットは非常に大切です。なぜなら家に帰っても一人という状態は私達人間にとって物凄くストレスを感じる状態だからです。

恋人や家族を作ればいいのでは?とよく言われますが、それらは私が手に入れるには敷居が高すぎます。でもペットなら買えます。そうショップに行けば今すぐにでも!

個人で飼うオススメペット3選

ハムスター

ゴールデンハムスター

そう。みんな大好きハムスターですね。ハムスターは小さいのでゲージを置くにも小さめで大丈夫です。(適度に小屋から出して散歩させるのは必要ですが…)

そしてゴールデンハムスターは人懐っこいので飼いやすいと言われています。

人気の種類なので皆と情報交換もしやすい上に、ネット上にも多数の情報があります。

ゴールデンハムスターで気を付けないといけない事があります。

最低でも別の部屋で飼わなければ縄張り意識からのストレスを感じてしまうのがゴールデンハムスターです。周囲20m近いと言われていますから出来るだけ1匹で飼うほうがいいかもしれませんね。

ただゴールデンは人に懐きやすいので手に乗ったり体の上に乗せたりがしやすいタイプになります。

なわばり意識が強い事。一緒に2匹3匹と多頭飼いと言われる飼い方は難しいのよね。ゴールデンハムスターを多頭飼いするならゲージを分けるだけだとストレスを感じる事も強いみたい。

 

 

ロボロフスキーハムスター

体が小さく縄張り意識が低く運動量が高いのが特徴です。

人には少し懐きづらいのですが、攻撃的ではないのであまり噛んだりはしてこないですね。大きさはゴールデンハムスターの3分の1程度しかありません。そして、縄張り意識も低く多頭飼いがしやすいのも特徴ですね。小さくてよく動くので夜見ていて可愛らしいというのも良い点ですね。

ただ飼いづらいと感じる点も3点ほどあります。

小さいハムスターなので病気の際の対処が難しいのです。体調が表に現れても気付きづらいのと、まだ歴史の浅いハムスターなので獣医さんも見てくれる所が少なかったりするのも難しい点ですね。

もう一つが懐きづらいという点ですね。貴方が動物と触れ合う事をしたいというのならゴールデンハムスターの方が向いているかと思います。全然懐いてくれないのも少し悲しいですからね。

ちなみに懐きづらいというだけで頑張れば懐いてくれます。

最後の1点がトイレを覚えない種類という事です。ゲージを置く位置などにも注意しないといけないですし、何より小まめなゲージの清掃が必要になってきます。

ハムスターは夜行性です。昼間に無理やり外に出して散歩だよーってやっているのは実はストレスになっているかもしれません。昼間はゆっくり寝かせてあげてください。

 

デグー

ほとんどネズミにしか見えないデグーですが、飼うとものすごく愛着が沸くペットです。見た目は気にならないし生活を共にしたいと思う方にはベストなペットだと思います。

知能が高いので呼んだらこっちに来てくれたり、放し飼いをしてたら帰ってきた時に迎えに来たりします。猫や犬と同じぐらい高い知能を持っているのではないかなと感じる時も多々あります。

デグーの人懐っこさと言ったら自分の体の上で寝始めたりするぐらい懐いてきます。テレビ等を見ていてデグーが膝の上に来たなぁと思ったら寝始めたりするのです。非常に可愛いですよ。

あとは知能が高いので躾がしやすい点もあげられます。トイレもしっかり覚えてくれますね。

飼いづらい点は引っかかれると痛いというのが一番でしょうか。

攻撃的なわけではなく、離れたくないから爪が引っかかってしまうというのが一番の理由です。手が傷付くことがあるのでそちらだけは気を付けて頂きたいですね。

あと人によってメリットかデメリットか別れるのですが、繁殖力が非常に強いので♂♀で飼うとあっという間に子供が増える事があります。多頭飼いしないのであれば気を付けましょう。

家に帰ると恋人のようにべったり引っ付いてきてくれるデグーが可愛すぎて仕方ないです。恋人よりべったりですね。

 

ウサギ
ネザーランド・ドワーフ
うさぎにも様々な種類がいますが、特におすすめなのはネザーランド・ドワーフです。一部ではピーターラビットと呼ばれている種類になりますね。
人懐っこく飼いやすい種類になります。そして大きさも他のうさぎに比べて小さめになりますので、大きいゲージがなくても飼いやすいのも特徴ですね。
人懐っこいので触れやすく、撫でたりも出来るのでペットとの触れ合いを求める方にはお勧めのウサギになります。餌を与える際に名前を呼んでいると、名前を呼ぶだけで来てくれるようになったりするので、ものすごく可愛いですよ?
ただウサギは全般的にストレスを感じやすく、環境の変化にストレスを感じる事が多いです。よく引っ越しされる方等にはあまり向いてないかもしれませんね。
ウサギを長生きさせるにはストレスの少ない環境下においてあげる事と、小まめに掃除してあげる事が大切です。

ウサギは良質な環境で育てられると10年以上生きる場合もあります。

環境を整てあげれば長く一緒に居られる人気のペットですよ。

まとめ

どんなペットを飼うにせよ、下調べは非常に大切です。生き物には最適な環境があるので、下調べしてわかる部分は整えてから飼う事にしましょう。ペットショップの店員さんに話を聞く場合でもある程度知識がないと店員さんが何を言っているかすら分からなくなりますので…。

これからの大独身時代から孤独感を消し去るためにペットを飼う事を一考してみてはいかがですか!?

コメント