アフィ実践11.アフィリエイト重視のサイト作成

今更またサイト作成?

と思った貴方今回は少し違います。今までにやってきたサイトというのは貴方が続ける為に、好きなコンテンツを作ったり、稼ぐためにはこういうコンテンツがいいだろうというお話でした。

被る部分は多少ありますが、今回はコンテンツをアフィリエイト向けに寄せるという事です。そして前に話したような漠然なものではなく、今回は売れそうな所にサイトを寄せていきます。

それではどういった手法を取っていくのがいいかを考えていきましょう。

キーワードを調べる

Instagram,Twitterを使う
Instagramで流行している物をキーワードに取り入れるのは非常に良いアイデアだと思います。
Instagramだけではなく、他のSNSもありますが日本はインスタとツイッターが流行っている印象ですね。最近はTikTokも流行ってますが。
Twitterのトレンドは検索する方が多かったり、Twitterからブームが生まれる事が多いです。少し前であればクッパ姫等がありましたが、あれもTwitterのトレンドから大流行したように思います。
Googleトレンドを見てみる
Googleトレンドとは、最近最も検索されているワード等を表示するものです。ブログにそのまま使えるようなものは少ないのですが、皆がこういったワードで検索するんだなぁというのを参考にして、そういうのに寄せてブログを作っていくことは可能でしょう。
リアルタイムの検索履歴や例えば去年で一番検索されたワード等も見られるので参考になります。
キーワードプランナーを使う
キーワードプランナーはどういうワードがどれぐらい検索されて、そしてどれぐらいの競合性を持っていたりというような細かいデータを確認出来るツールのようなものです。
つまり多く検索されているのにサイトが少ないというような隙間を狙う事が出来るのです。
サイトを見て貰わないといけないのですが、例えば検索が11番目以降になるとほぼクリックされないそうです。
Aramakiを使用する
こちらもキーワードプランナーと似ていますが、簡易版になります。登録等が要らないので簡単に使用出来ますが、情報量はキーワードプランナーには劣ってしまいます。

情報は武器になる

売れそうなコンテンツを続けるのは大切ですが、ブログを作るだけに尽力してしまうと路線がずれてしまった場合に気付かないこともあるので、自信がキーワードとして作っているブログが正しいのかを調査するのは非常に大切ですね。

売れそうな情報と売れる情報は実際は違うという事です。自身の考える情報は情報ではなく、アイデアです。情報とは事実を集めたものなので。つまりこういったサイトでマーケットを調べて、どういったキーワードで、ブログを作成していくかを決定していきましょう。

まとめ

本気で上を目指していくならキーワードプランナーは重宝すると思います。

なぜこういったツールが必要になるのかというと、例えば私はペットや美容のアフィリエイトは良いと思うのですが、それが本当に成功するのかは情報を集めて見ないとわかりません。

そしてペットや美容が人気が出たとしてもそこに貴方食い込めるかどうかの市場の規模や競合性をキーワードプランナーで割り出す事が出来ます。つまり、そういった情報はアフィリエイトの市場規模が大きくなればなるほど分析が必要になってきます。

どの業界も情報が大切なのは同じなのですね…!

コメント