貴方の好みは?ビールメーカー売上ランキング!

5位.オリオンビール


アサヒ オリオンドラフト [ 350ml×24本 ]

沖縄生まれの生ビール沖縄で生まれ育った、爽やかな生ビール。「ドラフトビール」の“爽快感・飲みやすさ”を極めつつ、「ビール」本来の“飲みごたえ”を追求しました。

・三大陸(カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ)麦芽使用による、コクと豊かな香り
・新ろ過工程による麦汁の雑味成分低減と発酵温度最適化による心地よい香気
・ホップ配合比率の見直しによるホップ本来のさわやかな苦味
・仕込みと、ろ過の両工程で酸化をおさえることで、さらに鮮度をキープ、おいしさ長持ち
・麦芽由来のタンパク質を、より多く保つことで泡持ちを向上

https://www.orionbeer.co.jp/

オリオンビールと言えば沖縄!沖縄といえばオリオンビール!というイメージです。

アサヒと共同開発という面も持っており、味はかなり美味しいです。
一番美味しい飲み方というか雰囲気はお店がグラスに注いで持ってきてくれた時は雰囲気も相まってすごく美味しいですね。
逆に沖縄にいってオリオンビールを注文した時に缶+グラスで来ると少し雰囲気が壊されてしまいますね…。

しかし、やっぱり沖縄と言えばオリオンビール!お立ち寄りの際には是非味わってみて下さい。
もし気に入ったら通販で家でも飲むことが出来ますからね。

4位.サッポロ(エビス)ビール


サッポロ ヱビスビール [ 350ml×24本 ]

豊かに香る、深いコク。
ヱビスは、ドイツ・ビール純粋令に基づく、本物のビールの先駆者。「麦芽100%でつくること。」「ホップの正統派、ハラタウ・トラディションを使用すること。」「通常の1.5倍※長期熟成すること。」ヱビスの深いコクは、そんなこだわりから生まれています。(※当社比)

【ヒミツ1:香】ヱビスらしい香りで、より一層、広がりのある深いコクへ。
コク深さの元となる「ヱビス香」を醸し出すのは、ヱビスのみに使用することを許された、門外不出の「ヱビス酵母」。非常に繊細で、扱いが難しく、熟練した技術を要します。選び抜かれた麦芽・ホップの香りと、ヱビス酵母の華やかな香りのバランスを追求することで、より一層、広がりのある深いコクへ。

【ヒミツ2:泡】きめ細かい醸造工程管理で、上質でもちのいい泡へ。
そのコクをもっと「おいしい」と感じていただくために。通常のビールの1.5倍※長期熟成するだけでなく、醸造工程の管理方法の細部にまでこだわっています。余計な香りや雑味のない、丸みのある味わいが、より上質で、おいしく感じられるはずです。(※当社比)

【ヒミツ3:色】まるで、夕暮れ時の空のようです。
ビールをグラスに注いだら、少し高く持ち上げてみてください。グラス越しに広がる、黄金色の景色。この透明感は、ヱビスならではのものです。通常の1.5倍※の時間をかけて長期熟成させることで実現できた、クリーミーな白い泡とクリアな黄金色。このふたつが揃ってこそ、ヱビスビールなんです。(※当社比)

【ヒミツ4:味】
メリハリのある味わいが、ヱビスの魅力です。
いくらいい素材を使っても、努力なくしてヱビスはつくれません。副原料を一切使わず、麦芽100%とホップでつくったヱビス。麦芽やホップの使用量が多いため、素材の上質な旨みを引き出すためには、通常よりも長期熟成させなければなりません。深いコクがありながら、キリッと締りのある味わい!これもひとつの、ヱビスの魅力。何杯飲んでも飽きが来ない秘密は、長期熟成にありました。

【ヒミツ5:喉ごし】
ヱビスは、寝かせて待つ。
ビールのコクは麦芽の量に比例します。しかし、コクがあるだけのビールはヱビスではありません。すーっと喉を通って後香(あとか)まで楽しむには、すっきりさも大事。ヱビスは長期熟成させることで、麦芽100%ならではのコクを引き出しながらも、雑味をなくし、丸みのある味に仕上げました。喉ごしのいいヱビスは、寝かせて待つ!おいしさのヒミツは、時間にもありました。

http://www.sapporobeer.jp/yebisu/

昔から通はエビスだよね。って言ってる方が多かったですが、私はあまり飲んだことがありません。
しかし色合いは非常に良いと感じる事が多かったように思いますね。

「麦芽100%でつくること。」「ホップの正統派、ハラタウ・トラディションを使用すること。」「通常の1.5倍※長期熟成すること。」

というこだわりを持って作られているビールは家でゆっくり飲むのにオススメだと思います。

3位.サントリー(モルツ系)ビール


サントリー ザ・プレミアム・モルツ [ 350ml×24本 ]

■サントリーの醸造技術を結集「ザ・プレミアム・モルツ」
サントリーのプレミアムビール「ザ・プレミアム・モルツ」は、独自製法の「ダブルデコクション製法」や「アロマリッチホッピング製法」をさらに改良。

こだわり素材の「ダイヤモンド麦芽」の“深いコク”と「アロマホップ」の“華やかな香り”をより引き出しました。

サントリーの醸造技術を結集し、飲み始めから飲み終わりまで、いっそう“深いコク”と“溢れだす華やかな香り”が感じられる中味を実現しています。

共通
■これがビールの、香り、コク、香り。
「ザ・プレミアム・モルツ」が目指しているのは、(ヴァイタートリンケン〉。ドイツ語で「飲み飽きないおいしさ」を意味します。

グラスに注いだ瞬間から立ちのぼる香り。しみわたる、深いコク。味わったあと、口のなかにふくらむ、華やかな香り。飲み終わっても、まだうまい。「ザ・プレミアム・モルツ」は、時間の流れごとに愉しめる、また愛おしいほど飲みたくなる味わいを目指しました。

「ザ・プレミアム・モルツ」が目指しているのは、(ヴァイタートリンケン〉。ドイツ語で「飲み飽きないおいしさ」を意味します。

グラスに注いだ瞬間から立ちのぼる香り。しみわたる、深いコク。味わったあと、口のなかにふくらむ、華やかな香り。飲み終わっても、まだうまい。「ザ・プレミアム・モルツ」は、時間の流れごとに愉しめる、また愛おしいほど飲みたくなる味わいを目指しました。

■「ザ・プレミアム・モルツ」こだわりの製法と素材


ホップ
■うまいビールをつくるための「天然水醸造」
ビールの約90%は水。うまいビールをつくるために、「天然水醸造」は必然のポリシーです。

サントリーの4つのビール工場は、安心・安全・安定的に、地下から天然水をくみ上げられる場所にしか建てられていません。

流通効率性より天然水立地の工場にこだわり、清らかな天然水を使い「ザ・プレミアム・モルツ」のうまさを追求しています。

ビールの約90%は水。うまいビールをつくるために、「天然水醸造」は必然のポリシーです。

サントリーの4つのビール工場は、安心・安全・安定的に、地下から天然水をくみ上げられる場所にしか建てられていません。

流通効率性より天然水立地の工場にこだわり、清らかな天然水を使い「ザ・プレミアム・モルツ」のうまさを追求しています。

■他では味わえない“深いコク”
うまみ成分がたっぷり含まれている「ダイヤモンド麦芽」。

構造が非常に硬いこの麦芽の味わいを引き出すためには、相当な時間と手間がかかるため、その効率性の悪さから本場欧州でも使用が減っています。

「ザ・プレミアム・モルツ」は、釜での煮出しをわざわざ二度行う「ダブルデコクション製法」を採用。他では味わえない“深いコク”を生み出すために、醸造家の執念によって時間と手間のかかる製法で仕上げました。

うまみ成分がたっぷり含まれている「ダイヤモンド麦芽」。

構造が非常に硬いこの麦芽の味わいを引き出すためには、相当な時間と手間がかかるため、その効率性の悪さから本場欧州でも使用が減っています。

「ザ・プレミアム・モルツ」は、釜での煮出しをわざわざ二度行う「ダブルデコクション製法」を採用。他では味わえない“深いコク”を生み出すために、醸造家の執念によって時間と手間のかかる製法で仕上げました。

■忘れられない“溢れだす華やかな香り”
「ザ・プレミアム・モルツ」の溢れだす華やかな香りに「欧州産アロマホップ」は欠かせません。

最上のホップを安定して手に入れるために、原産地チェコの農家を支援。現地に何度も足を運び、品質を見定め、厳選を重ねたアロマホップは徹底した低温輸送で日本へ届けられます。

さらにホップを複数回に分けて追い足すように投入する「アロマリッチホッピング製法」を約10年の歳月をかけて開発。全工程で考えられることはやり尽くすことで、「ザ・プレミアム・モルツ」の華やかな香りが生まれるのです。

「ザ・プレミアム・モルツ」の溢れだす華やかな香りに「欧州産アロマホップ」は欠かせません。

最上のホップを安定して手に入れるために、原産地チェコの農家を支援。現地に何度も足を運び、品質を見定め、厳選を重ねたアロマホップは徹底した低温輸送で日本へ届けられます。

さらにホップを複数回に分けて追い足すように投入する「アロマリッチホッピング製法」を約10年の歳月をかけて開発。全工程で考えられることはやり尽くすことで、「ザ・プレミアム・モルツ」の華やかな香りが生まれるのです。

https://www.suntory.co.jp/beer/premium/

品質・味に高級感を漂わせるのがプレミアムモルツです。

約10年の歳月をかけて開発。全工程で考えられることはやり尽くすことで開発

というフレーズはすごいですね。

若い頃は苦みが強いというビールのイメージがありましたが、年齢を重ねるとそれがコクに変わるのが人間の味覚は不思議ですね。
プレミアムモルツは本当に美味しいです。飲みなれてない分味が濃く感じるのも大きな特徴ではないでしょうか?
気分転換に飲むときには是非おすすめします!

2位.キリンビール


【2019年リニューアル】新・本麒麟 [ 350ml×24本 ]

新しい本麒麟。完成。
爽やかな香りと上質な苦味のカギとなる

ドイツ産ヘルスブルッカーホップ*をさらに増量。このことにより、本麒麟の特長である力強いうまさとコクがさらに進化しました。

「本麒麟」は、ジャンルを超えて、お客様に「これが一番!」と思っていただけるうまさを目指し続けます。

キリンビール キリン 麒麟麦酒 ビール 缶ビール 本麒麟 発泡酒 新ジャンル 第三のビール 350ml 350缶 500ml 500缶 人気 人気ランキング
あなたのうまい、のおかげです。
発売以来、本麒麟は、たくさんの方からご支持をいただきました。

長期低温熟成とドイツ産ホップ*から生まれたうまさとコクが、時代を着実に変えつつあるようです。

いいものは、いい。うまいものは、うまい。 飲んでくれた全ての人に感謝します。 これからも本麒麟は、あなたのうまい、のために。

キリンビール キリン 麒麟麦酒 ビール 缶ビール 本麒麟 発泡酒 新ジャンル 第三のビール 350ml 350缶 500ml 500缶 人気 人気ランキング
本麒麟のうまさの確かな理由
・その1 ドイツ産ヘルスブルッカーホップ ドイツ産ヘルスブルッカーホップを一部使用し、上質な苦みと爽やかな香りで、力強いうまさとコクを実現しました。

・その2 長期低温熟成が生むコクのある味わい キリン伝統の低温熟成の期間をさらに1.5倍*にした製法で、雑味がとれた調和のある味わいに。 *当社主要新ジャンル比

・その3 飲みごたえのある少し高めのALC.6% 強い飲みごたえと引き締まった後味で、満足度が高いのにゴクゴク飲めるうまさへ。

https://www.kirin.co.jp/

リニューアルしてから一気に伸びてきている気がする本麒麟です。
本麒麟が出て来てから本麒麟がめちゃくちゃ売れているようですが、私の中のイメージは麒麟といえば淡麗というイメージがまだ強いですね。
しかし本麒麟はかなり美味しいという方が多くCMが印象的なのもあるのか非常に売れ行きがいいですね。

そして本麒麟の大きな特徴は他のビールに比べてアルコール度数が少し高く、飲みごたえがあるという事です。
ちょっと強めのビールが飲みたいという方は是非お試し下さい。

1位.アサヒビール


アサヒ スーパードライ 350ml×24本

酵母の健全な発酵促進
ビールにおける泡の役割
仕込工程で酵母が活性化する適切な
アミノ酸量を制御

さらりとした飲み口の実現

酸化臭低減によるキレの向上
ビールにおける泡の役割
麦汁における酸化原因物質を
特定し濃度管理を厳格化

さえるキレ味の追求

不快な臭いの低減
ビールにおける泡の役割
不快な臭い(ネギ臭やコゲ臭)の
生成機構を解明し低く制御

更に「飲み飽きない味」を実現

『アサヒスーパードライ』は、1987年の発売以来“さらりとした飲み口、
キレ味さえる辛口の生ビール”をコンセプトに品質・鮮度の向上へ向けた挑戦を積み重ねてきました。
30年以上の歴史の中で蓄積してきた製造ノウハウや品質基準等の知見を活かし、
製造基準を厳格化した「さえるキレ味」をさらに高いレベルで実現しています。

https://www.asahibeer.co.jp/

「ビールはやっぱりアサヒ!」

というフレーズは身の回りでも物凄く聞きますね。特に私の周りではアサヒの瓶ビールは美味しいとおっしゃる方が多いですね。
昔は一般の方はアサヒビールを好んで通の方は別のビールが好き!というイメージが強かったですが最近は本当にアサヒビールがすごく定着している気がします。

おそらく馴染みが深いのもありますが、飲んでも飽きない味というのが非常に素晴らしいのでしょうね。
基本コンセプトの「辛口の生ビール」というのが受けが良いのでしょう。
甘い物はポイントポイントで食べる分にはいいですが、辛い物のほうがずっと食べ続けられるのも同じなんだと思いますね。
例外はあると思いますが…!

コメント