ゲーム紹介:VRchat

VRchat

少し前から流行り始めたVRchatですが、なぜここまで人気が出たのかを考察しようと思います。

ゲームとしては皆が好きなワールドやアバターでチャット出来るというのが魅力ですが、それだけではない魅力が詰め込まれています。本当にVRチャットという名前の通りバーチャルリアリティ空間の中でお喋り出来ます。そして文字だけでなく音声でも話せるのが人気の秘訣の一つですが、それ以外にも様々な要素が詰め込まれているので見ていきましょう。

アバター

Unityというゲーム作成ツールを使用する事で自分好みのアバターを作成する事が出来ます。
こういったチャット等では自分が好きなアバターを使用するだけでテンションが上がります。
好きなキャラクターを使ってチャットするのも楽しいですし、自分がなりたいようなキャラクターを使用してなりきって話すのも楽しいと思います。

著作権的にちょっと怪しい気がしますが、アニメキャラやゲームキャラを作って楽しんでいる方も多いです。しかしそういった方々はそういうキャラになってみたいと思うのでしょうね。

ワールド

こちらもUnityというゲーム作成ツールでワールドまで作る事が出来ます。
アバターとワールドを自分が好きな物を作成して友達を招待して話せるとものすごく楽しいです。
まるで好きな世界で生活しているかのような錯覚まで生まれるぐらい楽しいですね。
著作権的には少し難しいですが、自分好きなゲームやアニメの世界と同じような世界もVRchat内に作り出す事が出来ます。
自分が作り出すだけではなく、色々な人が作った世界を巡回して楽しむ事も出来ます。
和風から洋風、昔から未来まで色々なテーマのワールドがありますので観光するだけでも楽しめます。

ワールドワイド

そして日本だけでなく色々な人と会話する事が出来ます。英語の練習をしたり友達に日本語を教えたりと色々な方と出会い、話す事が出来ます。日本語以外の言語も話せる方なら二倍楽しめますが、日本語だけでもめちゃくちゃ楽しめますね。
特に他人とお話する事が好きな方には本当に向いているゲームになります。
しかし、どの国の方でも人間なので不快感のある言葉遣い等は控えて利用するようにしましょう。

モーションキャプチャー

使ってる方や使ってない方がいますが、モーションキャプチャーは動きを取り込んでアバターに同じ動きをさせるものです。つまりこちらを利用していると話すだけでなく身振り手振りでお話する事が出来ます。言語が分かりづらくてもジェスチャーを交える事で話が分かりやすくなるので、使ってみたいと思いますが中々良いお値段がしますからね…。

モーションキャプチャーというのは自分の動きをアバターに反映させるシステムですね。つまり自分が手を振るとアバターも手を振るようになります。

リアルアバター?

好きなキャラクターを作れると言いましたが、最近少し増えてきているのが現実世界の自分そっくりに作ったアバターでVRchatを行っている方がいらっしゃいます。
つまりVR世界に自分自身を投影して楽しんでいるという方々ですね。自分自身を世界に放り込んでそこで生活しているかのような雰囲気を出して楽しんでいます。

色々な使い方

VRchatというゲームは説明でいうなら一言で済んでしまうゲームです。

「好きな見た目と世界でお話するゲーム」

ですが、使っている人によって目的は様々です。

お話を楽しむためにやっている方もいらっしゃれば、自分の作ったキャラクターや世界を見て欲しいと思う人もいます。それ以外にもアダルト系の目的で利用する方もいらっしゃいますし、本当に人によって使い方が全然違います。

新しい出会いを求める方には本当にオススメのゲームです。色々な人と出会い色々な会話をするという経験を積むのには最適なゲームですね。

コメント