4億7000万円馬券と税金

4億7000万円!?

4億7000万円の馬券はどういう馬券だったのか!?という事からですが、インターネット専用の馬券だったようです。さすがに場内の馬券場でそんな馬券が出たら交換出来ませんよね…!
ちなみに万馬券ですら100円買ってたら1万円になるという馬券です。100倍ですね。
100円で4億7千万という事は470万倍馬券ですね…。

ちなみに470万倍馬券ですが、これが出た馬券というのがWin5という馬券だったみたいです。

Win5とは?

その名前の通りWin5とは5レースで1等の馬を全部当てるという馬券になります。
1レース目から5レース目までの1等の馬を当てるわけですが、470万倍になるにはあまり人気がない馬が一等に来た上にそれを当てないとここまでの倍率が付かないでしょうね…。

ちなみにWin5の配当上限は6億円だそうですので、一応こういった高い配当も想定されていたという事なんでしょうね…。非常に夢はある馬券ですね。しかし馬券での高額配当は税金がかかりますが一体いくらぐらい取られるのか?ということですが…。

馬券の税金

基本的には馬券での配当は雑所得ではなく一時所得とみなされるようです。
勝った金額(購入馬券代を引いた物)-50万円(一時所得の控除)の半分が税金対象額になるそうですが、そちらの半分に本業等別の収入等を足して税率が決定されるというのが基本的なようです。

つまり上記の4億7000万円の税金は最高税率になるので55%税金で取られます。
当たった方には絶対税金を払ってから使って欲しいですね。よく大儲けした方で借金する方は大体税金です。儲けて使いすぎたあげく翌年の税金が払えないという方です。

翌年の税金を払い終えてから残った金額を使い切らないといけませんね。といってもある程度計画的に使う方であれば半分の配当を一気に使い切る事もないでしょうが…。

最も気を付けないといけない住民税

細かく計算する方にありがちなのが所得税を調べて45%なので計算して半分ぐらい置いて残りを使ってしまうケースがあります。しかし住民税10%+所得税が45%なので実際の税率は…

55%

になります。
つまり半分置いておけば大丈夫だろうと思っておくと少し危ない事になります。
4億7000万円の半分の2億3500万円置いておいたとして残りを使ってしまった場合にいくら足りなくなるのか…ですが、税金は2億5850万円になりますので2350万円が不足してしまいます。
もし貴方が普通のサラリーマンであれば2350万円支払えないと思います。

なので最高税率は45%!と書いている所も多いですが実際は55%なので気を付けて下さい。
所得税は45%ですが住民税は10%かかってきます。

馬券は経費?

馬券は経費で落ちるのか?と様々な論争がありますが、自動売買プログラム等で売買されていた方は経費にして貰えたみたいですね。しかし個人が趣味で買ったような馬券等は経費として認められないケースがほとんどだそうですね。

つまり馬券を仕事のように買ってるような方であれば認められるケースが一部であるという事でしょうが、一般的には認められないケースがほとんどという事を覚えておきましょう。

ちなみに宝くじは?

日本の宝くじの配当金額には基本的には税金はかかりません。購入時に税金がかかっているという感じですね。なので宝くじで5億円当たった場合はそちらをそのまま使用する事が出来ます。
つまり同じ金額が当たった場合は宝くじの方がお得に思えますが、実際に大当たりする確率等を考えると競馬のほうが当たりやすいようです。
当たった後の税金まで考えても今回のケースがレアで、実際は配当がかなり多くない限りは多額の税金を抱える事もないので還元率を考えても競馬のほうが還元されるお金は高いでしょう。

 

コメント