年齢別お小遣い平均

皆様はお小遣い制度ですか?それとも自分で全て管理していますか?お子様にはお小遣いを渡していますか?という中で年齢別に平均のお小遣いを調べてみました。

しかし、この記事を読む中で平均より上だから良いでしょう?という思考は危険です。住んでる地域やお仕事をされてる方なら付き合いが多いかどうかなど必要な小遣いは人それぞれなのです。

小学生

小学生は平均で1000円未満の家庭が多いそうです。それ以外でも分かりやすいシステムとして年齢に100円をかけている人もいれば、歩合制を取り入れている方もいらっしゃいますね。
例えばお手伝いするごとに100円などですね。洗濯洗い物お風呂掃除で300円だ!という風になるような子もいると思います。
しかし、私は歩合制はあまりおすすめしませんね。歩合制よりはやったら褒めてあげる方が子供は嬉しいでしょうし、何より計画性が薄れる気がしますので!どういう意味かは後述します。

中学生

大体平均だと2000円ちょっとが多いようですね。しかし中学校ともなると色気付いてくる年頃なのでどこまで子供に任せるかが大事です。
ノートや文房具等を子供に買わせるのであればもっと上げたほうがいい気がしますし、お菓子や文房具は買ってあげるなら適正な価格なのかなと思います。
私はこれぐらいからデビットカードを使わせるのもありだと思います。未成年でも持てますし電子マネーに慣れていくにはとても良いと思います。管理もしやすいですし、ネットショッピングも可能です。
後は大きいのが服飾費です。服も自分が好きな服が欲しがるようになる時期ですのでそれをどうするかで大きく変わりますね。

高校生

3000-7000円の間が一番多いようです。高校生は子供の行動範囲が一気に広がるので高校1年生で3000円、そこから年度事に2000円増やして行くのはいいかもしれませんね。
そしてもう1つがアルバイトの解禁ですね。働けるようになったのだからアルバイトして自分の好きな物を買いなさいという親も少なくないはずです。しかしこれぐらいの年代から女の子は特にそうですが、コスメ等も買い始めるせいで小遣い不足に陥る事が多いようですね。オシャレは本当にお金がかかりますからね。

計画的に小遣いを渡す

毎月決まった額を決まった日に渡してあげるのは本当に大切だと思っています。なぜかというと子供が計画を立てるようになるからです。この月に小遣いが入るからこれを買おうや毎月これだけ貯めればこれが買えるという風に考える力を鍛える事が出来るようになります。

そして決まった日に渡すのも本当に大切でこれが前後する事が多くなるとしっかりしていないと思われてしまいます。

そういう意味では歩合制はあまり好きではないですね。
例えばお金が欲しいから月いくら貯めて、、という計画がなくなり、欲しかったら手伝いをこなせばいいやという思考になるのが少し怖いですね。お金の管理とは逆であるお金を使えばいいという思考になりそうですので。
しかし歩合制でもお金の管理に大きな差は出ないような研究も出てたと思いますので勝手な自論でしかありませんね。

サラリーマンは?

独身であれば自分のお小遣いは自分で決められるでしょう。しかし結婚されていたらそうもいかないでしょう。
ちなみに平均は36000円程度だそうです。これを多いか少ないかは別として、小さなお子様がいる家庭はさらに1万円ほど少ないそうです。
私は普通に暮らせるどころか余りそうなくらいの金額ですが皆様はいかがですか?
足りない方が多いでしょう。
なぜなら付き合いはお金がかかります。飲み等によく誘われるなら全然足りないでしょう。
更に仕事に必要な物などを小遣いでやりくりするならもっと足りません。
ただし最近はお小遣いを自分で少し稼いだりがしやすくなったのは利点ですね。

コメント