投資信託のメリット・デメリット

投資信託とは?

投資信託というのはお金を預けて資産運用を一任するというシステムになります。
つまりこのお金で手数料を払うから代わりに運用して貰えませんか?というのはプロに委託するシステムになります。例えば日経平均株価が今年は上がりそうだなぁと思いながらも何を買えばいいか分からない…。というような方は投資信託等を利用する事がお勧めです。

しかし投資信託にはデメリットもあるのでそちらも必ず考慮した上で購入しましょう。


投資信託のメリット

  • 銘柄の選択の苦労がない
    投資信託を選ぶ時の選択肢はまずインデックスかアクティブかという選択があり、国内・海外などの種類がありますが、そういった大まかなジャンルから選択して購入するだけなので細かく選ぶ必要がないので手が出しやすいというメリットがあります。
  • 金額が選びやすい
    どういう事かというと普通株を買うなら100株16万円の株があったとして購入する予算が30万円であれば200株は買えないけれど、100株だと14万円余ってしまうという事になります。
    しかし投資信託は最低金額が100円~で100円以上なら1円単位で購入する事が出来るので、例えば10万円投資したい!と思ったら綺麗に10万円だけ購入する事が出来ます。
  • 最近では種類が多い
    ロボットアドバイザーやAi投資等も増えてきて最近では信託の種類も増えてきています。
    色々な信託が出来たのですが、どちらもプロが運用するので大きな損失等は出づらいと思いますが、慎重に選択しましょう。
  • 利益が安定する
    年間数%ではありますが、安定した利益が出る事が多いです。プロが運用するだけあって長く資金を入れておけば黒字になる事が多いです。
  • 分散投資が簡単
    分散投資というのは日本株・海外株というようなジャンル分けをして、例えば日本株が暴落した際に海外の分を安全に保全しておくというような形を取る事が出来ます。といってもある程度日本株と世界株が連動する事も多いのですが…。
    しかしジャンル別に保全するのであればテーマ毎に購入する事が出来ます。
    VR関連株やカジノ関連株等のジャンルでどちらかが問題を起こして下がっても資産を大きく減らすことがないように分散する事は大切なので、テーマを選ぶだけで分散できるのが強みです。

デメリット

  • 利益が少ない
    少ないといっても年間で数%はあります。しかし個人で運用していても10%以上の利益が出る事もあるので、そういう意味合いでは利益が少ないという風に捉える方もいらっしゃいますね。
  • アクティブファンドは手数料が高い
    インデックスファンドに比べてアクティブファンドは手数料が高いという事実があります。
    アクティブファンドはファンド自体が銘柄の選定に人件費を使っている事が多いのでどうしても手数料が高くなってしまいます。
  • 赤字になる事もある
    プロが運用しているといっても万能ではなく、相場が大きく崩れたりした場合は赤字になってしまう事もあります。その中でも手数料は取られるので不満を持つ方もいらっしゃいます。
  • 基本的に長期がメインになる
    基本的に長期運用する事が前提になっています。しかし、証券会社としては何度も売買してくれるほうが利益になるので買い替えを勧めたりしてきます。しかし何度も売買してしまうと購入手数料等で赤字になる事もあります。
  • 元本保証はない
    たまに営業マンに元本が保証されていると言われたとおっしゃる方もいらっしゃいますが、基本的に投資信託では元本保証はありませんので、騙されないようにしましょう。
  • 細かい銘柄の取捨選択は出来ない
    テーマの中でもこの会社はあまり伸びそうにないなぁと思うような会社があったとしてもその会社だけを外すという事は出来ません。基本的にテーマごとにまとめて購入という形になります。

貯金するぐらいなら

貯金するぐらいであればインデックスファンドに入れておいたほうがお金が増えていきますので、預金金利と比較するのであればインデックスファンドに入れるほうが良いと言えるでしょう。

コメント