アフィ5.アフィリエイターが知らないと損する3つの事

絶対やるべき事

私が思うにアフィリエイターに必要になってくるものが3つあります。学ぶ事は絶対に必要なのですが、何について学べばいいの?と思う人が圧倒的多数でしょう。サイトを作る時にも何を作ればいいの?と思う人も多いですからね。この何をすればいいか分からない状態の時にこそやるべきことを書いていこうと思います。そして、それをなぜ私が絶対やるべきかと考えるかも書いていきます。

ちなみに私はこの中でものすごく苦手なものがあります…。

1.絶対に学ぶべき分析力

長い間アフィリエイトサイトを作成していると陥るのが、自分が何で収益を上げているか分からない。自分のコンテンツで全然見られていないものが分からないという状態に陥るのが非常に不味いです。(自身の作成したコンテンツの強みと弱みを知る)

Google Analytics for WordPress

自分のサイトに訪れるユーザーの方々が何を求めているのか?そしてどういう情報ページが受けがいいのかを知らなければなりません。そういう意味では分析力が必須になってきます。どのページが自身のサイトのPVを稼いでいるのかをツールを使って分析できるようになりましょう。

アナリティクスはその為にはほぼ必須のツールになります。まず自身のサイトについて自分の認識ユーザーの認識のズレを矯正することが大切です。貴方がウケると思っていた記事もユーザーからするとあまり魅力的でないコンテンツの可能性があります。

キーワードプランナー
他の記事でもお伝えしたように、どういったキーワードでどれぐらい検索されているのか、そしてそれを取り扱う競合がどれぐらいあるのか?と知る事が出来るのがキーワードプランナーです。
例えば貴方が今から時計を取り扱うアフィリエイトサイトを作ろうとして、「高級 時計」と検索した方が貴方のサイトにたどり着く可能性はほぼありません。しかし、それの幅を物凄く狭めていくと検索にはひっかかりますが、そのワードで検索する人がほぼいないという状態になります。
キーワードプランナーはそういったワードでどこが狙い目になるのかを教えてくれるツールです。使い方を今のうちに学んでおきましょう。
競合サイトを確認する
貴方がどんなサイトを作ってどういったキーワードを意識するかがある程度定まってきたら実際にグーグルで検索してみて、どういうサイトが上のほうに来るかを確認します。
要はそれより魅力的でキャッチーなコンテンツを作成すれば貴方のサイトのアクセスアップに繋がります。キャッチーなコンテンツで一番大切なのはタイトルを魅力的にする事です。
そこで大切なのは広告的なスキルになりますが、人間は得する情報より損する情報に引き付けられるという事です。どういう事かというと、
知っておくと得する3つの情報
あなたが知らないと損するたった3つの事
というタイトルにした時に、下の物がより人を引き付けるという事です。
こういった分析してアクセスアップに繋げるという事はアフィリエイトでは必須です。
1000PVが500円になるなら100000PV取れれば5万円になっているわけですからね。

2.絶対に学ぶべき編集力

私はこれが正直苦手です。文字だけのサイトって疲れますよね?つまり画像を入れることにより簡単なアクセスアップに繋がる事は明白です。理想は500文字~800文字毎に一つの画像があれば良いと思います。ただ全く関係のない画像を差し込んでも仕方がないので画像を作る能力も必要になってきます。それがここでいう編集力ですね。

Adobe Photoshop
もう画像編集ツールの定番ですよね。お金があるならこれを使うのでほぼ間違いないですね。それ以外に自分が使いやすいと思うソフトがあればそちらを使用するのも全然構いませんが、Photoshopにはメリットがあります。それは多数の企業でも使われているという事。つまりスキルとしてphotoshopが使えるというのはどちらかの会社に入った時にも役立つスキルになる可能性があるという事ですね。フリーツールも多数ありますし、使い勝手が良い物もありますが、私が入社した企業でフリーツールをメインに使っていた企業はなかったですね。
動画編集
動画編集は個人で使うものとプロが使うものには差がありすぎるので、正直自身が使いやすいと思うものを使うのが一番良いと思います。画像は自分が作るよりフリー素材に頼るほうが綺麗な事も多いです。(その分イメージにぴたりと入るような画像は少ないですが…)
ただ動画というのはやはり自身で作らないとイメージ的に合うものも少ない事が多いですし、何より流用がしづらいものでもありますので自分で編集できることが好ましいです。
動画編集に慣れてくるとブログだけでなく、youtube等の動画サイトを利用できることも強みになりますね。最近は若い方の利用も写真や画像から動画へと移り変わって行っています。
編集とは難しく感じますが、昔に比べてツールが発達し編集する人のスキルがそこまで高くなくても良い物が作れるようになってきました。プログラムと一緒ですね。昔はブログ一つ作るにもhtmlを多数綴らなければなりませんでしたが、今はほとんどのツールが解消してくれています。編集業界もそれと似ているので勉強すれば比較的早く使えるようになるでしょう。

3.絶対に学ぶべき英語

英語?なんで英語?と思った方は多いと思います。これは日本の商圏はここから数十年狭まる一方だからと言っても過言ではありません。このペースで行くと2055年には1億人を切ると言われている日本人口です。つまり、減っていくユーザーをターゲットにするのは好ましくないという事ですね。

英語を学ぶべき理由はそれだけではありません。

10代の若者をメインにしたコンテンツ作りをした時に日本語のサイトと英語のサイトでは10倍以上ユーザー数が違うわけです。世界には75億人近くの人間がいて、増え続けています。日本には1億3000万人近くの人間がいて、減り続けています。世界全体が英語を喋れるわけではないですが、日本語と比べれば遥かに大きな商圏という事になります。元々の商圏の大きさが段違いです。その分競合も非常に激しいですが…。

そしてもう一つが単価の高い仕事が出来る可能性が高くなるという事ですね。海外アフィリエイトは高報酬なものも非常に多くあります。そういったものを取り扱うには英語が必須になってくるので英語力は磨き続けたほうが良いです。同じ仕事を世界でやるか、日本でやるかで時給が全く変わってきます。

私は日本のプラグラマーに言語を学ぶよりまず英語を学ぶべき!と伝えたいです。彼らが行っているプログラミングが日本以外の市場でやれば2-3倍の報酬を貰えることも少なくないですから…。その分リストラの危険性は高まりますけどね。

ただし、英語に関していえば10年後の未来には必要なくなっている可能性もあります。翻訳系のツールやサービスが発達してリアルタイム翻訳が入るようになれば日本語だけで世界を相手に商売も可能になると思いますので、それでも学ぶべきなのはプログラム等はほとんど英語で表記されているからです。機械の中身の言語はほとんど英語という事ですね。このブログも貴方のブログもです。



まとめ

分析力・編集量・英語は学んでおいて損する項目ではありません。特に他の業界でも使えるようなスキルになる可能性が高いので、今何をすればいいんだろう?と感じている若い方やアフィリエイトをしているけどいまいち伸びないという方には強くオススメします。

もしかしたら、貴方が英語がペラペラで貴方のサイトを英語で作って英語のSNSで宣伝すればあっという間に今の10倍以上のPVが取れるかもしれませんよ?という事です。

私はもうちょっとブログに使える定番の画像を仕入れられるように頑張ります…笑

コメント