ビジネスおすすめ腕時計

シチズン

価格帯1万~

定番のビジネス時計となっているシチズンです。値段もそこまで高くない上に、ビジネスに適したモデルが多いため愛用者も大勢いらっしゃいます。ビジネス関係の電子機器も扱っているシチズンなので日本人がビジネスに使いやすいというデザインを抑えている事が多いですね。

とりあえず困ったらシチズンを選んでおけば無難に使用することが出来るでしょう。

ザ・シチズンという上位モデルも存在しています。こちらは価格が上がりますがその分性能がかなり良い物が多いのでサラリーマンの方でも結構良い時計が欲しいと思う方は選択肢に入るでしょう。
Seikoでいうグランドセイコーのような上位モデルになりますが、ザ・シチズン自体の知名度はそこまでないのが少し残念です。

最近高性能のスマートウォッチを発表したシチズンなのでブランド力もばっちしでしょう!

シチズン


[シチズン]CITIZEN 腕時計 Citizen Collection シチズン コレクション Eco-Drive エコ・ドライブ クロノグラフ VO10-6741F メンズ

ザ・シチズン


[ザ・シチズン] THE CITIZEN 腕時計 高精度エコ・ドライブ 土佐和紙文字板 10年間メーカー保証 AQ4020-54Y メンズ [正規品]

セイコー

価格帯1万5千~

セイコーも有名な日本の時計メーカーになります。価格帯もお手頃なものから少し値が張りますがグランドセイコーという上位のブランドも展開しています。

こちらもビジネスモデルの定番で、安心してどんなシチュエーションにも使えるものが多いです。

グランドセイコーやアストロンになると見る人が見ればすぐ分かるぐらいしっかりした作りになっています。ブランド力に価格帯を考えても幅広い世代におすすめ出来ます。どちらもノーマルのSeikoより作りやブランド力が強いですね。

セイコーの中でもワイアードはお手頃な価格帯が多いですが、モデルはビジネスタイプが多いため何本かを使い回す方にはオススメしやすい時計となっています。

価格帯がお手頃でビジネスモデルではありますが、盤面だけ少しオシャレな作りが多いように感じられました。

パッと見た時に少しオシャレながらもお手頃な価格帯を探している方にオススメのメーカーになります。

セイコー


SND367PC セイコー SEIKO 腕時計 クロノグラフ メンズ ウォッチ 国内正規流通品

ワイアード


[セイコー ウオッチ]SEIKO WATCH 腕時計 WIRED ワイアード REFLECTION クオーツ カーブハードレックス 日常生活用強化防水(10気圧) AGAV102 メンズ

 グランドセイコー


[グランドセイコー]GRAND SEIKO 腕時計 メンズ SBGV221

アストロン


[アストロン]ASTRON 腕時計 アストロン 第3世代 GPSソーラー 青文字盤 ワールドタイム機能 サファイアガラス ダイヤシールド SBXC015 メンズ

カシオ エディフィス

価格帯1万~

ビジネスモデルでもしっかりしたビジネスよりスポーティな雰囲気が強いイメージです。 どっしりとしつつ多少の遊び心があるというようなイメージでしょうか。

元々は海外向けにと発足されたブランドだったようですが、最近では日本でも人気があります。

特にモータースポーツのスポンサーとして宣伝を行っているのでF-1好きな方などはご存知の方が多いと思います。スポーティな雰囲気があるのもその影響でしょう。
ちなみにかの有名なレッドブルレーシングとスポンサー契約を結んでいます。


[カシオ]CASIO 腕時計 エディフィス 電波ソーラー EQW-T630JD-1AJF メンズ

ノット

価格帯1万5千~

盤面がすごくシンプルで少しカジュアルな印象もあります。ノットの腕時計です。

ビジネスモデルでもラフな雰囲気を出したい方に向いているでしょう。問題はデザイン次第ではビジネス向きでないものもあるので注意が必要です。

若めのカップルがペアで持つのにもお手頃で可愛らしいのが良いですね。

そしてカスタムオーダー等も行えるブランドになっています。この盤面にこのストラップを付けてという組み合わせを考えるだけで本当に楽しいですね。
私も若い頃は恋人と一緒にどういうデザインにするか選んだ記憶があります。

海外ブランドはおすすめ?

ネームバリューがある海外ブランドは実はあまりビジネスには向いていません。特に日本ではなぜか風習として目上の方より良いものを使うのは好ましくないと今のご時世でも考える方がいらっしゃいます。

つまり海外の高級ブランド等をビジネスで使用していると要らぬやっかみを受けることがあるのです。

プライベートや自分を大きく見せる事で安心感を与えるような仕事の場合は選択肢に入るかもしれませんが、一般的なサラリーマンが仕事に使用するのは避けるほうが無難だと言えるでしょう。

コメント