みんなの憧れジュエリーブランド 3選

Van Cleef & Arpels


Van Cleef & Arpels(ヴァンクリーフ&アーペル)ペンダント ロングネックレス クローバー ヴィンテージ アルハンブラ (イエローゴールド×グリーン) [並行輸入品]

  1906年にパリのヴァンドーム広場22番地で創業し、最も格式ある宝飾店の1つとしてハイジュエラーの名を欲しいままにしてきたヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)。アルフレッド・ヴァン クリーフとその妻エステルの兄であるシャルル・アーペルによって創立された。

 ダイヤ研磨のプロフェッショナルであるヴァン クリーフ家と、宝石商であるアーペル家という両家の結びつきが生んだジュエリーの独創性は芸術へと昇華し、完璧な美を紡ぐトップ・ジュエラーへの道を歩む。特にヴァン クリーフ&アーペルのジェム技術の最高峰であるミステリー・セッティングという技法は、ヴァン クリーフ&アーペルをジュエラーのさらなる極みへと高めることになった。まるで宝石同士が支え合うように地金を一面覆い尽くすこのセッティングは、宝石に通常よりも多くのカットが必要。そしてそのカットを利用し、宝石の下方を地金の爪で留めるという途方もない手間と時間、加えて間違いのない精緻な技術を要求される技法だ。

 そしてこうしたジュエリーへの情熱は、ほどなく奇跡的な時計の誕生へと結集する。1930年代は、公衆の面前で貴婦人が時計を着ける、時間を確認するという行為はタブー視されていた時代なのだが、1935年、イギリスのウィンザー公爵夫人の提案によってヴァン クリーフ&アーペルは時計をブレスレットのような形に仕上げ、なおかつ着けている人にしか時計だとわからないようにした「カデナ ウォッチ」を製作。南京錠をモチーフにしたデザインは、70年以上経過した現在も独創的でユニークな存在であり、現在もヴァン クリーフ&アーペルを代表するモデルとして存在している。

 本格的に時計の製作に参入し始めたのは1946年からで、その後1949年に2代目であるピエール・アーペルが自分のために、非常にエレガントなケースの時計を作り出した。それはオリジナルデザインとして現在も残っており、「PA49」として、現在もヴァン クリーフ&アーペルを代表するメンズウォッチである。

 時計づくりに携わって以来、ハイジュエリーから複雑系まで、圧倒的な存在感と美を体現したドレスウォッチを一貫して作り続けてきたヴァン クリーフ&アーペルであるが、2006年には創業100周年を迎え、世界屈指のジュエラーの名にふさわしいジュエリー遣いとウォッチメイキングへのこだわりを近年さらに深めている。2008年にはパリの星図を文字盤にちりばめ、メンズモデルながら詩的なコンプリケーションに仕上げた「ミッドナイト イン パリ」や、ブランドを代表するモチーフである「アルハンブラ」の愛らしいチャームが時計ケースの側面をぐるりと一周する「チャーム」など、いつの時代も変わらぬトップ・ジュエラーとしての矜持を感じさせた。
http://worldwatch.wiki.fc2.com/wiki/
ヴァンクリーフもハイブランドながら最近は手の届きやすい商品等も増えてきました。
しかしやはり高い商品は簡単に100万を超えてきます。4つ葉のクローバーを見るとすぐにヴァンクリーフが思い浮かびますね。
私がハイブランドの中で唯一入った事のあるお店もこちらです。何も買いませんでしたが。買いませんでしたが…。買えませんでした。
やはり安い商品もあるといえどお店にふらっと入って目に入るのは10万~100万の商品がメインで、隅っこにもっと安い商品やもっと高い商品が並んでいるような感じですね。
安い商品も結構出しているとはいえ、やはり本流は一流のジュエリーハイブランドです。
ブランドをそこまで好きではない私もこういった宝石の扱いの凄さには目を引かれてしまいますね。

Cartier


CARTIER カルティエ リング トリニティリング [リクエスト注文/選べるサイズ] Sモデル 指輪 プレゼント リクエスト 女性 レディースリクエスト販売57(17号)

1819年に誕生した、カルティエ創設者「ルイ=フランソワ・カルティエ」。
若かりし彼は、宝石商のアドルフ・ピカエールの元で宝石について学びます。
カルティエの創設年とされている1847年、カルティエはピカエールから、パリのアトリエを譲り受け、このアトリエがカルティエ・メゾンの偉大な歴史の第一歩となりました。
1853年には、ヌーブ・デ・プティ・シャン通りに本格的な店をかまえ、59年にはイタリアン大通りに、さらに99年には、ルイ=フランソワの息子「アルフレッド・カルティエ」がラ・ペ通りへと店を移転させていきました。また、アルフレッドは3人の息子「ルイ」「ピエール」「ジャック」にカルティエの成長を託し、それぞれに、パリ、ロンドン、ニューヨークという3大都市のショップを任せます。
なかでもパリに残り、カルティエの基盤を支えた長男のルイは、その才覚をいかんなく発揮し、カルティエの発展に大きな影響を与えたと言われています。
パリ、ロンドン、ニューヨークの3都市で世界的な宝石ブランドとして躍進したカルティエは、イギリス国王エドワード7世に「王の宝石商、宝石商の王」と評されるまでになります。
そんな中、ルイは親交のあった飛行家アルベルト・サントスから、飛行中にハンドルから手を離さずに時間を確かめる時計が欲しいと相談されます。 (当時、男性が携帯するのは懐中時計が一般的でした)
そこで、ルイは、高名な時計職人エドモンド・ジャガーの手を借りて、腕時計のコレクションを誕生させます。 この、カルティエ最初のウォッチは、「サントス」と名づけられました。
この「サントス」が世界ではじめて成功をおさめた、紳士用腕時計とも言われています。
その後も、樽の形からインスピレーションを得た「トノー」や、亀の甲羅をモチーフにした「トーチュ」、戦車からインスピレーションを受けてデザインされた「タンク」など、数々のウォッチ・コレクションを展開していくこととなるのです。
1904年、イギリス王室(エドワード7世)の御用達となったカルティエは、その後もイギリス王室の様々な儀式に際して、製品を提供していくことになります。
また、詩人ジャン・コクトーのためにつくられたという「スリーゴールドリング」(トリニティ)や、香水コレクション「パル口コミ カルティエ」、ライターコレクション、レザーグッズ コレクションなど、次々と斬新で新しい部門を開拓していきます。
1970年代には、「レ マスト ドゥ カルティエ」を提唱し、機能的で広く社会に受け入れられる新しい高級品ブランドのイメージを作り上げました。
1980-90年代には、数々の新しいコレクションが発表され、その多くのコレクションが、世界中の人々を魅了しています。
多くの貴族や諸侯に愛されたジュエリーブランドは、国際的に広く認知され、幅広い層の人々へ、そのエレガントで繊細な輝きを届け続けているのです。

http://worldwatch.wiki.fc2.com/wiki/

カルチェだった時代は私はほとんど知らないのですが、カルティエといえば3連リングと私の中のイメージがあります。
正式名称は確かトリニティリングでしたね。そしてメンズの方はそこまで見ないですが、独特のカルティエウォッチでも有名です。

樽の形からインスピレーションを得た「トノー」
亀の甲羅をモチーフにした「トーチュ」
戦車からインスピレーションを受けてデザインされた「タンク」

というデザイン元が何となく分かるのに素晴らしく美しいデザインが多数あるのがハイブランド・カルティエの特徴ですね。
イギリス王室の御用達に任命されてから世界に広がり今では世界を代表するハイブランドの一つとなっていますね。

Harry Winston


ハリー・ウィンストン ミッドナイトダイヤモンドスタラクタイト オートマティック MIDAHM36WW001 [並行輸入品]

1896年ニューヨークに生まれ、幼少から宝石の鑑別に天才的な才能を示してきたハリー・ウィンストンは、1920年に現在のハリー・ウィンストン社の前身であるプレミア・ダイヤモンド社をニューヨーク五番街に設立し、輝かしいキャリアの第一歩を踏み出しました。
1932年にハリー・ウィンストン社を設立してから彼が手がけてきた大粒のダイヤモンドの数は、宝飾業界でもトップクラスと言ってもいいでしょう。
歴史に名を残す大粒の原石をカット、研磨し、また数々の伝説に包まれた「ホープ」ダイヤモンドをスミソニアン博物館に寄付するなど、その人生はまさに「キング・オブ・ダイヤモンド」の尊称にふさわしいものです。
彼はまた、ハリウッド・スター達の華やかさを好み、彼女達をさらに美しく輝かせることに熱中しました。
セレブリティが集うアカデミー賞授与式の夜、スター達はハリー・ウィンストン社の宝石でまばゆく着飾ります。グレース・ケリー、エリザベス・テイラー、近年ではニコール・キッドマン、ジョディー・フォスター等、世界を代表するトップスター達が競って身に付けるのがハリー・ウィンストン社の宝石なのです。
ハリー・ウィンストンの時計は、ハリーの息子であるロナルド・ウィンストンによって1989年に初めて世に出されました。
父譲りの美意識はもとより、貴金属の分野での重要な特許のいくつかを持ち、自身もデザイナーであるロナルドは、真の賛沢を知る人々のための「時を刻む宝石」を創りだしたのです。
時計に使用されるダイヤモンドにもハリ一・ウィンストン社の厳格な基準が適用されます。
カラーはD・E・F、クラリティーはV.V.S.以上という大変高品質な原石のみが、丁寧にブリリアントカットを施され、時計にセットされます。
一般的に最高級の婚約指輪に用いられる品質のダイヤモンドが惜しみなく使用されているのです。
ロナルド・ウィンストンの卓越した美意識によるデザインは、ハリー・ウィンストンジュエリーで培われた高度な職人技、手作業により、余すところなく表現されています。
また、ダイヤモンドの輝きを充分に引き出すために、セッティングの爪は非常に繊細に仕上げられているのが特長です。
また、ハリー・ウィンストンの世界は、女性のジュエリーウォッチのみに留まるものではありません。
紳士向けの時計のほとんどがジュネーブの時計職人の手作業による複雑時計であり、その中でも特にバイレトログラード(秒針と曜日をともに2本の扇型目盛で表示)は世界初の機構です。
複雑時計のラインナップは本格的な時計メー力一として他に何ら引けを取りません。
なお、文字盤とケース、ブレスレットはすべて自社生産されています。

http://worldwatch.wiki.fc2.com/wiki/

ハリー・ウィンストンと言えば誰もが憧れるようなハイブランドになります。富裕層や有名人の婚約指輪にもセレクトされる事が多いブランドですね。
日本には直営店が7店舗しかありませんが、私ごときでは入れないような雰囲気を醸し出しています。

ハリーウィンストンはHWと略される事が多いのですが、HWから100万円以下の婚約指輪が!というだけで話題になったぐらいのハイブランドです。
100万円以下の指輪を出しただけで話題になるというのはハイブランドらしいなぁと思ったものですね。

入店する際の服装も店舗によっては断られる場合があるそうなのである程度は綺麗に見える格好をしていくようにしましょう。
欲しい物をぽんぽんぽんっと何点か買うだけで数百万円になる時点で私が入る事の出来る店舗ではありませんね…。

コメント