スロット6号機は食えるのか?

6号機になる時は終わったと各所で言われていましたが、導入され始めてどうなったかという率直な感想を書こうと思います

まず大雑把に何が変わったといいますと出玉率などは一般ユーザーにはあまり関係がないので、それ以外だと2つあります。

有利区間というシステム

およそ1500ゲーム間もしくは2400枚の出玉にが出る間しかユーザーに有利な状態が続いてはいけないというシステムです。

しかし、出玉だけでなく打ち手に有利な区間になりますので高確率なども含まれてしまいます。

天井などの要素も有利な状況になるので全てなくなるのではと言われていました。

なぜなら遊戯する毎に当たりが近づくというのが有利区間と見なされてしまいます。

しかし現在でも天井搭載機は出てきています。

天井非搭載タイプ

6号機の最初のほうに出ていたのがこちらのタイプですね。通常時から有利区間を引いて有利区間中に大当たりを引き当てて最大1500ゲームまたは2400枚獲得まで消化出来るような機種ですね。

有利区間と通常状態を使い分けているタイプになりますね。

Aタイプ(ボーナスタイプ)も含まれるかと言われると6号機には含まれますが有利区間などは搭載されていませんね。

天井搭載タイプ

こちらは通常状態も有利区間に含めるシステムです。つまり大当たりまでにゲーム数がかかるほど大当たりゲーム数の最大が減っていきます。通常を900ゲーム回すと大当たりしても最大で600ゲームまでしか継続しないようになっています。

つまり最大で合計が1500ゲームになるという事ですね。枚数の規定は2400枚なので同じですね。
こちらが最近よく出ていて人気のある機種なのですが非常に荒れる仕様になっています。システムを理解してない方には絶対オススメしたくない機種になりますね。
逆にシステムさえわかれば食いやすい機種も多くなってきています。

ボーナスタイプ

おまけですが、一回の大当たりで出せる出玉が減りましたので今までよりマイルドな出玉になります。機械割を下げずに大当たりの出玉だけを下げるとなれば通常のコインもちを極端に上げるかボーナス確率をあげるかになります。もしくはそのどちらもですね。

設定狙い

設定狙いは少しだけ難しくなりました。昔の119%の機械が出せないので同じ最高設定でも昔の機種の設定5程度ですね。

そういう意味では設定狙いだとまだ今設置がある機種であれば絆や番長3や凱旋が良いでしょう。どちらにせよホールが設定を入れてくるメイン機種を打つしかないのですが。

特に番長3はまだ長く使う予定のホールも多いと思いますので、判別知識は持って置いたほうがいいですね。

天井狙い

個人的には物凄くしやすくなるホールとしづらいホールの2択になると思います。

当たるまで打つ人が多いホールだとほとんど出来なくなります。有利区間のスタート地点で拾っても旨みがありません。

逆にゾーン抜けで捨てる人が増えれば増えるほど勝ちやすくなります。

特に星矢SPやリゼロなどの機種はゾーン抜けでも全然食えます。

有利区間などの関係で知識があればあるほど有利に立ち回れるのが今のスロットです。逆に知識が乏しいと勝てなくなってきています。

あとは出玉が早くなりましたので、夜20時以降でも打てるような機種が増えてきたのはプラス要素でしょう。ロングATでも2時間かからず消化する事が可能です。

まとめ

おそらく兼業の方には嬉しい要素もありましたが専業の方にはマイナスの要素も多いでしょう。何より分かりづらい知識が少なくなってきています。星矢SPやリゼロなんて少し知識があれば300を超えてやめる人もほとんどいないでしょうし、コイン持ちも良いので当ててからやめようという人も増えるのがマイナスになりますね。

おそらく完全に6号機だらけになるまでは1部版権が強い地域を除けばまだまだ5.9号機以前の機種がメインになりそうですね。

コメント